上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



感想、

すげぇ短い…
サービスにもなっていなかったような…
良キャラの二人にとってヒロイン昇格は良い話だったけど、なぜに本編でやらなかったのか…、このレベルなら追加できなかったのかと…
話的にも、美鳥は本編ではあまり無かった?ような話だった?いや、それでも似たようなあったか。そもそも本編で美鳥の設定が生かされてなかったからなー、このキャラ自体の必要性が成田様の踏み台だし…

菱吾に関しては作中で一番の良キャラだけに、なぜ本編でないのか理由が分からなかったわけだが、内容としても、成田様VS黒船の格闘戦っていう本編でもあった戦いに横からメイドとして手助けする流れなわけで、結局、流れもやってることもあのルートと似たり寄ったりだったわけで…、目新しさはなかったな

2キャラともエロシーンとか一個づつだし、あまり意味はなかったな

スポンサーサイト
魔法科高校の劣等生 (15) 古都内乱編 (下) (電撃文庫)
佐島勤
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-01-10)
売り上げランキング: 2


あらすじ
『クリムゾン・プリンス』一条将輝と、『四葉の最終兵器』司波達也がついに共闘!
全国高校生魔法学論文コンペティションを間近に控えた九月下旬。四葉家当主・四葉真夜による「横浜から逃亡した周公瑾の捕縛に関する協力依頼」を受け、京都に来た司波兄妹は、九島家を訪れる。
そこで達也たちは深雪と同質の美貌を持つ少年魔法師、九島光宣に出会う。その光宣と共に周の捜索を行うも、手がかりは未だ掴めてはいなかった。
そんな折、七草家のボディガード・名倉の訃報が達也たちのもとへ届く。京都の桂川河畔にて斃れたという名倉の弔い合戦として、周捜索に真由美も参戦、事態は動き出す。
そして、ついに周の潜伏先を突き止めた達也は、とある過去の強敵(ライバル)へと連絡を取るのだった。
『クリムゾン・プリンス』一条将輝、『四葉の最終兵器』司波達也が共闘! 緊迫の古都内乱編、完結!



感想、

前フリは面白かったけど、締めがイマイチだったな

盛り上がるかどうか以前に明らかにページ数が少ないよ…

あっさり終わった感が凄い、というよりもこの作品山とか谷という概念ないんじゃないか

すげぇフラットな印象しか最近残らないんだけど

ラストに盛り上がることがないので、一つ一つの話を見直すと、盛り上がったのどこだよ?という感想、、、ほぼ設定説明の印象しかないよ…

一条が必要だったのかもわからん、達也で十分だったんじゃ…ただ秘密を明かしただけ、にしては全然盛り上がる形にしなかったしなー、そこはある程度盛り上がりが約束できるポイントだったろうに…


基本この作品ラブコメ分少なめだけど、メインサブヒロインの真由美が少しづつ他のサブヒロインとの差別化されてきたのは良い兆候かな

ほのかはどうでもいいんだけど…

ただ、真由美ですら当て馬だしな、ついに近親相姦ネタが作中に出てきたし、どこかで深雪当てはまる展開になるのか、なってほしいけど…


次の四葉継承編はだいぶ前の段階から設定されていたイベントだけに次への期待感はかなりある、やっと話が動くんじゃないかと。

達也もある程度のメドはそこに置いていたみたいだし、深雪にしても影響のある出来事があるんだろうし、そろそろ枠を超えてほしいところだな

四葉の設定も出てきたし、次が勝負だろうな


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。