1期が夏にやってたしラジオで繋いでたから新鮮ではないけど
雰囲気が好きだった作品なんで楽しみに待ってたよ。


OPいいね歌もそうなんだけど映像がいい!

1期のOPは夏目が一人ぼっちだったけど、今回は暖かい雰囲気だね。
夏目にとって周りにいる妖怪も人間も関係なく"日常"になってるんだな~ってのがわかる。


曲は好みが分かれそうだけど個人的には嫌いじゃないし、アリだと思った。
1期は夏目が勇気を出して1歩踏み出そうってのに対して、2期は踏み出したところから前を見て歩き出そうって感じで物語の進行とリンクしてていいかな~と、勝手な解釈だけどw



・名取また出るのか?好きだったし、また出てほしかったから楽しみだ!


いきなり奪われる友人帳
・黒にゃんこが全然しゃべらないし反応も鈍いのが笑えるw
n01.jpg

何か、少しだけど夏目の雰囲気が変わった。
1期でだいぶ明るくなってきたな~とは思ったけど、妖怪に対しての考えが前向きでいいね。


「妖怪達の大切な名前を預かってるんだ」←やっべ、凄く成長したな~


n02.jpg

レイコとは違う方法で妖怪と上手くやっていこうとしてるし、きっとニャンコ先生は夏目に期待してるんだろうな~
人間と妖怪の関係に新しい形が見えてきてるから。




       「今日のニャンコ」
n05.jpg
前も思ったけど何で女に化けるんだ、てかレイコだよねこれ。
久々に見た真ん丸でプリチーな先生もいいけど、こっちにグッときてしまった俺w



そこまで細かい説明を入れる訳じゃなく、画面で説明していくんだよねこの作品て。

説明不足感もたまにあるけど嫌いじゃないんだよね~
妖怪に名前を返すシーンは特に綺麗に見せてくれるから好きだわ。
n03.jpg
・主様が天使みたいな羽だったり、夏目と見つめ合っちゃってるシーンは若干アレだがw
 まぁ原作通りらしいから問題ないか、それ以上に綺麗なシーンだったから気になるレベルでもなかった。



最近困るのは、小さな別れを少し寂しいって感じることだ。
    束の間の出会いと別れ、そのせつなを一つ一つ大切にしていきたいと思う。



あ~いいね~何てない言葉なんだけど心に染みるものがありました。
忘れている何かを思い出させてくれる作品ですよね


これなら1期が好きだった人は心配なく見れるだろう
また夏目の成長を見て何かを感じていきたいですわ~


・来週のゲストキャラの声って吉野裕行ぽい?


スポンサーサイト





凄く……シャフトです。


新房×シャフトなんで楽しみにしていた作品 ♪

パッと画面見ただけで、あ~シャフトだねって感じだけど今回は割と普通な感じにまとまってる気がする。
絶望先生みたいにスタッフの遊びもないし。


ef2期がやりすぎだったからそう見えるだけか?w

efみたいに、こだわりの画面演出を入れまくるわけじゃなく、要所ごとに綺麗に見せてくれるね。
見やすいし綺麗でいい感じだと思ったよ



女装少年と百合少女

百合趣味少女にとっては許せない存在だよね?
悪くはないけど、1話は主人公に特にインパクトがないな~男なの?もったいねぇ!ってくらいしかw
m01_20090105234556.jpg

・カナコの心の声がウザい。この辺の反応は好みだろうけど、あまり好きじゃないかなぁ
 毎度、長々とやられるのがキツイし台詞の言い回しがくどい…

ぶっ飛んでないと百合キャラはイマイチかも。ヒャッコの委員長くらいやってほしいわw
今後の成長に期待しつつだな!じゃんじゃん鼻血出していってほしいところw
m02_20090105234601.jpg


反逆はすなわち死を意味します。

寮長が一番インパクトあったな、ゴッドw


・マリアのキャラの変わりようは面白い。てか普通に可愛いw
 自信満々に可愛さをアピールするとこは中々良いね。

しかし何で、何でなんだ……萌えたら負けですか?
m03.jpg
マリアは女に興味ないのかね?女子高なんてハーレムなのに!何かしら事情があるキャラみたいだが
何で女子校にいるとかは後々わかるだろうけど、恋愛話とかにはならないでほしいかも



百合であって百合じゃないところで、どう面白さを見せてくれるか…


てか、カナコがどれだけハァハァして変態になっていくかに面白さがかかってる気がしたから
百合でいいんだけどなw

カナコにとってはハーレム状態だしね~


あとはキャラが沢山出てきてからが勝負か!
主人公は普通だったけどサブキャラは結構立ってたし、寮長とかメイドとか。


ある程度キャラが出揃って絡みが増えれば面白くなっていきそうではあるね。



▼2話



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 Area 510, All rights reserved.