ついにルナと接触する回。
ドゥーンの過去回想からはじまり、ルナと再開。


・これって癒しを受けたから顔が戻ったわけじゃないよね?w
 「見つめるだけでいい」と言って癒しを断ったし、あれだけルナに執着してた割にアッサリだな~
cs01_20090219203048.jpg
明らかに今までの過去の回想シーンで見てきたルナとは違う雰囲気、てかルナこえーーw

滅びなんて見たくない。そして新しい種をまく。

すっかり変わってしまったルナにドゥーンは何を思う。


それでも何をするわけでもなくルナの言うがままに行動してるんだよなぁ、普通自分の愛する人が間違った方向に進むのなら止めようとするのに何故なんだ…これがルナなのか???


命を与える存在だからこそ滅びを嫌うってのはわかるんだけど、あまりにも極端だよねw



気になるのが、ルナのどことなく寂しげな表情。
永遠に「滅び」から逃れる事はできないって事なのかね~永遠の命があったところで人やロボットは争いをやめないし、この街のロボット達は癒しを求めながらも自ら滅びに向かっていってるんだよね。

cs02_20090219203053.jpg

ルナが望んでいた花はみんなの笑顔のために咲くとは全然違う…これが現実と悟ったのかね?


キャシャーンは争いの中で希望も見てきたけど、ルナがこんな現実しか見てないとしたら絶望してしまうのもありえるが。現にルナは過去に癒しを与え続けてきたにもかかわらず、キャシャーンに殺されてしまったしね。


でも、ここまでの変貌ってのも余程のことがないとな~

ルナは自分が世界を救うのが無理でも世界を救うために、前に出てきた子供達に「ナノ細胞」とかも残してるんじゃないのか?それは自分がこうなってしまうのを予測していたからか、はたまた…

情報が少ないからルナが変わった原因がまだわからない。滅びではないだろうしなぁ



ドゥーン

滅びに向かいながらもルナを守るために戦う、その先に彼が見るものは……
cs03_20090219203058.jpg
この枯れた花はルナに貰ったものなのか、それとも埋めることができなかった花なのか
まぁどっちでもいいんだけどねw


ドゥーンが最後に見たものは生きた証だったのかもしれない…

ルナの護衛として生きてきたドゥーンに生きる意味を与えてくれたのはルナだけだったしね。
そう考えると、凄く悲しい話だな~まぁ俺がそう考えてるだけなんですけどねw
cs04_20090219203104.jpg

ルナひでぇ…

太陽は何も与えない。花はただ咲くだけ、誰のためでもない。


今までルナの説明役ポジションだったドゥーンだけど、今回は多くを語らずだったな。
むしろ逆にルナの謎が増えた気がする……命とは何なのか?何のために生きるのか?
このテーマなんだよね。答えなんてないのかもしれないけどさ。



「どれほどの滅びがあったか忘れたくなかった」

傍観者気取りだったブライキングボスだけど、罪の意識はあったのね。
cs05_20090219203110.jpg
てか何だこれは、やっぱり傍観者なんだよな~自分は世界を統一していだけど結局こんな世界にしてしまったんだよね。それなのに、罪を償おうとはしない…ルナによって世界が元どおりになっても、墓を作り続けることで前のような世界にはならないと信じるだけ?



死に行く事が醜いなど…旅の果てに感じたのは

         希望でも絶望でもなく、"怒り"だった


cs06_20090219203114.jpg

いや~凄いな、求めていた希望がこんなんとはね。

それでも癒しを受けなければキャシャーンの大切な人や世界も滅びに向かうわけで…
どうするんだこれ?ルナの真意がまだ謎だけど、あまり期待できなそうだな。


もうオージにかかってるんじゃないの?w


ルナと出会えば何かが起きるとみんな思ってただろうけど、意外にも何も起きなかった。
それでも終盤目が離せないね~本当の救いとは何なのかが問われそうな気がしてきたわ。


▲19話

▼21話



スポンサーサイト



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第19話 打ち止め(ラストオーダー)

一方通行とかマジどうでもいいんですけど…

原作でも一歩通行の話は割りとスルーしてたりします

まあ、打ち止めの登場のこの話はざっと流し読みしましたけどね


とか思ってました…

toaru19-001.jpg

一歩通行が普通にコンビニで買い物してるのは何気にシュールではあるが、そんなものはもちろんスルーで


あれ?おかしくね?

一方通行って当麻の名前は知らないはずじゃなかったっけ?

上条とか呼んでますが


ミサカはミサカは

って声といい、可愛いな、おい

一言目で萌えちまったぞ、おい

ブッ殺すぞコノヤロウ!

って、打ち止めって常に頬っぺたが赤いのがトレードマークかと思ったら、普通に美琴の小さい版なのかよ!


って、いきなり服を剥いだぞ、幼女の、これってまた倫理的にどうなの、

まあ、問題ないよね

人生とはポルノグラフィですからね~


やべぇ、ロリの属性は無かったハズなのに、毛布は剥がれて小さくなる打ち止めに萌えた

ああ、変態だ、俺の中に変態がいるwwww


いちいち、ミサカはミサカは、っていうのが可愛い

原作だとそうは感じなかったけど、この声とのフィットが凄まじいな

シンクロ率は美琴以上だな

toaru19-009.jpg

誰かと一緒にいたいから

あ、アクセラレータなんかに同情なんてしないんだからね!

例え部屋がめちゃめちゃでも…

何万人もの美琴のコピーを殺してきたんだからね

その事実は消えないのよ~

toaru19-011.jpg

シスターズと繋がっているハズの打ち止めが当麻の家を知らないわけないし、

最初から、一方通行に会うつもりだったんだろうね~

目的を考えると、ずいぶん人間できてらっしゃる事ね

心が広すぎる良い子だよな~



アクセラの隠された目的も見抜く目も凄いことね

アクセララータが無敵になりたかった理由は、最強では挑戦者が現れ、それを倒さなければならない、傷つけたくないのに

しかし、挑戦者も現れないくらい無敵なら、誰も傷つけることもない

しかし、無敵になるためにはシスターズを傷つけまくる実験しかなかったという矛盾

toaru19-013.jpg

倒れる打ち止め、去る一方通行
そして、救うと決める一歩通行


やっぱり主人公だよね~、伊達に裏の主人公と呼ばれてるだけはあるは

作品的にこういうタイプは裏だけどもっと殺伐とした物語なら一万人くらい殺している主人公なんてたくさんいるしな~

殺さなくて済んだでしょ、とか諭される辺りとか、かなり主人公っぽい

そして、ここにきて、壊す事より、守る行動を選ぶとかさ

誰かと違ってちゃんと筋が通ってるし、その力がある分、やはり誰かよりも見てる分には不快指数が少ないな~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第20話 最終信号(ウイルス・コード)

toaru20-001.jpg

アクセラレータVS軍隊

勝敗は明らかだけど、やはり強いな、まさに最強だな

聖人とか相手でも勝ってしまうのかね?

私の認識では互角かな~?とか思ってるけど

神裂相手にしたら面白そうなイメージはあるな

これだけ強ければ、そりゃあ、ヘラクレスオオカブトも二足歩行で逃げ出すわ


toaru20-003.jpg

ラストオーダーの処分

戸惑うアクセラに好感ですよ


そんでもって、コナン並の閃きの電流が走ったぞ?www

さすがアクセラレータ、演算能力も大したものだって感じ

基本スペックが能力以外も高いアクセラレータは誰かとはホントに正反対だよね~www


簡単なんだよ!

って、マジで演算能力高すぎだろwww

データをアレだけで覚えて、しかも能力で書き換えたぞ!

toaru20-011.jpg

たっく、考えが甘すぎんだよ、誰かを救えば、もう一度やり直す事ができるかもしれないなんて

そして、ラストオーダーを救って撃たれるアクセラレータ

うっは、もう主人公だよな、これ

カッコいいじゃねぇか!!!!


例え俺たちがどれだけのクズでも、どんな理由を並べても、それでこいつが殺されていい理由にはならねぇだろうが!!!!


いや、良いよ、アクセラレータ!

つか、岡本さんもレイフォンとかより全然こっちの方があってると思うわ

toaru20-014.jpg

演算能力に障害


優しさを覚えた最強はタチが悪すぎて、主人公を食いかねないので、限定時間を付けたって事ですよね

誰に向かって言ってるんだか、あそこは僕の戦場だよ

こいつも意外に重要キャラ

偶に本性?を見せる

ただ、重要な事を知ってはいるだろうけど、行動には起こさなそうだな

昔は○○だった系のキャラで、今は医者に順ずる系のキャラだろうさ

toaru20-015.jpg

って、今更ED変更!!!

次の話はついに禁書目録と超電磁砲のファーストコンタクトから目が離せない!!

つか、それ以外に次の話ってメインっぽい事はないと思うんだけどな、ある意味繋ぎの話だし

でも、OPとEDを見る限り、この話で終わりのような…

3クール目突入とかはないだろうしな~

小説感想 ライトノベル 鎌池和馬 とある魔術の禁書目録 第03巻~第16巻


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 Area 510, All rights reserved.