月花の歌姫と魔技の王IV (HJ文庫)
翅田 大介
ホビージャパン (2013-10-31)
売り上げランキング: 287,465


あらすじ
歌姫の舞台の幕が上がり、戦いの火ぶたが切られる!!
「月花の歌姫」として大舞台に立つことになったルーナリア。
その美しさと歌声は人々を魅了し、ライルに涙を流させるが、人と幻想種との戦争を止めることは出来なかった。舞台の幕開けはそのまま惨劇の幕開けとなり、戦いの火蓋が切られる。
その中で下されるライルの大きな決断、そして運命に翻弄されるヒロイン達が選択する、それぞれの道とは?

感想、

もっとヤンデレになったマリーアが見たかった!

今回はそれだけかな

意外にもメインヒロイン以外は告白済みというところだけど、タイトルからはルーナリアがヒロインじゃないのか?的な感じだけど…

なんかレイブンズの10巻読んだ後だけに同じような展開過ぎて笑ったw

主人公の逃げる逃げるw

前回、師匠の遺言?的なのを聞いたライルは自分が師匠の遺産でホムンクルスってことを知るわけですね

そんで自分探しの旅に出るためにフラグをバッキバキに折ろうと死亡偽装して…って話なんだが

今まで戦争するしないの話で動いていたのに、一瞬で終わったなw

ライルの想像通りとはいえ、あっさり過ぎのような…

まあ、正直、まだ期待したいけど、どうなるかね

あまり盛り上げずにこの展開を使って、次の旅編はどう盛り上げるのか…、案外あっさりマーリアと再会しそう…


スポンサーサイト



テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

東京レイヴンズ10  BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)
あざの 耕平
富士見書房 (2013-10-19)
売り上げランキング: 3,202


あらすじ
「ごめんな、夏目。でも、いつか…きっと、また会おう」夏目を蘇らせるため『泰山府君祭』を執り行った春虎。夏目が目を覚ましたとき、その姿はもう何処にもなかった。そして夜は幾度も廻り―舞台は、冬の気配深まる山寺へ。幼い頃に寺に預けられ、下っ端として雑用をこなす少女・秋乃は、新入りの面倒を見るよう命じられる。蛟の生成りだという新入りに、不吉な予感を覚える秋乃。時を同じくして、三人の『十二神将』が来訪し、山寺は俄かに騒がしくなるが…!?大人気陰×陽ファンタジー、それぞれの想いと星の宿命が交錯する、待望の第二部―いよいよ開幕!!

感想、

あらすじとしては、夜光として覚醒した春虎が夏目を生き返らせた一部完のところから続く

土御門の三人が何してるかは知らないが、夏目も三人と行動を共にしているらしい

当主の星読みで春虎の出現を予見しあらかじめ夏目が潜伏してストーキングするという流れから十二神将とか絡んできて…

とりあえず、春虎さんかっけぇってことだけど、まあ、一年の時が流れ各キャラがどうしてるのかってのが今回の内容だったかね

まあ、全てが夜光として覚醒した春虎さんの引き立て役って感じだったな

ただ最強って感じではないらしい

夏目さんはヒロインとして台頭し、不幸属性にアンデット属性とスキーキング属性が復活というキャラの立ち方

鈴鹿はどうやら父親とか相馬タキコと一緒にいるらしい?

京子は学園?天馬は隱形していて、大友センセはなにやら派手に動いているらしい

続きが気になる展開ですなー

今回は二部の掴みのみだが、今まで夏目にはヒロイン的可愛さとかあまり感じなかったけど、今回主人公となって女版夏目が全体に出てきてやっとこさ可愛さが出てきた

今までは、どうも北斗の可愛さがイコールで夏目に繋がらなかったり、京子とか鈴鹿の方が魅力あったりしたけど、やっとこさって感じ

春虎も最強って感じはしないが、天才って呼ばれるだけの能力は受け継いだんだだろうし、大立ち回りを期待したいとこだなー

とりあえず、飛車角を従えている春虎はかっちょ良かった!



テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 555


あらすじ
亜鐘学園実戦部隊VSフランス魔術軍団!!
熾烈なる『組織』対『組織』の総火力戦、勃発!
そして完全覚醒サラティガの真価とは――!?
「貴様が百億なら安いものだ」
ヨーロッパ経済界の大物、ランクSの黒魔――二つの顔をもつ男シャルルから突如スカウトされた諸葉。
もちろん諸葉はすぐに辞退。
だが、シャルルは不可解な執着をみせる。
古えより連なりし本物の魔術結社《太陽の揺籠》のゴーレム使いたちを動員、
諸葉本人ではなく実戦部隊を襲わせたのだ。
追い詰められる少年少女たち。
しかし、限界を超えた死闘は彼らを新たな段階へと導く――。
組織対組織の総火力戦! 謎めくシャルルの真意。
そして完全覚醒サラティガを手にした、諸葉の剣聖技とは?
永遠の絆を刃に変えて、百鬼夜行の魔術師集団に挑む学園ソード&ソーサリィ第6弾!!


感想、

よくある俺tuee系ラノベなのに巻が進む毎に良い感じになっている気がする

掘り下げているものが上手いこと次へ繋がっている印象

毎回のランクSとの騒動もどうだけど、仲間とのやり取りとか、ヒロインの掘り下げとか、バランス良いんじゃないかなー

今回もランクSとの対決だが、その後に今まで雑魚でしかなかった異端者の魔神級が出現して新たなステージへ
ここから来る流れは、人間VS異端者って流れなんだが、今までストライカーにしろ、海外のSランクを散々掘り下げてきただけに、諸刃以外の人間VS異端者って流れは結構燃える展開になるんじゃないかね

ストライカーもかなりキャラが立ってるし、諸刃は今までの感じでいいけど、仲間の熱いところが見れそうだから楽しみだわ

異端者の後ろには更に人間の思惑がありそうだし、というかそいつらも異端者なのかもしれんが

田中太郎がインビジブルなのかもしれんし…

とりあえず、上手いこと話が展開しているような気がする

楽しみな作品かもしれないですね

サツキだけはマジで魅力感じないんだけど、どうにかしてくれ…

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 Area 510, All rights reserved.