感想、

評価、☆☆☆☆

面白かった

今までの作品はアレはアレで面白かったが、今回は過去のブランド作品中では一番面白かったとは思う

一番の理由はボリュームかと

基本的には一本道

なので独特な世界観も相まって物語への引き込みはかなりある

むしろ一本道にしたことによって物語の縦のボリュームがあるので物語に深く入り込める

プレイしてると雰囲気とノリが、やっぱりオーガストはオーガストって思ったことは何度もある

その辺りで若干今までの作品との歴然進歩を期待していたプレイ前の期待感は薄れたとは言える

プレイ前はもしかしたら名作になるかも、とか思っていたが、一人目のフィオネの話でいつものっぷりでその考えはなくなった

まあ、面白い作品には違いないけど、期待感ほどではなかったかと
いつものぶっ飛びのその舞台を掘り下げたような話だったな


ただ一本道でティアがメインなのだから、もうちょっと他のヒロインの話でもティアの出番とか心情とか、街に対する認識とか描いた方が良かったかなとは思うな

どうも、自分が有能な人間だと信じたい子のように見えてしまうことが中盤くらいまであったかと、まあ意図的なのかもしれんが

町の人たちのために自分の力を使いたいと思うようになったきっかけの日々をもうちょっと描いてくれても良かったかな~と、カイムのためだけって流れだったんでカイムとの仲だけあれば良かったのかもしれないけどね

ヒロインでは、選ばれなかったヒロインがメインルートだとあまり光らないのにちょっと不満が残る、リシアだけはさすがだったが…

リシアの話は見応えあったな~

吹っ切れた後のリシアとヴァリアスの会話は作中最高の見せ場だろう

特にコレットは狂信者にしか見えなかった…、個人的にはこいつ助けない方が良かったんじゃね?とすら思えた

このキャラの盲信っぷりが改められなかったのが非常に疑問で最後まで残念ヒロインだった

フィオネも葛藤はあるもののもうちょっとどうにかなったんじゃないかと思わないでもない…、せめてカイムの優しさに気づくくらいの視野の広さくらいは持ってくれてもね…

最後に至るまでに築き上げた他のヒロインとの絆が光らなかったのがイマイチ

やはり主人公とヒロインだけでなく、その二人を食ってしまうくらいのサブがいないと盛り上がらないよな、そこまで閉じた世界しなくてもいいものを…

視野狭窄のヒロイン達がメインルートだと視野狭窄のまま終わってしまった印象だわ

主人公の葛藤はいい、町かティアかって選択なら悩むのは当たり前なんだが、行動を決めてからのイベント量が悩んだ分に見合わないから、長々と悩んだなのにこれだけかよって印象がある

つか、このエンディングを主人公にハッピーエンドとして認めさせてしまうのは、どうなんだろうね…

明らかにバッドエンドなのに、主人公の心情をハッピーエンド的にしてしまうのは違和感しかない…

この終わりなら主人公が後悔に苛まれるべき結果だと思うんだけどね…

むしろ、リシアエンドがハッピーエンドすぎて、なんとも…


過去関連、


スポンサーサイト



テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 Area 510, All rights reserved.