上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブらブライド 初回限定版
チュアブルソフト (2013-04-26)


感想、

評価、☆☆★

何が売りなのかよくわからない

設定からして抜きゲーなのかと思ったら、まったくそんなこともなく…

かと言ってシナリオゲーかと思ったら、少しもまったくこれっぽちもなく…

なんかよくわからん共通ルートがダラダラ続いたと思ったら、あっさりとした個別ルートに、オマケばかりのエロシーンが添えられた、謎の作品
チュアブルらしからぬ…、というか絵師さんいなくなったし、どうするんだこのブランド…

あえて言うならキャストだけは魅力あるか、中身がまったく声優を生かせてないけど…

ぎん太さんいないとかマジショックなんですけど…



過去関連、



スポンサーサイト

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム



感想、

評価、☆☆☆

バカゲー

ともかく、ボケに走る

なのでネタが多すぎる

もうちょっと絞ってほしい

なもんで共通ルートはかなり厳しい

共通テキストの半分以上がボケなんで、肌に合わないとほんときつい

個別は少し楽しめた印象

キャラはまあまあ

とりあえず、エリナが可愛かった

桐谷華が可愛すぎたってとこか…

絵も上手いかった、なのに一枚絵と立ち絵の差がありすぎる


テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム

お嬢様はご機嫌ナナメ
ensemble (2013-05-24)


感想、

個人的にかなり好みのキャスティングだったので興味惹かれた

ベテラン枠をサブに使って、今旬のキャスティングって感じだったわ

とは言え、桐谷華ゲー

冒頭の掴みからして桐谷華頼りなところがあった


シナリオは共通は悪くない

主人公が有能なれど万能ではなく、相手に翻弄されるも頑張って立ち向かいお嬢様を守る話

本筋からダイレクトにエンドに向かう七波エンドはそこそこ楽しめるお嬢様ゲー

お嬢様ゲーなわけなんだけど、七波と主人公の関係性が強固過ぎて他のルートが許せなくなるというか、他ヒロインに行くと当然七波と距離が開くわけだから、主人公の信念はその程度だったのか?とガッカリしてしまう

全体に分けて、お嬢様ルートと庶民ルートに分けられるんだが、まだお嬢様ルートの方は納得できる、ギリギリで
七波は問題ないけど、詩綾はネタキャラでオマケ、

腐女子で主人公ドン引きしてるはずなのに、見た目に惹かれてしまうって話

ネタとしか思えない話、お嬢様として、もしくは七波のライバル的ポジションとして何か他に話はなかったのかと…、どうしてこうしてしまったんだ感がハンパない、

妹の花は設定の補完ってとこかな、七波の本筋でなぜか主人公の話をやらなかったか不思議だったが、わざわざ分けたって印象

ただ全体で見るとお嬢様ルートはまだマシだった


問題は庶民ルート

まず、問題なのが、5人ヒロイン中の2人がアイドルキャラとか、、この設定になった時の萎え度はハンパない
キャラ設定の被りでまず引いた

そんでもって、本筋逸れ過ぎてやる気なくした上に、主人公があっさり七波お嬢様から離れるのが違和感ありすぎて楽しめない、お前の信念は女で変わるのかよ…と

そんでもっと、音羽の若干のやり過ぎツンデレ

エロゲでたまにある、やりすぎてしまったツンデレ

たまにあるんだよねー、ツンとデレの比率間違って作品ブチ壊してしまうやつってさ

音羽の場合はそこまでじゃないけど、青葉りんごの無駄遣いを感じるレベルだったな

せっかくの有栖川みや美ヒロインも作中一番地味なんじゃないかってレベル、もったいない




評価、☆☆☆★

共通は楽しめる

共通からの流れでメインルートの七波も悪くない

他ヒロインは全員オマケレベル

桐谷華と変わり者お嬢様のシンクロが素晴らしい
                                以上



テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


プレイ時間:13時間
(共通:7時間、個別:1~2時間×4ヒロイン) 


以下、感想(ネタバレあり)

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
伏見つかさ
アスキー・メディアワークス (2013-06-07)
売り上げランキング: 15


感想、

読む前にネタバレ見て、桐乃エンドってことでテンション上がった状態で読み始めた

巷ではボロクソに言われているのは知っていたので、てっきり黒猫派が騒いでるんだろうなー、やれやれだぜとか思っていた

しかし、そうではなかったわけだ

内容としては、桐乃が好きだからとサブヒロインをバッタバッタと切り捨てていくわけなんだけど、正直、ラノベで実妹に挑んだ他の作品は知らなかったので、とても期待はしていた

個人的には、桐乃、あやせ、黒猫、は横並びで魅力あるとは思っていたが、一番見たいエンドはと聞かれれば、そのレアさから桐乃エンドだった

しかし、最終巻のテーマにもなっている通り、実妹の落しどころが見つからなかったのが厳しかったかな

一応最後に京介から不意打ちキスして、数パーセントの希望を繋いだけど、結局はハッピーエンドじゃないってことだ

エロゲでいうところのノーマルエンドってとこだわな、他ヒロインを選んだ可能性よりも幸せになれるヴィジョンが見えない

特に、今巻だと、あやせのやり取りとか黒猫のやり取りは、告白をフるところしかなかったわけだけど、そのやり取りは選ばれた桐乃とのものよりよっぽど良かったってことだろうなー

別に気持ち悪さはなかったけど、このノーマルエンドは不完全燃焼過ぎるというか、物語ってのは最高のハッピーエンドで終わってほしいと思っているんで、このエンドはきつい

あやせと付き合ってたら幸せになれたんだろうなー感がハンパないんだけど…

まあ、でも、ハンパな終わりだけど、実妹エンドが「ラノベ」では珍しいからレアでよかったんじゃないのかな?
エロゲーマーじゃなかったらもっと気に入ったのかもしれないが、エロゲなら普通に実妹エンドがあるわけだからちょっとね…

あと、個人的価値観では、エンタメは綺麗さよりも面白さを優先してほしいというところかな

綺麗に終わること自体にはあまり価値はない、それが面白いかどうかが重要、テーマ的であれば上手く纏まってるだけでもいいけど…

ってことで、不満は桐乃エンドってのより、落しどころが気に入らなかったってのが大きい、別にガチを求めるってよりは、もっと作品として足掻きようはなかったのか、と言う不満

まあ、それでも、レアだったからいいのかね…


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌





評価、☆☆☆☆+

面白かった

キャストと設定に惹かれてプレーしたが、予想以上の大作というか、真面目さがハンパなかった

恋姫とかと違ってこれプレイすればマジで忠臣蔵詳しくなってしまうんじゃね?ってレベルの文章量と背景説明だった

清水一学のシナリオなんて真実について弁論してるだけでどんなに文章使ってんだよってレベルというか、清水一学のルートだけは苦痛レベルだった

というか、そもそも、この作品自体がそんな大作だとは思わなかったので、予想外の収穫の作品だった

とくにメインの序盤3ルートはかなり面白かったかね、まあ、構成上ハッピーで終わってないのでルート毎に評価することなんてのはできないけど、主人公が剣道レベルから達人レベルになっていくのも面白かったな

三週目の冒頭で大石内蔵助に勝ってしまうのは涎ものだったなw

最後のもうちょっとご都合さがほしかったけど、概ね王道で終わっていたし、何より面白かった、ヒロインズが記憶を受け継ぐ展開は見たかったな~w

それにクオリティも高かった

絵の量も相当だったし、凄い長いシナリオなのに演出面も全然サボってないし、力の入りようを感じた、しかもこのキャラの量ってすげぇよな

キャストもプレイ理由だったが、その期待に応ええる以上の熱演だったんじゃないかと

いや、そもそも、有栖川みや美と桐谷華とか私好み過ぎてヤバいw

なんにせよ、ボリューム、クオリティ、シナリオと、心技体が揃ったような作品だったww


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

レミニセンス 初回限定版
てぃ~ぐる (2013-05-31)


感想、

まずは、レミニセンスという作品についての感想

正直、共通はかなり面白かった、というより本筋は面白かった

しかし、ここから面白くなる、という段階で個別に入ってヒロインの問題解決に力を注ぎ、終わる。
具体的には、一度敗北して、さらに敵側の陣営が更に強大になり、それでも最後には勝つんだろ?さあここから反撃だ!、というところで道がそれて終わる

マリアのリベンジフラグとか主人公の幻覚についてとか、なんか色々フラグだけ立てて回収してない要素多すぎる

プレイ中はそれでもグランドルートとかトルゥーエンドがあると思っていたもんだから、個別はそれはそれで楽しんだが、グランドルートがないと分かった以上、ただの無駄な話だったという感想になってしまう、というか個別なんてほとんどHシーン重ねただけのようなボリュームだしな…

というか、一番最初の暁の護衛から終末まで三本続いて、結果的に未完でガッカリした記憶が鮮明に思い出された…

また、未完なのか、マジふざけんなよ、という感想さね

せっかく絵が素晴らしくて、キャラも可愛いのに、全てをぶち壊した印象

こんなに後味の悪い作品は久しぶりだ…

どこが記憶を巡るADVなのか、全然巡ってないわ…

衣笠彰梧マジどうにかしろ…

風呂敷広げて全部たためとは言わないが、これはないわ…


次に暁の護衛について

まあ、メインヒロインが海斗の娘のキズナという時点で繋がりがあるのは分かっていたんだが、まさか海斗本人が出てくるとは思わなかった

暁の護衛がガッツリ絡んでくるからプレイ中は分からなかったが、結局はIFストーリーのオマケ程度なので暁の護衛をプレイしてなくてもレミニセンスを楽しめるようにはなっている、あくまでこういう作品と納得することが重要

暁の護衛とレミニセンスを繋げる間の話は無いんだろうな、IFストーリーなんだろうからそこはあまり気にしてなくてよさそうだが、そういうIFの世界がありましたよ、ということ

ただ麗華のCGはいらなかっただろうが…、これやられたらどうしても気になってしまうわ、何があったかも分からないし…

そもそも、最後にオマケでなぜ海斗視点の話を入れたんだよ…、確かに海斗と恋が並ぶのは、不幸があって別れた麗華と海斗を想起させるものだったんだろうけど、あまりに風呂敷畳まないすぎて後味が悪すぎる

暁の護衛との繋がりは、基本的にはIFストーリーってことだが、ハーレムエンド後と繋がっているってころなんだろうな~




評価、☆☆☆☆

正直、共通ルートはかなり面白かった

しかし、その後が全てをぶち壊した

後味が悪すぎる、未完だろこれ…

暁の護衛関連の方はIFストーリー上のオマケということで納得するし、地上の事は住めないってことで納得するが

本筋どうしたよこれ、街の勢力争いも特務官としての話も途中で終わってるし、どうなってんだよこれ、って感じ
俺たちの戦いはこれからだエンドをエロゲでやられるとここまでイラっとするとは思わなかった

なので、FD待望論出るのは予想できそうだが、暁の護衛の方はIFのオマケとして納得するがこれはもう完結していると考えて、やるとしたらレミニセンスの方だと思うけど、どうせ作ったってそれも未完で終わるんだろう?

もうさ、このライターにトモセシュンサクはもったいないよ、それかグランドルート書けるライターと組ませないと話にならないよ

トモセ絵は相変わらず素晴らしかった、可愛いしエロイとか文句ないわ

冷静に見れば、ある意味では一応終わってはいあるけど、後味悪すぎるよ

一応、どういう意図でこの構成にしたのか理解はできたが、それにしたって後味が悪いし、広げた風呂敷の無駄になった部分がもったいなすぎてそりゃ不満も出ますって

これで完結したとしてOKにするにはあまりにライターのオナニーすぎるよ

特に暁の護衛同様、締め以外はとても気にっているだけに、強く思うわけだけど…

つか、改めて終末論を作り直してほしいと思ったわ

キャラはやはり秀逸だわ

とはいえ、このライターは次の作品からも、どんなに体験版部分が面白くても、どうせ最後は…になるんだろ?、という予想をしてしまうよな~


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


プレイ時間:15時間
(プロローグ:3時間、個別:2~3時間×4ルート、オマケH:5分×11枠)

以下、感想(ネタバレあり)

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。