Sugar+Spice!Party☆Party 初回限定版



出すごとに一作一作と成長を見せるブランドの一つ、Chuablesoft

そして、ついにそのレベルは一定を越え、去年旋風を巻き起こしたSugar+Spice!

そのFD

あまり期待はしていないものの、個人的趣向からお姉さん’sの存在はスルーできないのでプレー

というか、今月FD多すぎ…





感想、
やはりFDだけあってボリュームは少なめ

シュガスパだからとも期待していましたがかなり一般的なFD

やはりFDでの当たりは少ないと実感しました

内容は、ミニゲームをしてシナリオをゲットって感じ

やたらミニゲームに凝ってるんですが、かなり無意味だと思いました

それなら、シナリオの方をもっとどうにかしてほしかった

本編でのヒロインのシナリオは一般的なFDのなんのために作ったんだか分からないような内容の短いシナリオです

今回のメインであるお姉さんズのシナリオは、彩姉のルートはまだマシだけど、倫は本編ヒロイン並の短さでびっくりした

この二人のシナリオはちゃんと作りこんでほしかった

まあ、他のサイドストーリーもキャラ達の魅力に助けられてかつまらなくはなかったのが救いでしょうか

とにかく短いの一言につきる、最近よくある無意味なFDになってしまった、

文化祭でワイワイをコンセプトに置いていたのだろうけど、プレイヤーが求めるのはミニゲームではなくシナリオなんですよね

あの新キャラなんだったのだろう??






評価、☆☆★
キャラ立ちが本編で上手くいっているので、つまらなくはない

しかし、如何せん短すぎる、余計なミニゲームに力入れすぎ、、、

ただ本編をやり直したくはなった

この評価は偏にお姉さんズの魅力の賜物





過去作、

スポンサーサイト



BIFRONTE~公界島奇譚~

どこかの新しい姉妹ブランドの一作目

この原画家さんが好きなのでプレイ

伝奇ミステリーらしいです



感想、

閉鎖された環境での宗教的な事柄が関ってくる伝奇ミステリー

正直またひぐらしの二番煎じとかかなって思っていたのですけどね

そんな事は全然無く好印象でした

平和な序章から突然わけも分からなくそれが崩れる、お決まりですが

良く話の構成も組まれていて、展開が悪くありませんでいした

テキストも良い感じでした、終始読んでいてダルくなる事もあろませんでした、物語の性質上笑いとかはありませんでいたが、十分合格点かと

絵がとても上手いので基本的にキャラの魅力は問題ありませんでした



しかし、
良い骨組みはしているのですが、肉がない

もうちょっと贅肉つけましょうよ

つまり、メインシナリオに関わる部分でなくても、もっとキャラを遊ばせるような、ただ楽しいだけどのイベントとかが欲しいかなーと思いました

無駄が一切なく真っ直ぐにシナリオを進んでいくのでキャラの魅力や、背景、など掘り下げる部分が最低限度しか無いので、分からない事は無いのですが、物足りない、あっさりしすぎているという印象でした

よって終わった時も、あれ?これで終わり?、のような感想を抱きました

終わり方も、伝奇ミステリーなのに安いENDばかりで、TrueEndも無く、物足りなさがつきまとう後味でした

伝奇ミステリーにしては、辛いイベント?エログロ?みたいなイベントがかなりライトでしたので主人公の周りの世界観はこの手のジャンルにしてはわりかし優しかったのではないでしょうか?
ですが、全体の世界観は明らかに情報不足なので不明瞭というか、上手く伝わらなかったと思います

なので、チープに感じる終わり方になってしまったように感じます


絵が素晴らしく、他の部分も悪くなかっただけにもったいないかったと思います







評価、☆☆☆

ヴォリュームが足りないです。
それによっていろいろ生かされていない部分が多くとてももったいないです
それ以外は一定水準以上は達しています

次に期待したいです

夏空カナタ

ゆずソフトの三作目

新しいブランドで二作目で成長を見せてくれたブランドなので期待してプレイ



あらすじ、
日本で唯一の常夏の島『塔弦島』
沖縄と変わらない緯度にありながら一年を通して真夏に近い気温を保つ不思議な島である。
何故そんな不思議が起こり得るのか?
それは海底火山からくる海流の影響などと言われていが、どれも噂の域を出ず、真実を知る者はいない……(公式HPより)




感想、

なんでロリキャラばかりなんだよ…

なんで叔母さんとか、仁木さんとか攻略できないんだ

しかし、意外にもあまりヒロインでは戸惑わなかった

そして、各√共通だけど序盤、むしろ、主人公が気持ち悪い、、、

これは青臭いからなのか?変なことでウジっとしたかと思えば立ち直りが早い、なんか個人的にはとても不自然に思えました

まあ、私も年だって事で…

由比子√
親戚の幼馴染
主人公が生ぬるいもっとちゃんとやれって言いたくなる、五郎さまさまな展開
危ない状況や、危ない事があったばかりなのに迂闊すぎる行動の連続で、なんかほんと気持ち悪い展開でした。
ヒロインが自分で状況をかき乱したくせに、今度はそれのために危険に飛び込もうとする姿にひたすらイライラしていました

話を進める毎にヒロインが嫌いになりましたね

ただ、「五郎」だけがカッコよすぎる…、こいつはかなり良い

そして真ヒロインの仁木さん、サブキャラだけが良いてどいう事だ

そして、END、、、、やっす、安い展開だ、信じられん

メインの根幹を遊戯王にするとは驚きだ

これはもしかして、久々の・・・・地、、、の予感がした一周目


茅羽耶√
三日しか記憶を留めておけない少女

あいかわらず五郎がかっこいい

主人公はまだましって感じでしょうか

ヒロインの記憶喪失バレ、付け足したような島の特性のおかげで成り立っていたこの状況、この辺少しおもしろい、そして記憶を取り戻させようと主人公は決意する。。。

その辺りでも、五郎かっけー、もうこいつメインで良かったのに

由比子√よりは全然ましでした

たぶんですが、男の声優さんって有名な方たちなのですかね?結構聞いたことあるような

サブキャラがひたすら光りました

お約束とは展開で予想は付きつつも泣ける展開というのはあるもので、私も例にもれずウルっときました

ですが、めんどくさいEND、もうどうでもよくなってきた

沙々羅√
かなり早足でプレイ

んー、もうちょっと頑張りましょう的な感じ、以上。



絵は可愛いい系の路線で十分上手いです
音楽も特に悪くないです






総評、☆
駄目駄目過ぎる。
√を3本に絞ってこのボリュームはありえない。
説明やタイトル画面、物語の雰囲気などから言って泣きゲーを目指したのだろうけど、明らかに失敗で終わっている。
ブランド3作目だけど一番面白くなかった
次作からは敬遠する可能性もありですね

とりあえず面白くないにつきます






最後に、比較対照として過去作の評価を

ゆずソフト
E×E ☆☆☆
ぶらばん! ~The bonds of melody~ ☆☆★





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Area 510, All rights reserved.