感想、
なぜか運の悪い主人公、この設定はエロゲではあまり使われていないから割と良い

その主人公が故郷へ

主人公はスリの達人にしてイカサマの達人

この他の追随を許さない手の器用さ設定が後にくればくる程効いてくるのが素敵

頑張り屋の主人公はには好感です



冒頭でまさかの死の宣告、10ターン後

この時点で結構面白いと思った…




そして、メインの 莉都とかわしまりのさんの声が合いすぎ

こういう少し言動とかが変わってるキャラは素晴らしいシンクロ率

さらに夏野こおりさんの和奏とかこの人のためのキャラみたいな感じだよね

なんでこの手のキャラを演じる機会が多いのか

星華も結構可愛かった

さすが、榊原ゆいさんは演技の幅が広いです

他の風音さんとかも良くある感じだけど良かった

どちらにせよ、ナイスキャスティング

そして、サブキャラなども多くてそこそこ使われていたから良かった



テキストがダレない、これが重要のポイント

ソフトボールとか格闘のパートととか普通ならダレてもおかしくな所ですよね、そこまで演出凝ってるわけじゃないし

でも、意外に読めました



メイン以外の√で、10日後に死ぬ宣言があまりにもスルーすぎるだろう

ヒロインの話に突入で幸運とかの話関係ないじゃんよ

なんか後にいけばいくほどしょぼくなるような…

つか、BADEND(死亡は除いて)と他のヒロインとくっ付いた場合の結果だけ見れば差が無いような


他のヒロインで良作の恋愛、

そしてメインでは謎にせまる√でなおかつかわしまさんの可愛さ

他の√で手に入れてきたものを使いつつ最終エンドへ

そして最後はお約束ながら感動した!!
これは良い!
良く纏めた!

ちょっと泣いたし、しかもあの終わりはちょっと物足りないながらも綺麗だったよ



クラウスは何者??(女?)

実は男が好きなんだ→BADEND、はウケたwwww

なんかフルメタのガチでのパクリがあるんですけどwwww







評価、☆☆☆☆+

名作になり損ねた良作作品です

正直、ベタ褒めしても良さそうなくらい楽しめました

なので現在評価は一時据え置きです

しかし、名作になる要素があっただけに残念

恋愛ゲーと見たらエロとラブイチャが足りない、

他ヒロインの話がイマイチ、

ストーリーゲーで見たら、終盤以外は幸運とか話の根幹がスルー過ぎる

そして、最後は最後で根幹のところをただテキストで説明するだけでなくイベントを起こして明かしていったり、たまとか神凪の過去とか壮大だったら良かったかも


という事を思いましたが、実際はかなり面白かったです

最初から最後まで一気に読み通せたテキスト、

そして、キャラの魅力、

最後の終わり方、

良かったです、面白かったです

思えば、前作見上げた空におちていくも結構面白かったんですよね

処女作ながら光るものはありました

これから楽しみなブランドが一つ増えた気分です

次作を楽しみにしていますので早めに作ってください~~





関連評価、
あっぷりけ
見上げた空におちていく ☆☆☆★

関連レビュー

スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Area 510, All rights reserved.