ほぼ前回の予想通りな話だったなぁw

それでも全然面白かったけどね


相棒としてのニッチとラグのコンビネーションがばらばらすぎるけど、一生懸命さがあっていいなw

あとは、テガミの本当の大切さを自分が体験して理解したことで

ゴーシュの本当の想いに気付けたことと、それによってラグの力が発動したのは熱かった!

tagamibati06-001.jpg

ラグの力の正体も大方の予想通りというか、今までの流れからするとそれしかないしねw

なるほど、面白いのはラグの感受性で感知できる心ってところかな

ラグが成長すれば、普通の人では気付けない小さな想いでも心弾を通して伝えられるって事だろうし


でも、伝わらなくていい想いまでも映像化しちゃう可能性もあるからなぁ

全てを知る事が必ず幸せに繋がるわけじゃないって話も、この手の作品では後々出てくるんだろうな…

tagamibati06-002.jpg

しかし、ラグは不器用だけど結果的に器用にココロを届けてるよな~

ネリの心は勿論のこと、弟のネロにとっても救いになっただろう

弟が姉に伝えられなかったことと、ジギーの想いまでも伝えてしまったわけだし

tagamibati06-003.jpg

一番大事なのは、ラグがそれぞれの人の立場になって考えられる事だな

そして、泣けること

涙もろくて泣き虫なのかもしれないけど、その涙には全部ちゃんとした理由があるし

人の為に泣けないと人間味が感じられないからね


普通にいい話だったよ、ラグも一つ成長したし!


各キャラの思いとか、台詞での説明が丁寧な作品だから深く考えずにキャラに入り込めて

共感できるのがこの作品のいいところかな


個人的にはもう少し視聴者に考えさせる方が好きだけど

わかりやすいからこそ、改めて感じたり考えることもあるしね~主人公が子供だし、これはこれでいい感じ


▲5話

▼7話




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 Area 510, All rights reserved.