「ふっ…よくぞここまで辿り着いたものねぇ、褒めてあげるわ」

やっぱ邪気眼はデフォなのね、個人的にツボる設定だから好きなキャラだけど

黒猫かと思いきや今回も桐乃のターンだし、果たして日常生活でのギャップはいつ見れるのやら…

それにしてもこの女ノリノリである。

orenoimoutoga-07-001.jpg

桐乃と黒猫の「仲良し」っぷりも毎度ながらのツンデレっぷりにニヤニヤだな

苦労人に見える京介も手のかかる妹が増えたようなもんだし、兄としては喜ばしいことだろうw


桐乃ェ・・・

ガチヲタなのは承知しているが、アニメ鑑賞会で歌い出すとかハイレベルすぎだろw

黒猫はもっとキレていいと思うわw

それにしてもこの女ノリノリである。

orenoimoutoga-07-002.jpg

この微妙な空気感が面白かった、特にバジーナの無責任っぷりはじわじわきたw

何だかんだ言いつつお互いを認める部分もあり、京介を通して友情を深めると思っていたら…

結局、何も解決しないで終わったでおじゃる

酷いオチだ、いやオチてないがw



夏コミ~ハロウィン~クリスマスと、結構時間の経過もあるから京介のエロゲ道の進み具合が気になってたが

いつの間にか「エロ動画ハンター」にクラスチェンジしていたでおじゃるw

orenoimoutoga-07-003.jpg

エロゲの何たるかについて説教され、エロ動画を否定され説教…京介さんマジ可哀相すぎるぜ

このままじゃ道を見失いミスターエロゲドーではなく、ミスターリビドーになってしまいそうだw

でも、正座して説教くらう図に違和感を感じなくなってきた件(笑)



桐乃さんマジパネェ!!

黒猫との争いで、同人バトルでも始めるかと思ったら、予想以上に規模が大きくて笑った

オタとしての優等生っぷりから何から才能に満ち満ちてるな、満ちすぎて怖いくらいに

オタをカミングアウトしリミッター解除した桐乃の今後が益々楽しみになった、不安半分だがw

orenoimoutoga-07-004.jpg

ツンツンしつつもポロッと心の中の本音が出てしまうのはニヤニヤ

桐乃のツンデレはこのくらいの京介が気付かない際どいところがベストだな

ここまでの道のりを考えると安いが、安すぎるくらいの不器用なツンデレのが桐乃らしいしなw


「主人公だけが彼女の声に気付くって…」

取材やらアクセサリーやらと桐乃の理想を描いたような部分がある小説なのかね?

登場人物にリンクするような展開があるのかどうか、この小説の内容は劇中で詳しく触れるのかによるけど

orenoimoutoga-07-005.jpg

ラブホの絡みは結構どうでもよかったな

それよりも前回、地味子最高に可愛いぜ!とか思ってたのに電話くるまで存在忘れてたわw

いや、それでこそ地味子の良さなのかもしれんけど

いくら浮気をしても最後に帰ってくる家、そして嫁的な存在って事でw

orenoimoutoga-07-006.jpg

何だこれ、ツンデレじゃねぇし!つか普通に可愛いんだけど…

何だかんだ言いつつアクセを付ける安いツンデレを期待していたのに、これじゃ反応に困るじゃねぇかw


序盤はキャラがいきいきとしてて良かったが、黒猫とは何だったのか…だったなw

後半は桐乃の一生懸命な姿が魅力的だったし、取材という名のデート回でニヤニヤもあり中々良い回だった

京介にとって前回の地味子回と比べて動きや驚きが多いけど、こっちもこっちで大切な日常ってのも感じたしね


「だがその時俺は、それからあんな事が起ころうとは…これっぽっちも思っちゃいなかった」

めちゃめちゃテンプレ台詞で終わったが続きが気になるわ~次回のタイトルが意味わからんしw


▲6話

▼8話



スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 Area 510, All rights reserved.