Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冴えない彼女の育てかた (8) (富士見ファンタジア文庫)
丸戸 史明
KADOKAWA/富士見書房 (2015-06-20)
売り上げランキング: 4,456


あらすじ
新学期を目前に控えたあの日、かつての「blessing software」は終わりを告げた。そして新学期、俺たちは新たなメンバーを迎え、新作ゲーム製作のため、再び走り出そうとして―。だが、まだ手探りなまま始動した新体制に、少しずつ、しかし致命的な綻びが見えはじめてしまい…!?

感想、

加藤のメインルート突入、、、って感じの2部開始だったな。

もう、これ、ADVでいうところの、メインヒロインのノーマルルート終了後のトゥルールート突入って感じしかなかった。

ここは、一応ラノベだからあとがきとかには他ヒロインもと言いってるけど、加藤の本妻パワーを発揮していく流れでしょうね。

丸戸さん作品ならよくある構成だけど、他ヒロインとのエンド分岐は1部にあって、2部では通り過ぎて加藤ルート突入って感想しかないよなー。
加藤の重い女設定も可愛くてしょうがないしな。

これを無理やり歪めても良い事があるとは思えないんだよね、エリリはもう昔の女で精々当て馬ぐらいじゃないかね、先輩はもはやモブでしょうし、、、、

さすがに7巻からの勢いは全然失速しないな、やはり丸戸さんには、というより、PC作品のライターにはある程度枠がないと力を発揮しきれないのかもですね。

スポンサーサイト
ようこそ実力至上主義の教室へ2<ようこそ実力至上主義の教室へ> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2015-10-25)
売り上げランキング: 186


あらすじ
生徒の全てを実力で計る、高度育成高等学校。最底辺のDクラス所属の綾小路清隆は、心優しき美少女・櫛田桔梗に懇願され、Cクラスの陰謀で停学の危機に陥ったクラスの不良・須藤を助けることになり……。

感想

1巻が掴みの回だとしたら、2巻は敵の登場等の今後の方向性が見える巻だった。

話としては、クラスのヤンキーを嵌めようと他のクラスからの攻撃を回避する流れだった。

話自体はイマイチだったが、キャラのやり取りは面白かったかな?

Bクラスの一之瀬は今後ヒロインクラスになりそうだし、メインヒロインの堀北は随時で主人公の力を見極めるために試そうとしてるのが面白かった。というか、今回の話は全てそこに尽きる。

Aクラスに行きたい堀北としては、最初に口説かないといけないDクラスの実力者は主人公であるのは間違いなかったんで、予想できる流れだったし気になっていた要素だっただけに先生が素直にアドバイスしたのは安易ながら面白かった。

2巻ラストの堀北とのやり取りが今回の一番の見所だったかな。むしろ2巻は仕切りなおしの面が強かったので、ここしか見所がなかったような…。主人公がやる気出すのはちょっと嫌な流れなんで、当分はこのまま進んでほしいかなー。綾小路清隆の欠点は優秀過ぎて周りとうまく絡めないとかかな?

とりあえずこの舞台での主人公SUGEEE話が見れる事を信じて期待したいところ。

ヒロインの中で今のとこ一番可愛いのは櫛田なんでターンが来るであろう次の巻は楽しみにしたいな。


ようこそ実力至上主義の教室へ<ようこそ実力至上主義の教室へ> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2015-06-25)
売り上げランキング: 1,771


あらすじ
希望する進学、就職先にほぼ100%応えるという全国屈指の名門校・高度育成高等学校。最新設備の使用はもちろん、毎月10万円の金銭に値するポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由。まさに楽園のような学校。だがその正体は優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校だった。ある理由から入試で手を抜いた結果、主人公・綾小路清隆は、不良品が集まる場所と揶揄される最底辺のDクラスに配属されてしまう。同じクラスで成績は優秀だが性格に超難ありの美少女・堀北鈴音、気遣いと優しさでできた天使のような少女・櫛田桔梗らと出会うことで清隆の状況も変化していって…。大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録!?


感想

衣笠彰梧×トモセシュンサク

本筋はともかく共通ルートに定評あるライターなので、むしろラノベ向きからなとは思うかな。逆にラストにはあまり期待できないけど、、。

主人公はレミニセンスみたい?護衛の海斗みたいなならいいけど、さすがに違うだろうな。

主人公が有能設定なんで安心して読めそうw

内容は、バカテスって感じだろうね。

外界から支援の受けられない学校で、成果を出さないとお金がもらえないという設定自体はありきたりだけど、絵とライターがエロゲーを嗜むものなら知らないって事はないであろう二人、まさかこの二人までラノベに移籍してしまうとはね、、、ほんとエロゲはやばいよね、、、。

1巻にしても、不満はないかな?これ系の話としては悪くないデキのスタートだった。

気になるのは主人公の隠している能力がどの程度か、それによって物語の面白さも変わるかな、あとはヒロインをどこまで可愛く魅せる事ができるのか、随時絵を見てるADVと違って文章だけで萌えないといけない分ハードルは上がりそう。

たぶん桔梗次第のような気はしている、どうデレるかな?


新約 とある魔術の禁書目録 (13) (電撃文庫)
鎌池和馬
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-07-10)
売り上げランキング: 3,255


あらすじ
地球滅亡をかけた、上条当麻と御坂美琴のチェイスバトルが幕を開ける――!

上条当麻は、疾走していた。
ハイテク自転車『アクロバイク』で、学園都市を逃げ回る。背中には、彼の腰にしっかりと手を回し、振り落とされないようにしがみつく御坂美琴の姿があった。
――二人の背後から、『巨大な闇』が迫る。
その『闇』は、次元すら超越するほどの圧倒的な破壊の力で、上条を追う。
今度はオティヌスのように和解はできない。
サンジェルマンのような『紛い物』でもない。真の魔神、真のグレムリンが迫り来る。
もはや上条や美琴では太刀打ちできない。万策尽きた二人だが、しかしそこに意外な人物が救いの手を差し伸べ……!
同じ時。背中を預けながら戦う美琴の胸中にはどこか穏やかでない『上条への想い』がくすぶり始めていた……。
地球滅亡をかけたチェイスバトル! 『グレムリン:魔神襲来』編、登場!


表紙だけで購入意欲湧くよ!ww


感想、

美琴が可愛かった、

以上 (笑)

話はちょっといい加減に強すぎる魔人に振り回されるのいつまで続くんだよ、、と思って購入後も読んでなかったんだけど、美琴の絵があまりに可愛すぎて読んでしまったww

とりあえず、魔人編終わったっぽいんで、次だな。

次の方向性次第というか、幻想殺しも本領発揮するっぽいし、そろそろ終わるか?

ここでまた美琴の影が薄くなるのは勘弁してくれ、、。

話が長すぎて、もはやそこしか楽しみがないな

ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)
竜ノ湖 太郎
KADOKAWA/角川書店 (2015-05-30)
売り上げランキング: 2,763


あらすじ
“少し”特殊な力を持った少年・西郷焔に届いた一通のメール。そのメールを開いた瞬間、焔は異世界に召喚される!そこは神魔の遊戯・ギフトゲームが支配する世界。素敵ウサ耳を持ったロリータ少女の黒ウサギに出迎えられた焔は、いきなり超巨大ギフトゲームに参加することになり!?一緒に異世界に召喚された彩里鈴華、久藤彩鳥、そして五年ぶりに再会した逆廻十六夜と共に、現実世界をも巻き込む修羅神仏のゲームに挑む!!

名前が変わったせいか本屋に売ってないよ!ww

感想、

あー、マジかー、ダブル主人公になっっちゃったかー。

複数主人公の成功例ってあまりないから、もう不安でしかない。

新たな風呂敷広げるには視点変わるのは簡単なファクターなのかもしれないけど、色々ブレるからなぁー。

これが問題児シリーズの続編じゃなければ読むのを止めるレベルで成功率の低い構成だからなー。一部のジンくんぐらいの場面転換だといいんだけど。そもそも主人公と同格ってのがね、いまいちだよね。しかも性格もかなり似てるし、、。
性格の書き分けぐらいはせめてちゃんとしてほしいな…

一巻はまだ十六夜がでばってたけど、ここから焔が力を付けて出張ってくる展開になると、色々作品が変わりそう、、、
どう戦うタイプなのかは分からないけど、あとがきで主人公って言ってる以上はそれなりの割合で関わってくるんだろうけど、十六夜の実の弟で第三永久機関に関係してくるんだろうし、最後の流れからすると父親の復讐とかの流れになってしまうのかね、、、
もう不安でしかないね、、、よくある展開になる事だけは止めてもらいたいな、せっかく楽しく読めてるのにな。

でも、まあ、十六夜VS焔にはなりそうだよね、あー不安だ、期待より不安しかない、、。

どっちかが魔王になったりするのかねー。


フェイスレスがヒロイン昇格かつ可愛いのが驚きだけど、良くも悪くも恋愛要素が皆無だからな、せめて年長組みに恋愛要素欲しいとこだけど、、

黒ウサギがちっちゃくなってマスコット度がましてるけど、、、

他のメンバーの成長具合が楽しみだな、十六夜は大人カッコよくなってたけど、飛鳥とか輝は可愛くなってそうだなw

とりあえず、文章量とか知識量的に速筆は難しいのかもしれないけど、次の巻をとりあえず読みたい。




あらすじ
“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!?―いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

感想

一部のエピローグ的な話。

アジ・ダカーハに実力不足なのに勝利してしまって十六夜がスランプに、、、

かつ成長した周りの面々が一巻時点との差が面白い

ルイルイも良いキャラになってたし、フェイスレスが予想外過ぎた。

やはり飛鳥はヒロイン度は高いんだなって事だな。

やはり恋愛面はほしいけど、どうにかならんのかね、黒ウサギが十六夜に着いていくとか結構な成長だと思うんだけどねー。

つか、期間空いたから忘れたけど、カナリアの話って十六夜と黒うさぎしたんだっけ??

とりあえず、二部への繋ぎという面でそれぞれの旅たちと、今後の期待度が高まる終わり方だったな。

主人公交代か?と思ったけど、最後に予告の絵に十六夜が主人公渡さないみたいな事を言ってるんでそこはちょっと安心。
複数主人公はあかんよ、、、、

西郷って焔と読みは一緒だけど字が違うのは、、、まあ、この世界では読み方こそ全てだけどw

十六夜は新しいファクターなんだろうとは思ってたけど、第三永久機関にガチで関わる感じだったのか、そりゃ功績的にはデカいよなー、輝の世界では焔って普通にいたんだよな?どうなるのか、、?

とりあえず、複数主人公は嫌だな、、、

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12<魔弾の王と戦姫> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2015-08-24)
売り上げランキング: 21


内容(「BOOK」データベースより)
ブリューヌ王国に侵略したザクスタン軍を撃破するため、月光の騎士軍を結成して、その緒戦を勝利に導いたティグル。王都ニースで戦況を見守る王女レギンの下を訪れたが、王宮は謀略の渦巻く魔窟となっており、凶悪な魔手がティグルに忍び寄る。戦場の敵はザクスタン軍だけにとどまらず、因縁の深いあの男の登場により、ブリューヌの地を舞台とした戦乱は、新たなる局面を迎えることに。一方、ジスタートでは新たに煌炎バルグレンを継承した戦姫フィグネリアがヴィクトール王に謁見していた。幾つにも重なり合う陰謀と戦いを目前に、英雄となった少年は、戦友たちと共に未曾有の混乱を収束させることができるのか―大ヒットの最強美少女ファンタジー戦記、急転直下の第12弾!



感想

今回の目新しかった所は、戦姫が集結したところだろうか

記憶が戻ったティグルの挨拶周りが一番の見所だった気がする、ヒロインそれぞれの対応とか
楽しみなのは、結構ガチを望んでいるソフィーだろうか

エレンとかは戦姫の責任とかで一歩引いてるスタンスを取ろうとしてるからのリムのプッシュも面白い
なんか結婚話が出てるので、当面の楽しみにはなるけど、リギンがボスになりそうな。

竜具を従える弓って構図がかなりできあがってきている、関わった戦姫はティグルに落ちてるってもまあ王道ラノベではあるものの、戦姫の立場とかがあるから踏み込め切れないのが面白いところか。リムと関係が進んでしまうのもいいかもしれないな。

あと、ジスタードの王は以外とまともな王で驚いた。
ティグルとの会話は王と将来王になるであろう若者への会話と考えれば面白いような気がした
ジスタードみたいな国で戦姫を王が恐れれるのは当たり前だろうし今までまともな王として書かれていなかったのも納得かね。

ストーリーラインは敵は変わるものの、やってる事はあまり変わらないのであまり目新しさはなかったかな、新しい戦姫が決まったくらいかな?姉さん系っぽいから敵にはならなそうな、それはそれでもったいないとは思うけど。

当面の楽しみはリギンとの再会かね。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVII<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015-05-16)
売り上げランキング: 22,594


内容紹介
軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つに勢力に分裂する。 旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう……。 イグセム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった――。 非情な運命は、二人の未来をどう変えるのか? 話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!


感想、

え、、、うそっこでしょ…?

本屋で手に取った時、やけに分厚いなとか思ったけど、まさかね、、、、

過去回想入れまくってなんだなんだと思ったら、まさか7巻にしてメインヒロイン死亡なのか…、、、??

イクタとの二人っきりの時のやり取りはかなりクーデレ雰囲気で魅力上がったところに、、、、この巻でも上げといて落とすのかぁー。

このまま、この物語はヒロイン不在で進んでしまうのか?
さすがに姫様では立場も魅力も役不足だし、第二ヒロイン用意するにもかなりスポットあてて光らせていかないと納得できないぞ、この後から新ヒロインはなかなか厳しい気もするんだけどな、かなり読者に媚びるヒロインじゃないと、、、

可能性は低いが、トリスナイを欺くために生存ってのを祈りたいが、、、無理だろうな。
イクタはジャックバウワー並に好きな相手を失って進むのだろうか、、、

今回はクーデター完結編で、ストーリー自体はそんなにエピローグ以外は進んだ気はしないんだよね、次の新章でどうなるか。
作品性から考えてここからコケるとは思えないけど、ヒロインどうなるよ、、、。

聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》10 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 4,789


あらすじ
聖夜を焦がす《悪魔》の火を斬りはらえ!!
亜鐘学園ですごすクリスマス!!
だが、謎めく「六翼会議」の魔手はささやかな平穏を脅かす。
絶好調、超王道学園ソード&ソーサリィ、堂々第10弾!!
亜鐘学園でむかえる初めてのクリスマス。
諸葉はサツキたちへのプレゼントを選ぶべく町へ繰りだす。
かつて会った不思議な女性・ネリーこと宇佐子との再会や、信頼しあう少女たちとのにぎやかな夜。
諸葉はかけがえのない冬を満喫する。
だが、そんな平穏を打ち砕くように、凶暴な異端者が急襲。
諸葉への執拗な敵意をぶつける謎の敵に対し、市街地での迎撃戦を緊急展開!
その戦いの果てにたどりついた場所で、諸葉はあの禁じられたもう一人のランクS――
《背教者》熾場亮と二度目の邂逅を果たす。
激熱、諸葉VS炎王!! 『六翼会議』の謎めく陰謀と悪魔の灼熱を斬りはらう、超最強バトル第10弾!!


感想、

石動弟がCランクレベルになってリベンジしにくるも諸葉がSランクになっているのを知って心が折れ、狙いどころのサツキを狙いに行くもサツキはBランクになっているんであっさり返り討ちにされたところに敵に利用され魔神にされる…という話

石動弟が出たわりには特に面白い方向には話が転がらなかったな

にしても、石動弟がここまで相変わらずを貫くとは思わなかった

兄との決別は、まあ、ある意味印象的ではあった

ヒロインは特に新しい相手は出てきてないが、敵としてネリーが出てきたには出てきたんだが、もう今回の敵が敵勢力のボスってことで、今回は読むまでもなく決着つかないと読めてしまうのがイマイチ過ぎた。

なもんで、戦闘とストーリーラインはイマイチ中のイマイチだった

ヒロインもまーやが妹力を発揮しているだけで、他はイマイチだったな、静乃だけは正妻力を発揮しないとテンプレ泥仕合に突入してしまうので読む気力がなくなる…

特に今回は俺Tueeの爽快感も無い回だったので、ラブコメ的にはなんかほしかった、だけに今回の話はどの面から見ても何も起こらなかったなって印象

魔法科高校の劣等生 (15) 古都内乱編 (下) (電撃文庫)
佐島勤
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-01-10)
売り上げランキング: 2


あらすじ
『クリムゾン・プリンス』一条将輝と、『四葉の最終兵器』司波達也がついに共闘!
全国高校生魔法学論文コンペティションを間近に控えた九月下旬。四葉家当主・四葉真夜による「横浜から逃亡した周公瑾の捕縛に関する協力依頼」を受け、京都に来た司波兄妹は、九島家を訪れる。
そこで達也たちは深雪と同質の美貌を持つ少年魔法師、九島光宣に出会う。その光宣と共に周の捜索を行うも、手がかりは未だ掴めてはいなかった。
そんな折、七草家のボディガード・名倉の訃報が達也たちのもとへ届く。京都の桂川河畔にて斃れたという名倉の弔い合戦として、周捜索に真由美も参戦、事態は動き出す。
そして、ついに周の潜伏先を突き止めた達也は、とある過去の強敵(ライバル)へと連絡を取るのだった。
『クリムゾン・プリンス』一条将輝、『四葉の最終兵器』司波達也が共闘! 緊迫の古都内乱編、完結!



感想、

前フリは面白かったけど、締めがイマイチだったな

盛り上がるかどうか以前に明らかにページ数が少ないよ…

あっさり終わった感が凄い、というよりもこの作品山とか谷という概念ないんじゃないか

すげぇフラットな印象しか最近残らないんだけど

ラストに盛り上がることがないので、一つ一つの話を見直すと、盛り上がったのどこだよ?という感想、、、ほぼ設定説明の印象しかないよ…

一条が必要だったのかもわからん、達也で十分だったんじゃ…ただ秘密を明かしただけ、にしては全然盛り上がる形にしなかったしなー、そこはある程度盛り上がりが約束できるポイントだったろうに…


基本この作品ラブコメ分少なめだけど、メインサブヒロインの真由美が少しづつ他のサブヒロインとの差別化されてきたのは良い兆候かな

ほのかはどうでもいいんだけど…

ただ、真由美ですら当て馬だしな、ついに近親相姦ネタが作中に出てきたし、どこかで深雪当てはまる展開になるのか、なってほしいけど…


次の四葉継承編はだいぶ前の段階から設定されていたイベントだけに次への期待感はかなりある、やっと話が動くんじゃないかと。

達也もある程度のメドはそこに置いていたみたいだし、深雪にしても影響のある出来事があるんだろうし、そろそろ枠を超えてほしいところだな

四葉の設定も出てきたし、次が勝負だろうな


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。