前回以上にヒロイン視点ばかりなうえ、ひたすら思考するだけで全然話が進まねぇ…

kaminomizosiruSEKAI10-001.jpg

だが!

「ば、ばかぁぁああぁぁ…」  「あ、ぁほぉぉぉぉ~」

が最高に可愛いかったから許した、まぁでもキャストの力技だよね、花澤香菜だから期待はしてたけどw


私は本の世界に生きるのよ

「そもそも口なんて飾りなんだよ」ってのがネタに見えて結構重要というか

本とゲームの違いはあるけど栞と桂馬は似てて、自分の思考と重ねてあえて怒らせて本音を聞きだしたり

的確に相手の弱点を突いて攻略する辺りは面白いな、今まで意外にも体力勝負なキャラ多かったしw

kaminomizosiruSEKAI10-002.jpg

本とゲームが並んでるとこは印象的だった、つかこれが答えだろうしな

栞の気持ちとしては、4話で桂馬がクソゲーのヒロインを救いたかった感じなんだろうね

本を否定される=自分を否定されるようなもんだし、その辺どうフォローしつつ解決するのかは見物だな

桂馬は現実をクソゲーを言いつつも惹かれつつあるけど、同じラインに並ばせるのか栞がその先を行くのか

kaminomizosiruSEKAI10-003.jpg

直接な絡みが少ないけど、お互いの頭の中では今までのヒロイン以上に絡んでるところは面白いね

何だかんだ一生懸命な栞も可愛く見えてきたし、中の人補正ありきだが(笑)


桂馬がヒロインの魅力に照れるとこが全然ないから、最後に期待してしまうぜw


▲9話

▼11話



スポンサーサイト



アマガミSS 第23話 「プライド」1

「恥って言葉を知ってるなら自分の人生を振り返ってからにしてよね」

カッコいい!痺れる!憧れる!ww

ゾクゾクするやろ!ww

口だけの無能を蔑んで罵倒する姿は最高だったな!ww

「あなたを私のモノにします」

いきなりかよ!www

ストレートでいいが、突然だなw

というか、カッコいいwww

っていうか、フォローが可愛いw

結局、綾辻さんは裏表のない素敵な人です、ってことじゃないかw

綾辻さんをリンチするとはやってくれるじゃないか!

私なら外野の女の顔面にボールぶつけるね、十週する前にヤるね!

薫はさすがだな!さすが、サトリナねぇさん!

つか涙で群集を味方に付けて敵を操るとかやるじゃないかw

どうなってるっていうか、橘さんは切り捨てられたんじゃん…

本音を見せてくれなくなってしまったと

って、あれ、せっかく面白いのに次で終わりか?もったいないなぁ~


▲22話

▼24話



テーマ:アマガミSS - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録II 第10話 「速記原典(ショートハンド)」1

「それで満足できるわけねぇよな、上条当麻」

あっさり命掛けすぎだがカッコよすぎるぜ上条さんは

悪党には例え美人だろうと平等にグーパンな上条さんだな!

オリアナがエロいなww

どうみても事後ww

しかも、この強さw

やはりこの辺りから段々と敵のレベルが上がってるか…

まあ、まだ弱い敵もいるが、段々と強くなってくるからたまらんよね

とある魔術の禁書目録II 第10話 「速記原典(ショートハンド)」4

アニメでしかわからない、ローラの邪悪な笑みが良かったなw

これは活字で見る原作ではわからんことだしなw

この話の良いところは、学園都市の日常と事件がコロコロ変わるとこだよなぁ~

さすがに尺を使ってる巻だけのことはあるって感じ

敵はいつも通り少数なのにこれだけ話が動く話ってのも珍しいよな

美琴のデレは加速していく…w

インデックスさんは珍しくデレてますが、これが最初で最後です!

ぱんだぱんだ!


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 Area 510, All rights reserved.