上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プレイ時間:7時間
(共通:2時間、個別:1~1時間半×4ルート、オマケ:10分)


評価…☆★

スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

百花繚乱エリクシル
百花繚乱エリクシル
posted with amazlet at 13.04.29
AXL(アクセル) (2013-04-26)


感想、

評価、☆☆☆★+

以前は処女作からずっとプレイし続けたブランドだったが、ある一定時期辺りから右肩下がりに感じてブランド離れしていた、

具体的にはここ三作ぐらいはスルーしていた


今回のプレイ理由としては、絵が受け入れやすくなったって理由が一番

今まで、この絵師さんの絵はラフとかは上手いのに、ゲームになると少々個性がありすぎて受け入れがたいものであった
しかし、今回は、立ち絵からCGまでヒロインが可愛いというのが今までに比べて非常に大きいポイント

恐らくは塗りのレベルが上がったのではないかと思うが…

そして、ヒロインのキャラ付けするために絵として個性を出すだめに捨てキャラみたいなのがいたと思うが、今回はそんな感じは感じなかった

あと貧乳がいなかったのは良かったなwww

とはいえ、やはりどう見てもメインヒロインのデキが一番よく、一番納得と妥当性を感じることができるのでサブになるとちょっと違和感は感じるが…

とは言え、単純に面白かったと思う、特に共通は気に入ったかな

田舎ゲーとしては少々物足りないながら、可愛いヒロインと、ある程度まとまりのあるシナリオで久々に良い作品と呼べるものになっているのでないかと思う

田舎の復興ってことで、とてもブランドらしい題材だったし、上手く描かれていたのではないかと思う

もう少し一つ一つリアル思考での経済復興話が見たかったが、ラブコメとのバランスを考えるとこのくらいでいいのかもしれないとも思う

三作ほどブランドから離れていたが、この作品はブランドの復活の兆しを感じた

AXL自体に希望は見出せたが、田舎ゲーシナリオで好きだったライターの北側さんの声を最近聞かないが気になる、一時期書きすぎていたくらいの印象はあるので、少しペースを落して良いもの作ってくれることを祈る


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム



感想、

リサくそわらったww

相変わらずこのブランドの笑い担当は面白いは

カビラとか超笑ったww

今回は小野りょ、、いや五行なずなさんにはっちゃけ役をやらせたのかww

前回は清水愛だったよなww

テキストは面白いけど、笑いの取り方は少しワンパターンになってきた印象だな

相変わらず共通部分に全力投入すぎるww

個別はヒロインの可愛さ頼り

共通の金髪頼りすぎな割に金髪の出現頻度が低いww

ヒロイン同士の絡みも少ないのがイマイチ

今回は一つ飛ばしだからヒロイン同士は関係性が間接的すぎるんだよね

個別は基本的にはヒロインの魅力頼りな感じだけど案外悪くは無い

しかし、ヒロインによって質と量ともに差別がある

夏芽のルートはなんであんなに質も量も酷いことになってるんだ?キャラは可愛いのに

そして、毎回思うが、ギャグキャラをヒロインにするのは止めてほしい

このブランドの作品全部プレイしてるが、ギャク担当ヒロインはどの作品でも適当にプレイしてるわ、いくらなんでも萎え度がハンパないわ

いくら笑える要素があっても恋人にヒロイン的魅力がなかったら意欲が薄れるわ

不満はやはりある

1.一つ飛ばさなくても可愛いキャラいるやん
2.紅もうちょっと頑張ってw(良い子すぎると想いが軽く見えるw)
3.りさはヒロインねーよ

の三点ですww



総評、☆☆☆★

ギャグテキストはさすが、もはやブランドの味というか、看板だわ

しかし、さすがにパターンが似てきた感がある

共通で笑いで楽しんで、個別で恋愛を楽しむ構成なのは今まで通り

全体クオリティを考えると、処女作とかと比べると、

笑いだけでなく一つの作品として完結している点でよくここまで飛躍したなとは思う

が、キャラ同士の絡みが減った分、前作こそがブラン最高レベルに感じてしまう

今回は企画段階で既に難しすぎたのかもしれん、ヒロインを選定しなければなれないのに、リさがそこに割り込んでくるのは厳しすぎる

実質、2ルートしかないという印象

まあ、笑えるテキストを読むだけの作品ってならこれでもいいかもしれないが、それもありつつで作品レベルを高めていくことをこのブランドには期待したい

あと、ギャグのパターンももうちょっとほしいかと(これで十分なのかもしれないが)

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

さくらさくらFESTIVAL! 初回版
ハイクオソフト (2013-04-26)


感想、

前作でどっちのヒロインも選べなかったアフター、三角関係から始まる


序盤は相変わらず面白いw

序盤の直樹がグレてる辺りは笑ったわw

三角関係も良い感じでヒロイン二人が積極的で面白かったんだが…

もはやイベントなんて三角関係やるための口実作りみたいなもんなんで、文化祭始まってからは、なんだかイマイチになってしまっていた

一つ一つのイベントが軽すぎてなんでやってるのやらって感じ

まあ、結局は二人と仲良くなれば万事解決だったんでそれは悪くないものかもしれないが、失速した感があった

前作であった、一人を選んだ後でも選ばれなかった方が未練たらたらで近づいてくるとかの展開ないしな

通常FDにちょっと贅肉を付けた感じ

まあ、キャラが可愛いので楽しめるが、逆にイチャイチャ少ないような気がした

しかし、さすがにはまきいづみと青山ゆかりですな~

直樹の裏話いるかこれ?w

ただのFDにしなかったのは良かったが、さすがにこのパートの意味はわからん

直樹ルートの話は元々いらんかったとは思うけどな、サブキャラのが良い味出すし



評価、☆☆☆★

普通のFD、よりはマシなレベル

エロシーンだけのFDにちょっとした軽いスパイス程度の本筋を付けた内容

元々が良いし、相変わらずキャラがいいからそれなりには楽しめる

しかし、あくまでオマケレベル

オマケ程度の贅肉を付けて軽くやり直した程度、というか、前作のダイジェスト版的な感じ

前作でどっちも選べなかった後の話だけど、結局、選んで終わりだし、選んだら即終わりだしね

まあ、それでも前作が楽しめたなら今作も楽しめるのかな


まあ、そんな感じ、容量は特に多いわけではない

これになんで四年もかかるんだよ!ww

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

 
「誰だお前ッ!!?」

まさにその通りなんだけど笑った、このキレッキレなツッコミ久々な気がするな~

最近は桐乃に激甘だし黒猫とは微妙な距離感だし、あやせには頭が上がらないというか脅え(ry だったしw

これだけの美人を前にして照れよりも驚きが優先されるほどの衝撃はわからんでもない、予想以上だったからw

過去回想入る前に沙織の照れや京介達との絡みがもっと見たかったなぁ

oreimo2-03-1.jpg

ん~しかし内容は完全に沙織の過去編だから今までの面白さとはちょっと違うかな…テーマとしてはいいんだけどね

「私はね沙織、できるだけ色々な事をやってから死にたいんだよ」

自由奔放というか生き急いでるように見えたんだけど、お嬢様だしあらかじめ結婚が決まってたから妹を成長させようとしたとか、そんなわけでもないのか…?姉がどうも掴み所がなくて話が締まらなかった感が少々

まぁ、趣味も友人も与えられるのではなく自分から得ようとしなければ人生を楽しめないって事かね

荒療治ではあったけどこの姉妹の家族愛も話としてはイイ話だった、綺麗にまとまってたからあまり感想ないんだけどw

oreimo2-03-2.jpg

互いに姉離れ、妹離れできたわけだが京介と桐乃も最終的にはここに向かうべきなのか、はたまたって気はするけど高坂兄妹に関してはここまでは描かないで終わるんだろうな~桐乃が素直になって「お兄ちゃん」呼びになって終わりとか予想してる

桐乃と京介の家族愛の物語だから個人的には沙織たち姉妹みたいにそれぞれ大人になり良い妹離れ、兄離れをするとこまで見たいけど、それだとラノベ読者は荒れそうだしね…まぁ今回のエピソードは高坂兄妹の行く末がどうなるのか比較対象として興味深いしなかなか面白かった


▲2話



 
イザーク「ストライクゥゥゥゥッ!!」

アードライ「エルエルフゥゥゥゥッ!!」

さすがにコレはまんますぎて笑った、エルエルフの誤解が解けるまで言い続けるとなるとイザーク並に長く執着しそうだなw


しかし吸血鬼のように噛み付いた相手を眷属にして操れる至近距離ギアスみたいな能力かと思ってたら入れ替わりとは

ギアスとはまた違うけどこの能力でどこまで面白さや戦略の幅が出せるのか…あとは能力制限とかも気になるところ

一度噛まれた相手は逆らえないとか、そういうのはないのかね?Valvraveの3つのVのうち一つはVanpireのVだったりするのか?

valvrave02-001.jpg

ま、まさかショーコが生きていたなんてー予想外すぎるー(棒)

人間やめて敵になって登場とか色々予想してたのにあまりに普通に生きてたのは逆に驚きだわw


王道でいいんだけど敵の機体がミーティアで何かやっぱSEEDっぽいな~と思って見てたら・・・

ハラキリだと!?

獣の数字=666=人間を越えて神になるか悪魔になるかマジンガーZ的な問いかけかと思ったら武士になったでござる。

ミスター武士道もびっくりの必殺ハラキリブレードでござった、でもこういう暴走とかリミッター要素はワクワクしちゃうw

valvrave02-002.jpg

アードライ「エルエルフゥゥゥゥッ!!」

もう何回目かわからない叫び、誰かエルエルフカウントしてくれw


ショーコの敵討ち、復讐という免罪符がなくなってもヒーローではあるしショーコも受け入れてくれると思うんだけどね…

諦めが早すぎるがここからどうなるか恋愛面も少し楽しみになってきた、OPではサキとショーコが一緒に映ってるし、三角関係クルー?

つか人間やめた代償でギアスのごとく不幸になって欲しいよね、可哀相だけどその方が面白くなりそうな要素が多すぎるw

吸血衝動とかはないのかな、何かしら主人公のせいでショーコは死ぬような気がする、成り行きじゃない戦う理由付けは欲しいとこ

valvrave02-003.jpg

僕じゃない~僕じゃない~僕じゃない~♪

エルエルフさん・・・(´;ω;`)ブワッ

まぁハルトがもう今までの僕じゃないって意味もあるんだろうけど、もうエルエルフソングにしか聞こえないw

エルエルフの方が基本能力高いし体を借りる機会は今後もありそう、そしてその度に「僕じゃない~」状況が悪化するんだろうなw

最終的に仲間になるか否か、ハルトよりエルエルフサイドの話の方がしばらく楽しみだわ

公式で公開されてないヴァルヴレイヴ2号機はショーコじゃなくてエルエルフの機体になりそうかね


▲1話



 
お母さん先生のおっぱいにルパンダイブしたい!

っと、失礼失礼…ゲフンゲフン


やはり俺の今期癒しアニメはゆゆ式でまちがいない。

独特の間や雰囲気が好きなんだが自分の周りでは1話が不評で「もしかして俺疲れてるのか?」と思ってた…

が、やっぱ雰囲気がいいな~数ある日常系アニメの中でも「日常」にこれだけ重点を置いてる作品は久々なんじゃないか?

日常系といっても色々あるが昨今では日常系という枠にはめたギャグ作品が圧倒的に多かったからな~

ゆゆ式はかなり純度の高い「日常」系だと思う、ある意味ここまで何もないってのはどうなの?レベル、でも好きだわw

yuyushiki02-1.jpg

1話では勢いで圧倒されてた唯が今回はツッコミ勝ちというかマジギレしてたのは笑ったw

あぁ、怒らせちゃダメなんだなと…その辺の按配や距離感も1話の絡みと比較してみるとなかなか面白い

ふざけあって、怒らせて、反省して、許しての流れを自然な流れで見せてくれるのが実に微笑ましいわ~キマシタワー


結局、可愛ければ許してしまう唯だったりするけど、この関係もいいよな~

アホな事ばっかやってるゆずこだけど、何気にアイスを3人分買ってきてたり可愛気あって、何となく許しちゃうのもわかるw

yuyushiki02-2.jpg

オチがあったりなかったりなんだけど、基本的にオチが先延ばしになって遅れてやってくるパターンが多いんだな

相川さんを追いかけるとことか、あの時の何かたくらんでる顔はコレかとニヤニヤしてしまった

今回も二人してハァハァ暴走かよ!と思ったら言葉だけで制したのは一度キレさせてるからなのかねw


一日の部活まとめって調べた内容じゃなくて楽しく会話した内容のことなんだよね

意外とこういう楽しかった記録のまとめの方が記憶には残ったりするし、ゆずこの頭がいいってのはつまり何事も楽しむから忘れないということなのか?いや何か、深いようですごく浅いんだけど、まぁ細けぇこたいいか!ってまとめだなw

いや~あまりにマッタリ日常すぎるから感想として書くことがないけど今週も癒されマシタワー


▲1話



テーマ:ゆゆ式 - ジャンル:アニメ・コミック

聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 3 (GA文庫)
あわむら赤光
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 419


感想、

二回転生した主人公ってことで、能力二つのヒロイン二人なんで、一能力一ヒロインを一巻づつの掘り下げ使ったもんだから、二巻までが冒頭パートだった

ってことで、今巻がやっと始まりって感じ

世界で7人目のSランクに認めるとかなんとかでゴタゴタして不自然に都合よく現れた敵を倒して7人目に一応認められたってのが今回の流れか

現段階では、そこそこ楽しめる、って感じ、※ただし俺tueeが好きな人に限る

話としては、一巻より二巻、二巻より三巻と右肩上がりで面白くなってきてはいる

主人公の掘り下げが進んだからだとは思うが、俺tueeを楽しむ以外にももう一つ見所があれば化ける可能性はあると思う…

それでも、あまり強そうな敵がこの世界に既に残されていないような…

敵を好きに召還してる黒幕とかが人数多いとかなのかね~

一巻から戦い始めたのに三巻にして世界最強クラスになってるしね…

カンピオーネくらい面白くなってほしいがどうかね

カンピと違うのは、王様路線よりも、学園路線ってことだろうか

まあ、でも、同じ隊のメンバーのキャラの掘り下げができてきたから、ここから面白くなる可能性もあるかもね

ともかく、妹がウザいのはどうにかしてほしい

下手したらモモ先輩の足元にも及ばないレベル

とりあえず静乃を正妻にしつつストーリー進行してくれればいいが…

ヒロインに可愛いキャラがいないのもどうなんだろうね、静乃とまやがどっちかってとこだが、ラノベヒロインとしては物足りないか

あと、ロシアが意外にもウザったらしいポジションなんで早いとこボコってもらってスッキリしたいとこだね

もう国をあげての戦争でも良いレベルww

一巻読んだ時よりは全然期待できそうな流れになってきたので、もう少し様子見したいとこ

まあ、なんだかんだで楽しんで読んではいるんですがね…


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)
宇野朴人
アスキー・メディアワークス (2013-04-10)
売り上げランキング: 550


感想、

話的には前巻の続きで、一巻丸々撤退戦

開始80ページですでに面白すぎてしょんべん漏らすレベル

撤退戦をここまでボリューム使うラノベあったか?かったりい系の主人公のライバルが眠らないってのも面白いなw
前巻でナナク辺りがイクタの側近で白兵担当だったらいいのになーって思ったら、後だしでイクタとシナークの繋がりの設定が明かされた

イクタの戦力を増強するってことはやはりヤトリとはやり合う未来か

まあ、ヤトリの将来的な弊害もトップが無能な帝国なんで、ヤトリのために帝国の敵となって疲弊させるってのはイクタらしくて納得できる

2巻ではヤトリは結構影が薄かったけど、この巻ではイクタとの絆にフォーカスされていた

その果てに殺す宿命があるってことなわけで…

今回は、敵が雑魚ではなく戦略戦術面での戦いが多くて面白かった

山火事起して火が消えたところを修復しながら時間稼ぎってのが面白かった

イクタは戦略だけ立てていざ戦が始まったら空気になるのかと思ったらそんなことなかったな

前の巻までは正直、イクタはレッドクリフの孔明くらい空気になるのかと思ってたんだけどな、作者のアイディアが尽きないことを祈るよ

しかし、仲間にそれぞれ被害があったんでホントの戦争ってのと無能な上官のせいってのがある程度浮き彫りになった、ことによりそれぞれのキャラの方向性にどう変化がつくのかが見もの

イクタはもう上を目指すために知略をめぐらせていい段階にきたろう、これでもやる気出さないなら無駄に部下を減らすだけなのでマイナスだろう

流れ的にはヤトリのためにヤトリと戦ってヤトリに討たれるって感じかな?今のとこ

今のところ姫様が子供過ぎるんでそのクーデター的な可能性は見出せないので、早いとこイクタにはある程度やる気を出してもらって出世欲がほしいとこ

イクタVSその他の仲間たちってのが一番見たい展開かね

リベンジに燃えるジャンと復讐で怒り狂ってどうなキアラとの再戦も楽しみだな

キアラはどうせ兄より強いとかそんな設定なんだろうしなー(それはちょっと安いから止めてほしいが…)

今回一番物足りなかったのはエピローグかな

戦争の終結までは見れたけど、それでどうなったのかってのが見れなかったのが物足りなかった

次読まないとわからないってことなんで不完全燃焼

ともあれ、次がすげぇ楽しみなんで早く出してほしいわ


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

(Valvrave the Liberator)
 
THE・サンライズって感じの出だしだな!

これだよ、変に奇をてらわずにこういうのでいいんだよ!「綺羅星☆」とか「気持ちいい~」とかいらないんだよ!

いや、アレはアレで面白かったし気に入ってるんだけども、やっぱ王道ロボはいいね~


王道ロボアニメの教科書通りの1話なんで細かい感想はないけど、わかりやすい流れとロボがカッコ良かったんで問題ない

と油断してたらCパートで気になる引きを見せたし、この作品ならではのオリジナリティはなさそうだが、なかなかいいと思う


展開としてはガンダムSEED、ラインバレル、ギアスをミックスしたような印象

幼馴染は100%生きてるんだろうけど人間として生きてるのか否か、既に主人公も人間やめちゃってるし、恋愛面は上手くいかなそうな予感はする。生きてたと思ったらまた守れずに死ぬパターンのような…

そして、ガンダムSEEDのニコルのように何度も回想シーンが…なんかもう次回に幼馴染が吹き飛ぶシーンの回想入りそうw

Valvrave01-001.jpg

復讐心を動機に戦うには少し弱い気がしたから、搭乗時に人間やめちゃった方がどう転んでいくかだな

ヒーローとして祭り上げられてもラインバレルみたいに調子に乗る主人公ってタイプでもないし、どんどん敵が来て仕方なく戦ってくのかね


しかし、戦闘シーンは若干見づらいけどカッコよかったな~

鎌に刀だけでも中二心くすぐられるのに、何やら質量のある残像的な粒子の結晶化?みたいのがもうね、ロボ好きとしてはワクワクしちゃうわけですよ、きっちりツボを抑えてる辺り流石の製作陣といったところ

足なんて飾りですと言わんばかりの敵ロボのデザインからただよう80年代臭と昨今の尖ったシャープなロボの対決という構図も良かった

敵ロボのフォルムとか、最初スターウォーズを思い出したw

Valvrave01-002.jpg

公式サイトによるとヴァルヴレイヴ6号機まであるみたいだけど、SEEDみたいに敵に何体か奪われるのかねw

2号機だけまだ出てない辺りも気になるな、死んだはずの幼馴染が人間やめて登場フラグ?

何にせよ、今期のロボアニメ3本の中では一番王道ロボアニメしてた1話だったと思う


そしてOPがカッコよすぎぃぃぃ!!

TMR×奈々様とかカッコ良くならないわけがないから期待してたけど、これは痺れた…

Valvrave01-003.jpg

細かい部分を一時停止で見たら、搭乗承認した時点で機関への所属が決定してたのね…

主人公はウジウジせずに問答無用で戦わなきゃならないのか、組織のメンバーと対応次第だな、どんな雰囲気になるのか楽しみ


▼2話



 
ひ、ヒィーッ!あやせキター!!

と思いつつも、泣きそうな上目使いでイチコロなんだよね毎回、そして油断すると痛い目を見る…

京介もそうだが視聴者側としても「あやせは流石に…」「アレ、素直になれば可愛いな」「ひ、ヒィッ!!」の無限ループなんだよね

それが心地良く感じはじめたらもう既に手遅れなんだろうか、ツンデレとヤンデレを兼ね備えたあやせの魅力の中毒性ヤバイよなぁw

oreimo2-02-001.jpg

駄目だこの兄妹・・・早くなんとかしないと・・・

桐乃の行動をトレースする京介、驚異のシンクロ率にクソ笑ったwww

むしろ、桐乃よりエスカレートして二次元と現実の壁を越えようとしてる辺り京介の潜在的オタ資質が計り知れないw


桐乃を心配しつつも桐乃に言われた事を実行し全力で理解しようとする姿は、良くも悪くも兄の鑑のようなんだけどね~

桐乃なしじゃ生きていけないとは、まさに京介のことだよなw

oreimo2-02-002.jpg

「いっそ壊しちゃいましょうかこのゲーム、いや、泥棒猫…」

ヤバイよヤバイよ、この発言…「あなたが振り向いてくれないなら、いっそ殺して永遠に私のモノに」的な思考すぎる


まさかのヤンデレルートオチ!?

いや、まさかでも何でもないから!1期の時点で十分ヤンデレだったから!

オチだようでちゃんとオチてるのか、今回って桐乃は薄々感じて反省してたから何もしなくてもたぶん自然に解決に向かってたよねw

結果的に京介のオタ度UP、あやせヤンデレ度MAX状態になっただけ…うん!細かい事は考えないようにしよう、めでたしめでたしw

PSPのゲーム版でヤンデレルート実装して欲しいな、既にあったりするのかな??

oreimo2-02-003.jpg

前回の予告で流石にネタすぎるだろ…と思ってたら

「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」

という一文だけで説明できてしまう回だった件


それにしても、これ単なるラブプラス回だったよなw

中の人的にも本物だから何といったらいいのか、いやメチャクチャ面白くて笑いまくったけどw

4人ともラブプラス(ラブタッチ)に振り回されすぎだったけど、現実は小説より奇なりで実際もっとヤバイから笑うに笑えない…

そして一番報われないのは麻奈実…


▲1話

▼3話




しかし、今期の早見沙織は猛威を振るってるな~

RDGで守ってあげたくなるような声を出し、俺俺(俺ガイル&俺妹)で罵倒の嵐…
アメと茨のムチで早見病発症患者が大量発生してそう、かくいう私m…ゲフンゲフン!!なおレヴィアタンは(以下略



 
ゆい(CV:津田美波)、ピンク髪(CV:大久保瑠美)

(る)(り)か、なるほどw

唯の立ち位置とツッコミまで、まんま結衣じゃねーか!しかし、ピンクはちなつというか、マイペースなアホっぷりがまんま京子だw

ま、まぁCVだけだし他作品でも似たような役やコンビはよくあること…

YUYUSHIKI01-01.jpg

って、キマシタワーwww

百合や!すご~くゆるいマッタリした日常アニメだけど、ちょっとした百合描写がスパイスというかシュガーとして効いていい感じに和む

……ん、つかそれって「ゆるゆり」じゃね?w


「ねぇ唯ちゃん、ほっぺにチューしていい?」

ゆず×ゆい、イイね! ハァハァ、テレテレにニヤニヤしてしまったぜw

百合要素としては、唯をいかに照れ、デレさせるかの作品だな~他キャラはどうなんだろ?唯総受けでお願いしたいくらいなんだけどw

と思って油断してたら最後のゆずの照れが微笑ましかった!何このニヤニヤw



(巨乳)お母さん先生可愛すぎだろ、ほっちゃんボイスだし ←最重要ポイント

で、この先生も百合るの??

YUYUSHIKI01-02.jpg

情報処理部という名の娯楽部になることもなく、ググってダベるだけ、特に大きな笑いが起こるわけでもないし、ぶっちゃけオチもなし!

何の変哲もない普通の日常アニメだけどマッタリ具合が絶妙で好きだわ、キャラが特別可愛いわけでもなくギャグが面白いわけでもないのに何か凄く好きな雰囲気だ、3人の空気感がいいんだよな~他キャラが加わった絡みでどうなるのかも楽しみだ

日常アニメの1話は大概微妙に感じて徐々に馴染んくのが多いが、個人的に何故か妙にツボってしまった、疲れてんのかな俺?w


「ゆるゆり」みたいに瞬間的にテンションが上がることもなく、このままマッタリ路線でも1クール全然イケそう、キャラもそんな多くないみたいだし何も事件とか起きなそう?ゆるゆりよりもゆるい、ゆる~~ゆりって感じの作品かな

とはいえ「ゆるゆり」と言いまくったけど、よりゆるいから面白さの種類が若干違うね、コレはコレで予想外にいいんじゃないだろうか

エンドカード協力してたけど、そうだな「Aチャンネル」に近い感じの面白さな気がする、Aチャン並に後半化けるといいなぁ

yuyushiki01-00.jpg


▼2話



テーマ:ゆゆ式 - ジャンル:アニメ・コミック

 
異世界側の服装とかキャラデザが「ふしぎ遊戯」っぽいな~と思ったら作者が同じなのか

道理でいじめ描写が少女漫画っぽく裏でネチネチなわけだw

まんま少年版ふしぎ遊戯って感じの流れだが、なんというか懐かしいな~良くも悪くも完全に90年代の雰囲気だわ

昔はこの手の王道の異世界召還モノばっかりだったけど、最近は異世界からヒロインが来るパターンのが圧倒的に増えたよね

ARATAkangatari01-1.jpg

物語の導入も王道すぎてあまり感想がないな…

少女漫画だと巫女になってイケメンにチヤホヤされるのに、少年漫画だと巫女を殺した罪人にされてイケメンに追われるのか~

ふしぎ遊戯はドロドロした恋愛模様とかも面白かったんだけど、ED見る限り女っ気がなさすぎるのが不安、イケメンばっかりやんw

男同士の熱いバトルが熱い友情や絆に繋がるんだろうか、腐女子が歓喜しそうな臭いがプンプンしますね…


初回登場したヒロインはあやひーキャラだけだが、OPにスフィア使うって事は全員出るのかね?

もうちょいヒロインがいないとちょっとキツイな、これで更にまた女装展開とかは勘弁して欲しいところ

少し様子見だな~懐かしさだけでは見れない感じ、イケメンが聖剣で戦うだけの作品だったら切りそう…



 
OPクソ笑ったわ!カニwwwジョブズwww

化物語もびっくりの謎の蟹プッシュ、そしてチラチラ移るジョブズがじわじわくる

ここまでやったらAIURAとか控えめにしないで、iUraでいいじゃんw

AIURA01-01.jpg

本編みじかッ!

キャラデザは可愛く、太ももと腹の肉がたまらんな~

…と、マジでそれくらいしか感想がない!これ以上捻り出せと言われても無理なレベルw

EDいらないから入学式で再会の流れくらいまでやって欲しかったな…どうせ同じクラスになるんでしょ?

次回それだけやって終わりそうだから怖い…ショートアニメにしても正味3分ないぞコレ…

AIURA01-02.jpg

1クールやっても30分アニメ1話ちょい分くらいしかないのにマッタリ日常系っぽいし、どうしろと…

雰囲気は悪くなさそうだけど、もうとりあえず低予算でブヒれる作画にだけして原作売れたらラッキーくらいのノリじゃね?

この手のショートアニメが増えてくるとキツイな、そもそもショートアニメはギャグ系以外とは相性悪いしな


まぁ、最後まで見るけども!(ぉぃ

とりあえずカニが気になりすぎるので、本編に関係あるのか否かだけは確認しなければなるまい



おまけ

テーマ:あいうら - ジャンル:アニメ・コミック

 
こ、これは・・・

絵柄、塗りと雰囲気が10数年前のエロアニメみたいなクオリティなんだが…

低予算ショートアニメでも最近は絵柄の可愛さだけは萌え豚用に力入れてる作品が多いというのに今時これはないだろ、どんな判断だ

話の内容的にも、客に倒されて襲われる展開になっても驚かないわ、タイトルも何かエロアニメっぽく見えてきたw

sprawsHOTEL01-1.jpg

と思ったら、実写キターwww

アニメ本編だけだと人気声優の無駄使いだけど、なるほどこっちが本編ということかw

相変わらずみのりん美人だわ、しかし改めて見るとやっぱルックスと声のギャップ凄いな~

で、ホテルフロント制服のコスプレはしないんですかね?(ゲス顔)

実写パート目当てで最後まで視聴しようと思いますw


 
何か「B型H系」を思い出してしまったわ…

要するに、ゆかりんに方言でエロい事言わせるアニメという認識でおk?


世界一可愛いゆかりんにあんな事やこんな事を言わせるなんて、王国民が黙ってねぇぞ!

ローションプレイの喘ぎ声とかアヘ顔でしゅごいとか、照れながら「せ○○かけて」とか実にけしからん!けしからん、あぁけしからんとも!

・・・

・・・・・

muromisan01-1.jpg

…ふぅ


まぁギャグはちょっと古臭さを感じるもののテンポはいいし勢いもあるからいいんじゃないかな

他にも濃いキャストが控えてるしキャラが増えてくればカオスになりつつツッコミが追いつかないくらい面白くなる可能性も…


個人的にはゆかりんの方言エロボイスだけで1クール視聴継続余裕なんで、全然アリですね、えぇ。

ちょっと海釣り行ってくる!(笑)


(attack on titan)
 
かなり話題になった作品だからタイトルだけは知ってたんだけど、予想と違う世界観だった

てっきり、「エヴァ」「ガンパレ」「トータル・イクリプス」みたいに時代設定は現代かと思ってたんだけど中世なのね


しかし、コレはコレで面白いし、アンカーで移動しつつ巨人討伐とか熱いな!モンハンを思い出したw

結果は討伐どころがフルボッコにされて何とか生還なわけだが、なんというかコレ・・・

singekinoKYOJIN01-1.jpg

絶望感がハンパねぇwww

単なる怪獣映画的な怖さにならないのはやっぱ巨人の見た目だよな~

50メートル越えの巨人の怪獣的な怖もさることながら、10数メートルくらいの人間すぎる見た目の巨人の気持ち悪さ…ニタァ…

それこそロボットでもあればまだ太刀打ちできそうだけど、この世界観でこれだけ巨人がうようよいるとか無理ゲーすぎるw


しかも巨人の正体は不明…そもそも世界観自体が中世なのか?文明が退廃した後なのか、後者ならまだ太刀打ちできる術はありそうなもんだが。二千年後の君へって事は後者??

巨人に関してもこの手の話でよくある人類の文明を一定でリセットさせる為の地球の白血球的な存在なのか否か…

設定云々よりも、とりあえず絶望感が前面に出てる辺りが引き込まれたな~今期1話のインパクトではトップかも

singekinoKYOJIN01-2.jpg

うわぁぁぁぁぁぁぁッ!!

というか、トータル・イクリプスやんけw 2話が頭をよぎった…

凄いな、アイディアとしては古典的なのに侵略モノを中世の時代観でやるとここまで絶望感が増すとは…

問題は巨人にどうやって太刀打ちするかだな、エヴァみたいに毒をもって毒を制す流れにできればまだ希望は見えるのだが


巨人の行動原理と知性を持つか否か次第だな、巨大な敵には巨大なロボで立ち向かうというのがこの手の作品のセオリーだが…

ロボかウルトラマンかもーん!w

父親がずっと秘密にしてきた地下室に何かしら巨人に対抗する武器があるんだろうか

エヴァやロボみたいな巨人はないとしても、医者だから巨人にきく薬品や毒とか、なんかありそうな?つか何かあってくれ…と願う


う~ん壮絶な1話だった、見終わった時に顔引きつってた事に気付いた

中世版トータルイクリプスという印象だが、かなり引き込まれる出だしだった



テーマ:進撃の巨人 - ジャンル:アニメ・コミック

 
冒頭は過去回想の夢なのか、それとも現在の桐乃とごちゃまぜなのか?そこが結構重要な気がするんだが…

この流れがあったとしたなら年頃で恥ずかしい京介の言動に全力で応えてきた結果が今の桐乃を作ってるわけだしな~


それにしても2期だからじゃないこの違和感は何だ、京介がおかしいw

桐乃からの人生相談がないことを麻奈実に人生相談する姿とか、どうしようもないシスコンっぷりだよなw

優しく助言する麻奈実はほんとイイ女だが、報われないねぇ…今期はもう少し踏み込んで頑張って欲しいところ

oreimo2-01-001.jpg

あやせ平常運転確認、ガクブル…

むしろ桐乃と離れた事によって依存度が前にも増して…今後どうなって…い、いやこの件には触れないでおこう(笑)


桐乃の平常運転確認! 何かやっと安心できた、これが俺妹だよな~

やっぱこの作品は桐乃が中心なわけで、周りの人物みんなが桐乃に影響されてしまうんだよね

嬉しそうにはしゃぐ桐乃を見て一日一緒に過ごし、京介の不安が晴れていく流れで冒頭からの違和感を消していく心地よさ

oreimo2-01-002.jpg

こんなちょっとしたデレでも嬉しくて溜まらない最高のシスコン兄貴だけど、この温かさは良いよな~

元の鞘に収まったはずなのに京介同様に桐乃も妙な距離感で接してしまったのは、要するに単なる照れだったんだろう

嫌われたと思ってた京介、迷惑をかけたと思っていた桐乃の何とも微笑ましい家族のコミュニケーションだった

桐乃のオタ趣味を通して元の関係に、より強く収束していく流れは本当良かったわ、これが家族だよなぁ

oreimo2-01-003.jpg

俺の妹が再び帰ってくるわけがない

今期も各話タイトルを否定する流れみたいだな、桐乃そして俺妹が帰ってきたな~としみじみ実感できる2期1話だった!

って、次回予告クソ笑ったwww

このタイトルを否定する流れとか想像つかないし、あやせキレててマジ怖いわ!こりゃ次回あやせにボコられる展開か?w


黒猫に関しては、あれだけの事を勢いでやらかしてしまったから照れくさくて距離感がつかめないという

似てるようで桐乃は家族、黒猫は恋愛と違った照れが出てるだけに今後どうなるか気になるな~1期の頃から原作ファンの間では黒猫黒猫と言われてたけどアニメ組の自分は1期見た時点で何で黒猫がそこまで人気なのか結局わからずじまいだったし…

断然、桐乃派というか桐乃との家族愛の物語と認識してるから、ここから恋愛要素でどう転がっていくのか個人的には少し不安


ともあれ、2期の安心感というのもあるが今期では頭一つ抜けてる面白さだな~やっぱ俺妹は面白い!


▲1期(15話)

▼2話



 
原作と絵が違いすぎるというか、そもそものアニメ製作手法が巷で物議を醸してるみたいだが難しいとこだなコレ…

ここまでやるなら実写でやればいいのにと思って見ていたけど、実写の劣化版とはまた違ってフィルターをかける事によってよりリアリティが増しているような気がする。演出やBGMで雰囲気出てるからコレを実写ドラマで見たら逆に安っぽく見えそうな気がする…

うん、そういう気がするだけで自分でもよくわからない感覚的なものなんだけどw

AKUnoHANA01-1.jpg

個人的には原作知らないからコレはコレで別にアリだと思うし物語が面白ければ全然OKかと

面白くても実写ドラマだったらそもそも見てない可能性が高いってのもあるし


「うっせぇ、クソムシが」

思春期の頃に感じる社会への不満、不安だったり、アイデンティティに悩む様々な姿を描く系統なのか?

主人公はとりあえず好きな女子に対する憧れと性欲に揺れているみたいだが、「惡の華」の詩に変に影響されてヤッちゃうのだろうか…

それにしてもリアル中学生の雰囲気が出すぎてて怖いわ、主人公のできないくせに妙に自信過剰なとことかもうね、あいたた~って感じ

AKUnoHANA01-2.jpg

ハナガ、サイタ…ヨ

目の前に好きな女の子の体操着が…これは…まさか…なんという気になる引きと予告w

契約とか言っちゃってるんだけど、頭をよぎったのが「オナニーマスター黒沢」だな~雰囲気とか結構似てる気がする

となるとヒロインはクラスのアイドルじゃなく、クソムシ眼鏡っ子なのかね、デレとか全く期待できなそうだけどw


ヒロインが抱える問題次第だな、この手の作品で思い浮かぶうち個人的にトラウマ的に記憶に残ってる「月光の囁き」があるんだが、

そっち方面の流れになるとちょっと嫌悪感や拒否反応が出てきそうで怖い、どう転ぶのか絵柄云々より話の続きが気になるわ


EDのインパクトすげぇな…なんかもうトラウマ植え付ける気満々じゃないか?w



テーマ:惡の華 - ジャンル:アニメ・コミック

 
俺つばDVD連動購入特典の小説でアンソロを書いていたので作者について調べた事はあった

作者が「俺たちに翼はない」そして王雀孫のファンということでパロネタがチラホラあると聞いて気になっていた作品

が、「死んだ魚の目」くらい?特にそれっぽいパロはなく俺つばどころか他のパロもなく、よくあるラノベアニメの1話という印象しかない…

強いて言うなら、結衣のギャルっぽいキャラ造形が俺つばのコーダインっぽいと思ったくらいかな?

OREgairu01-01.jpg

結衣はコーダインで、雪乃は化物語のガハラさん系って感じか…

しかし、早見沙織ボイスでの罵倒はヤバイ、マーベラス!w

そっち方面の方々には勿論ご褒美なのであろうが、Mでない俺ですら油断したら目覚めてしまいそうなくらい心をズキズキと刺激してきますね、えぇ。わかりやすいギャップなのだが、それがイイ!w


結衣デレるの早すぎ、マジありえんてぃーだし!(コーダイン風)

でも、チョロ可愛いwww

擦れてしまった主人公&雪乃とは違って前向きなとこが良いね、素直になれない似たもの同士である二人のいい架け橋になりそう

ん~基本的に悪い奴じゃなく自身と周りのギャップに戸惑って不器用になってしまったキャラ達だから、本気でぶつかって友達になっていく王道な感じになるのかな?「僕は友達が少ない」に似た雰囲気ではある

OREgairu01-02.jpg

結構パロネタが多い作品と聞いていたが全然だったし、会話劇中心の割にそこまで面白いかと言われると平均レベルなので、
感想としては俺つば風に言えば「まぁ普通かな…」としかw


前情報から期待してたモノとはだいぶ違ったが、早見沙織の罵倒は思わぬ収穫だったので今後にも期待

毎日がS!くらいの勢いで「罵ッ倒!罵ッ倒!罵ッ倒!」して欲しいところ、青春はいいけどラブコメ度は薄そうな気はした

まぁ雪乃のデレが最初の見せ場となるか最後の見せ場となるかだな~


 
俺の妹がこんなに可愛いわけが・・・なかったw

異世界から現れた美少女とのボーイミーツガールと王道な流れだけど、

特に出会いがドラマチックなわけでもなし、巻き込まれたにしても絡みがなく終わってしまったな~

DATE_A_LIVE-01-1.jpg

え~と、つまり「神のみぞ知るセカイ」を昨今のラノベのフォーマットでやる感じ?

なんかよくわからんな~と思ってたらEDで全て説明してくれて助かったわ、内容の8割がEDに詰まった1話だなw


しかし、空間震とやらを故意に起こしてるわけじゃなさそうだし、そもそも異世界からの侵略者ってわけでもなさそうだから

一方的に人間側が喧嘩売ってるだけだったのがな…デートで攻略以前に話し合いからはじめたら?と思ってしまった

まぁその辺は次回以降の説明次第か、話としてはシンプルでわかりやすい、が、これといった新鮮味もなく…

DATE_A_LIVE-01-2.jpg

敵を攻略するのは珍しくないし「デート」で面白さを見せる作品なんだよね?

とりあえずデートに誘う流れとデートの内容がどうなるか、死と隣合わせのハチャメチャなデート・ア・ライブに期待

もうちょい見てみないと何とも言えないな、1話としては正直微妙ではあった



 
キミキス、アマガミの流れを汲む作品ということで変態紳士ご用達となるか否か期待半分、不安半分だったのだが…

思ったよりも普通というか、エロ写…可愛い女の子を撮るという非常にわかりやすい作りだなw

チラリズムやアングルのこだわりに期待したいところ、1話で既にいい感じ

部活少女の健康的なエロスもいいし、妹の隙だらけな今にも胸チラしそうなアングルとか、わかってるわw

photokano01-1.jpg

激写ボーイ!激写ボーイ!

(シャッターチャンスだ…!) ※ただしイケメンじゃないと捕まる

確かに絶好のチャンスだけど、そこはかとなく感じる犯罪臭が妙にドキドキするぜwww

合意の上で撮ればOKってのはそれはそれで何というか、そういうプレイかと…う~ん、写真って深いね!(テキトー)


しかしこれ、アマガミ同様に妹が一番かわいいパターンじゃね?

と思ったら、その友達の後輩も可愛いし、ソフトボール女子も可愛いし、出てくるヒロインみんな可愛いぞ…ゴクリ。

個人的に第一印象で一番良かったのがソフト女子だな、というか斎藤千和のこの手のフランクな女子はヤバイんだって!

これデレた時ぜったいヤバイわ~普段ふざけてるのに一番乙女チックなパターンのやつやわ~w

photokano01-2.jpg

みwどwりwかwわw

部長出てきた途端ずっと緑川劇場だったわ、もう写真じゃなくて野球チーム結成したらいいんじゃないかな?(笑)

紅一点の部員は髪ほどいて前髪上げたら超絶美少女というお約束だろうから楽しみにしておこう


とりあえず隙あらばエロい写真を撮る作品ということは理解したw

話的にはどうなんだろな、普段は気付かないヒロインの抱える問題をファインダーごしに見て解決してく流れか?

アマガミと比べるとさすがに変態度は落ちるけど、カメラというアイテムをどこまで活かしてくれるのか主人公には期待しておこう

むしろ部長に期待かな?w


テーマ:フォトカノ - ジャンル:アニメ・コミック

 
今期ロボアニメ3作品の1本目、そして久々の平井久司×ロボって事でかなり楽しみにしてた、のだが…

良い意味で予想と違ったな~主にノリが、キャラ同士の絡みに割とギャグが多くて取っ付き易く、戦闘シーンでのチームの掛け合いがいい感じに引き締まる。平井×ロボで言うとラインバレルに近いノリか?

というか、かなり戦隊モノっぽいね、機体の色分けとかまんまだしw

主役に特撮からキャスト引っ張ってきたりしてるし、テイストとしては昨今の戦隊モノの要素を取り入れつつって感じなのかな

ドラグナーみたいに各機体に役割分担されてて単なる無双ロボアニメじゃないところも最近では珍しいし、懐かしい感じ

MJP01-1.jpg

落ちこぼれチームだけど要は個々が尖りすぎてて周りに合わせられないだけで一人一人は超エリートって事なのかね?

訓練でもゲームでもない命のかかった戦場でこそ能力を発揮できたのか、それとも度胸を買われたのか…

リーダーに対するメンバー全員のツッコミとか、変なとこでチームワーク抜群なのは笑った

つか、リーダー任命までアサギが主人公かと思って見てたわw



わかりやすい異星人の侵略モノだしノリも良い、キャラ&ロボ紹介の1話としてはまずまずだったんじゃないかな

機体搭乗のワクワク感とか薄かったし、武器変えただけで無双しちゃった辺りはよくわからんが、その辺の説明は今後だろう

あまりシリアスになりすぎず、このノリで熱血ヒーロー戦隊ロボアニメを貫いてくれるといいな~

MJP01-2.jpg

遺伝子登録だったり子供がパイロットな部分はファフナー臭を感じるが、たいした理由とかなさそうではあるw

とりあえずバイザーの指令はイズルの父親っぽいか?そして異星人なのかね?王道だとそんな設定でイズルはハーフとかな気がする

キャラの家庭環境とか説明入ってないからまだ世界観とか何とも言えないけど、この作品に期待するのはそこじゃないっぽいなw


80年代王道ロボアニメと近年の戦隊モノを足したような、もの凄い取っ付きやすさでなかなか面白い、個人的に好きなノリ


 
主人公の名前がキリだけど、ヒロインの見た目で絶望先生のキリちゃんを思い出すな、髪の毛ぼさぼさ可愛いw 

主人公の性癖がやたら変態チックに見えるけど、髪の毛フェチってだけなら特に珍しくなく共感できるよね

美少女の長い黒髪をサラサラしたりクンカクンカしてハァハァしたいという願望は男なら持ってるものでしょう!(キリッ

dansaibunrinoCE-01-1.jpg

と思っていたのだが、やっぱりアブノーマルだった件、というかコレ二人とも…

完全に感じてますやん!そういうプレイにしか見えないwww

ハァハァしすぎてエロい、だが気持ちはわからないでもない、うん…そんな俺の心の奥を刺激してきますねハァハァ(ぉぃ


しかし「謎の彼女X」みたいなハートフル変態ラブコメになるのかと思ったら、え?中二バトルモノなの??

そうなるとまた見方が違ってくるな…要は髪を切りたいってのは人体の一部を切断したいという殺人衝動を置き換えてるだけなのか?

殺人鬼の末裔が殺人道具を使うことで本能が目覚めたりするんだろうか、変態度の加速だけ期待してたが話がどう転ぶのかも気になってきたな。「髪の女王」である祝は髪自体が殺人道具なのか、それとも呪術的な感じで髪を切ることで何かが発動するのか…

dansaibunrinoCE-01-2.jpg

ヒロインを助ける主人公の見せ場かと思ったら、一度諦めて家に帰ったのは何か笑ってしまった、そこで男見せなきゃダメじゃね?

最後の髪切るシーンは良かったけど雰囲気と演出でごまかされてる感がある、髪を切りたい→祝を守りたいへの変化が大事なんだからもっと丁寧にドラマチックにボーイミーツガールを見せて欲しかったってのはある


ショートカットも悪くないけどぼさぼさロングの方が圧倒的に可愛いよね、まぁ呪われてるくらいだし1日で元通りになるパターンだろう

じゃないとウリである(?)エロい断髪が見れなくなるし、主人公的にも欲求を満たし続けられる最高のパートナーになるからなw

ともあれハサミが武器の主人公とか珍しいし続きが気になるので様子見だな、あと祝かわいいしw




 
レッドデータガールとは一体なんなんだ、わくわくするな~

って、OPでいきなり説明文章からはじまりおったwww

RDG-RedDateGirl01-01.jpg

ふむふむ、なるほど、確かに1話じゃRDGってなんやねんって感じはするな…あぁ、地味子かわいいよ地味子

そういう意味での絶滅危惧種な女の子ってわけじゃなく、OP映像からするとこれは伝奇モノなのかね?

神の力を扱える絶滅危惧種である本物の巫女が主人公なんだろうか…


いずみこさん@がんばらない?

パッと思い浮かんだのが「ささみさん@がんばらない」だわ、あそこまでぶっとんでないけど巫女の影響力とか近い感じ?

泉水子はまだ力を制御できてないっぽいけど、使いようによっては悪用なり何なりできそうだし、OPで地球とか出てるしw
とりあえず、未熟さも含め過保護というか監視管理っぷりや主人公を取り巻く環境には納得した

RDG-RedDateGirl01-02.jpg

しかし少女漫画というか乙女ゲーっぽいノリになりそうな、OP見て「また乙女ゲーか…」と勘違いしたしw

男キャラのデレには期待しないが、泉水子が守られるだけじゃない成長を見せてくれると期待しておこう

くぎゅの男キャラは既に怪しいオーラ出まくりだし、どう絡んでくるやら…


地味な出だしだけど地味子な泉水子は可愛いし1話としては悪くない、謎が増えて伝奇モノの流れになってくれるとかなり好みかも



プレイ時間:10時間
プロローグ2時間、1~2時間×4ヒロイン(個別END各20分)、TRUE:30分


以下、感想(ネタバレあり)

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム

冴えない彼女の育てかた 3 (富士見ファンタジア文庫)
丸戸 史明
富士見書房 (2013-03-19)
売り上げランキング: 739


感想、

今回は、幼馴染のターン

3/3で一番最後が幼馴染のターンになったのは意外

というか、次は誰のターンになるのか…、普通に恵なのかね?


ネタがエロゲなわけなんで、大きなお友達にはいいかもしれんが、ラノベ全盛世代の若者達はネタがわからないだろうww

普通は他のラノベとかアニメとかがネタになるのに、丸戸さんがネタにするのは鳩とかだからな~、世代っすな~

あと、名古屋ネタが多いwwww

丸戸さんレベルの人が島から始まったとか聞くとそうだったのか~とかなり感慨深いな、そっから成り上がったのか…

丸戸さんは相変わらずのテキストだけど、やっぱりやっぱりADVで見たいなーってのがあるな

そもそも、相変わらずヒロインのキャラ作り上手いよな~、どのヒロインも可愛いという

どのキャラもちゃんと個性あって別方向の魅力あるとか…、この構成で見ると丸戸ADVのだと、冴えない彼女とくっ付くか、昔の女とくっ付くかのどっちかなんだけど、この場合の昔の女はどっちだ?ww

メトロノーム的にヒロイン変更もありそうだしな~ww

おそらく、ハーレム的ななあなあでは終わらないと思うんだが、どのヒロインでももったいなさが出るよな~、しかもきっと選ばれなかったヒロインも協力してくれるんだぜww

個人的には先輩が好みだが、主人公とエリリが先に進むのがお似合いのような気もするが、

今回の恵のフラットながらのツンデレ、これジャンル何て言うだからわからん新ジャンルヒロインが可愛く見えてきたww


出海「恵さんって…本当に、安芸先輩の彼女なんですか」
恵「ううん、メインヒロイン」
出海「…なんですかそれ?」
恵「なんなんだろうね本当に」

ここがいいよね~、これがどうなるのか、あわわww

そこまで大きな驚きや衝撃はないけど、安定したラブコメを提供してもらってる感じがする

なにより、一年か数年かに一回しか読めない丸戸テキストを数ヶ月に一回楽しめるのはありがい、応援しとりますw
さて、次が誰のターンになるのか楽しみだな~

あれ?テキストと絵をゲームにするのは誰なんだろう…?ヒロイン追加?w


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。