ブライキングボスとの接触でルナ殺害の記憶を取り戻したキャシャーン。

周りからルナを殺したって散々言われてきたけど、いざ記憶を取り戻して苦悩するのは仕方ないけど
落ち込みすぎ感はあるんだよな。まぁルナを探しだしても、また殺してしまう恐怖があるからだろうが…



キャシャーンは悪くない

全てをキャシャーンに押し付けて目の前の滅びの恐怖から逃げている周りのロボット達とリンゴは違う。
まぁ今までもキャシャーンが悪いわけじゃないって言ってくれる人やロボットと出会ってきてるけどね。
cs01_20090111002943.jpg
・ブライキングボスの目的がわからないな~傍観者気取りだけど、コイツが一番悪いはずなんだがw
 キャシャーンに何を期待してるのやら、見てるだけだし滅びを受け入れちゃってるぽいな。


・オージの目的もわからない…ルナやキャシャーンの事をわかってるのに何もしないし
 滅びを止めることに意味がないのか、止められないのかがわからなくなってきた。


ルナを探す人々
ルナの名を語る奴に騙されている?
オージはルナが死んでいるっていう確証があるみたいだな、リンゴが怪しいけどルナと関係ないのかな~?

実は繁殖に成功したロボットの子供がリンゴって線もありそうだけど、ルナとキャシャーンは知り合いだったわけじゃないしな~まぁわからんねww(ぉぃ



ルナがいるという町に集まるロボット達
そこに襲いかかるディオの軍団、何かこの展開は毎度だよね。
cs03_20090111002956.jpg
リンゴ達を危機から救うキャシャーン、これも毎度w

でも今回は迷っていたキャシャーンの背中を押したリューズのお陰なんだけど
何気に最近リューズはいいキャラになってきてるから好きだわ。



キャシャーン vs ディオ
ん~何かを吹っ切ったと思ってたディオなんだけど、何も変わってなくね?
結局はキャシャーンに対するコンプレックス…

対抗する策もなしに戦ってるし、レダも勝てるわけないと思ってるのに何故さっさと止めないのか。
全く同じ能力で作られた二人なら、再生能力があるキャシャーンの方が強いに決まってるでしょ

その為に集めた軍団だったはずだよねw
cs04_20090111003002.jpg
それでも世界を救うと言うキャシャーン、過去に囚われない
囚われないというか、今の自分ができることをするっていう事なんだろうけど。

変わったキャシャーンと変わらないディオ、この辺は対比なのかもな~


「レダめ、また余計な事を」 ほんとそうだよw





ここからリューズのターン


「ありがとう、でもアナタを許したわけじゃない」

「だけど弱い者達を守ってくれるというのなら、私は…この世界はまだ変われるかもしれない」


キャシャーンは"絶望"ではなく"希望"って事だよね。「真実は闇を照らし」ってことか
cs05_20090111003008.jpg
その日までアナタを死なせない、みんなが救われるまで戦い続けてもらうから!

ん~最近のリューズのツンデレいいっす!w
今まで仕込みしてきただけあって、じわじわくる感じです。

そしてヒロインポジションに浮上してきてるんだよな~今のとこ一番ヒロインぽいよね。
姉の仇、命の恩人、希望の光であるキャシャーンに対する複雑な気持ちが少しづつ動くのがたまらん!



またルナを探しに…リューズも行動を共にするのか?前々からストーキング状態ではあったけどw
ちゃっかりキャシャーンの手は腰に、いや、そこはどうでもいいんだけどね。
cs06_20090111003014.jpg
ルナに合えたところで皆が幸せになれるとは限らない

やっぱオージは滅びのない命に意味がないと思っているのか?
ルナもそうだったかもしれないけど、ん~む…わからんw



ついにルナ登場

きたね、こいつが本物なのかはわからないけど。
まだキャシャーンとの接触はなさそうだな~どこにいるか謎だし。何だかんだで引っ張りそうな予感w

本物だとしても、「力」があるかが怪しいとこだね。
cs1400.jpg

お?先週ED変わったと思ったら、また変わったね~そして相変わらずいい曲。


この作品の曲は完璧に作品に合わせて作ってるぽいんだよな、歌詞が滅びの世界を見て変わってきたキャシャーンの気持ちそのものだと思ったよ。
でも何か…キャシャーンが最後に死にそうで怖い。


来週はドゥーンか!
ルナ殺害を知る重要人物だから再登場はうれしいけど、キャシャーンが記憶取り戻しちゃってるからな…
どういうポジションになるやら、ルナのキャラがまだ謎だらけだから軽いの説明の為のキャラでもいいけど。


▲13話

▼15話


スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 Area 510, All rights reserved.