上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE
STEINS;GATE
posted with amazlet at 10.09.14
ニトロプラス (2010-08-26)
売り上げランキング: 8


各所で名作、神作と騒がれている作品

手は出しておきたかった作品のPC版



感想、


最近てんでコンシューマゲームをやらない私にとってこのキャストはかなり新鮮w

そうだよなー、一般ゲーだったらアニメ声優使うよな~

宮野とか花澤さんが開始早々に出てきて驚いたw

そんな中で今井さんという割と好きなエロゲ声優がメインっぽい位置にいたことに嬉しさを覚えたのに、プロローグで死んでしまうとは驚いたw

つか、関さんは最高すぎたwwなんだこの声、このキャラwwwスーパーハカーはこの作品で最高のキャラw

しかし、まだそこでは引き込まれない

ニトロ特有の構成の弱さかと思ったが、今井キャラがラボメンに加わったりIBN5100を探し始める辺りから話が動き出して面白くなってきた

電話レンジを完成させながらセルンについて調べて繋がっていくのは面白かった

そこから段々と話に引き込まれるようになった


し か し


しかし、主人公がな~、口の軽さだけはどうにかしてほしいわ…

妄想とか厨二っぽいのは作風として受け入れられるけど、口が軽いのは作品にのめり込むのにブレーキを掛ける…、

ハッキングが罪なのに三秒で忘れてそうな鶏頭

重要なヒントが目の前にあるのにそれを厨二でかき消してしまうのにはかなりイライラした…、進行の阻害にしか思えなくて

重要な会話してるのに厨二で進行阻害するし

通常のゲームなら間に日常が入るけど、このゲームは日常と厨二が両方入るから進行が遅くなってイライラするとこがあった

しかし、情報の整理だけは優秀で良いんだよね

IBN5100についてはそれが顕著。イライラMAXだった…

人を疑うことを知らないのかよ…

どうりであっさり手に入れたはずだわ、めんどくせぇ

しかも、軽いんだよね全てにおいて

厨二なのがダメなんじゃなくて適当なのがダメなんだよね

軽率すぎるだろ…、特にフェリスのメールについてはありえないじゃんか…

実験実験言ってるのになんに考察もしてないし…、基本驚いてるだけじゃん…

主人公への罵倒とイライラがひたすら溜まる、結局は主人公の自業自得な話だし

しかも、自業自得を認識しない主人公に更にイライラするんだよね

不幸を招くのはタイムマシンを作ったことではなく、主人公の軽率な行動のせいなんぢゃおね

なんでまゆりしか目に入らないんだろうか

萌都のやり取りもアホすぎてなんでこんなに幼稚なんだよとイライラする

6章は何の楽しみもないループ話だわ、主人公のアホさはどうにかしてほしい



し か し 、

紅莉栖が手を差し伸べてからは良かった

ちゃんと考えてから動くことを覚えたしなw

つか、10年前の鈴羽のからの手紙は最高だな!

この人生が無意味だったと悲痛に語るこの手紙は最高すぎるw


鈴羽END
それでまた問題発生、そんでまた仲間に相談しないのかよ…

こいつが自分で決め付けてウジウジ行動する→仲間に手を差し伸べてもらう、の無限ループじゃん…

エピローグないなんてありえない…

なんでこのエンド作ったんだか…

陵辱イベントもほのめかしてるだけだしなwww


フェイリスEND

やっぱエロシーンが…

これって18禁として出せるのでは…?

鈴羽ENDよりはマシだったけど、どう見てもオマケEND…


ルカ子

ルカ子の男の娘っぷりはヤバいww

可愛いすぎるしww

そして、クリスティーナも地味に存在感を見せてきたw

ツンデレのヤキモチはエクスカリバーすぎるなww

にしてもルカ子エンドはマユシィが死んでしまうという他のエンドとは違ったテイストなのが良いのか悪いのか…

共犯者になってるしな~

っていうか、これって主人公がヘコタレENDじゃん…

まだ何かやりようあったけど、もう主人公が我慢できないってことなんだろうに

自分の責任も取らないのかよ…、マユシィが可哀想すぎる…

このルートもエピローグがほしいとこだな~

絵だけじゃあな~


紅莉栖END

ちょっと状況を聞いただけで殺してでも携帯を奪い取るという選択を選べる紅莉栖は良いね、主人公とも対比されたかなり良く見える、惚れるw

いや、Dメールの内容画拐帯についてじゃなくIBN5100のことだってメール送ったときに気づくだろ…、な

んでこのことに関してだけ主人公の頭の巡りが悪くなってんだ?

綯はキャラ的になかなか良いね、甘い主人公を長時間見ててイライラしてるとろこでやるべき選択をできる綯は良いね、しかしわざわざ15年後とヒントくれてるのにスルーする主人公はアホなの?

なんで壁にぶち当たるごとに一人でウジウジするんだろうね、かなりイライラすんだよね

それで解決したことないのになんで誰にも相談しないんだか…

紅莉栖は可愛いな~、単純に紅莉栖かまゆりかの選択だったら好きな方の選択もできるが、紅莉栖だと最悪な未来的な感じだしな~

エロシーンカット的な演出ww

やはり必要だよなwww

つか、紅莉栖ENDは悲しすぎる~、あの分かれ方ってw



True END
鈴羽が現れた時はモノにバックトゥーザフューチャーなんで少し興奮したけど、紅莉栖の死に方は予想通りすぎて失笑してしまったw

どこまでも哀れな主人公だわw

つか、イントロパートで予想がつく流れだしなww


しかし、見所はその後…、ループモノの王道展開、別次元の主人公みんなで最高の幸せを目指す流れ、
王道だが、それが良い!燃える!


厨二が良いと思えたのも始めてかもw

バタフライエフェクトは面白かったかな~、巡りめぐって的なのが

苦労して日常を勝ち取ったんだからもっと蛇足を見せてほしかったな~







評価、☆☆☆☆

うーん、普通だった…

なんでこの作品が巷ではあんなに評価高いんだか理解できない…

製作側が工作してるわけじゃないよな?

いや、ボリュームはあるんでその分作品への引き込みはあるし、話としてもデキは良かった、トータル的によくまとまっててそれなりに楽しめたっちゃ楽しめたんだけど…、なので☆4くらいかなーと

おもしれぇー、みたいな興奮するような展開もなかったし、迷走するわりにスカっとするところもなかったしな~、苦労して得られた結果もたいして見れなかったし…

キャラは、スーパーハカーのダルは最高だったw

関さんが最高だったなw

あと、いつもの今井さんでヒロインとしてはかなり良かった

主人公は、厨二なのはかなりハマっててよかったんだけど、軽率さと学習能力のないアホさと一人で閉じこもるウジウジさが終始物語に入り込むのを阻害したのが大きなマイナスかと

面白さ的には、カオスヘッドはプレイしてないけど、アニメのカオスヘッド見た後に原作はこのくらいかなーと思った面白さが、そのままこの作品の面白さレベルだったかな~

まあ、演出とシステムは良かったかな~、攻略するのがめんどくさかったけど…

完成度は高い作品かなー、音楽、演出、システム、絵、とか面白さには直結しない部分のクオリティは高かったかな~

アニメ化してもそこまでイケるとは思わないな…


追記
批判ばかりはアレなんでもうちょっと書いておく
普通だった、とかいたが普通くらいには面白かったという意味なんですよね

ポイントポイントでは面白かった箇所はあった
例えば、
1.・タイムリープマシンを開発したり、組織のことがわかっていくところ
2.・まゆりが殺されて最初にタイムリープするまでの一連のイベント
3・鈴羽の正体が分かったところ
4・主人公がクリスに頼るところ

1はこの作品中で一番面白かったところ。しかし、普通に見てて読んでる側が行き着く答えに、主人公の中二発言でお茶を濁してカジェットの考察タイムが強制終了して答えに行き着かずに終わってしまうところがイラっとした
これは個人的には作り手の都合で主人公が賢くなったりアホになったりしてるようで嫌だった、主人公の優先順位や行動の判断基準がコロコロ変わって、閃きの天才といえば聞こえはいいが、作り手が持っていきたい方向に進ませるために主人公の行動理念がコロコロ変わっているように思えた
そして、そのせいでドツボには嵌っていくものだから特に…
この1もそうだけど、2,3,4、はプレイヤーが引き込まれるポイントだったのに、それだけで終わってしまった感じかな
これらのイベントで「お!」って面白くなりそうな片鱗を感じるのにその勢いが数十クリック後には霧散して勢いが消されてしまったので盛り上がらず引き込まれずの畳みかけが甘い状態が何箇所もあった
というか、それの繰り返しだった、理論とかどうでもいいから勢いだけでもっていく箇所とか怒涛の展開とかが欲しかったね

そして、なによりこの作品でガッカリしたのは、結局、一番ありきたりな平行世界ものの解答と過程を用意してきたところ
中盤まで勢いを殺して一つ一つ積み上げていっって、溜め込んだものをラストでドカンとくる構成だったので、肝のラストが個人的にスカってしまったのは大きかった
平行世界モノの話ってハーレム系の話を作るのに都合の良い設定らしく、この作品も例に漏れずの解答を用意してきて愕然とした
平行世界モノってエロゲではもうかなりの数があって、それらと比べてもこの作品の核が優れていたとはとても思えない
世界を騙す、という流れも、予言のミスリードは洋画ではかなりあるものなので特に優れているとは思えなかった
最後の展開は、どっかで見たことあるような話の繋ぎ合わせになってしまったのが、この作品に一番ガッカリしたところだろ、小さく纏まってしまった印象、なので楽しめたしクオリティは低くないので☆4ってことで

キャラはそこそこ良かったw
中の人も結構な人が揃っていたし
ダルとか関さん最高だし、今井さんツンデレのクリスはいつも通りの魅力を発揮してたし、主人公は中二モードのときのギアスのルルーシュっぽくて(進行の阻害はイラっとするが)、宮野さんのファンになったくらい良かったw



過去関連、



NitroPlus
スマガ ☆☆☆☆
スマガスペシャル ☆☆☆★
装甲悪鬼村正 ☆☆☆☆★
装甲悪鬼村正 邪念編 ☆☆☆★

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム



岡部が口軽いとかはそれだけ善人の裏返しって証左ではないかなと。善人は基本的に口軽いですから。考えてないとかはむしろリアルに感じましたけどね。
よく何でもかんでもお見通しみたいな完璧主人公がアニメには出てきますが、ああいうのはキャラとしては好きですがリアリティあるかと言われたら全く無いんですよね。
特にこういう「現実感」とのバランスを重視してる作品にはその手のすーぱーちーと主人公()は逆に作品の説得力を減少させるマイナス要因になりかねないので岡部が多少考えなしなところを持ってるのは自分的に好印象でした。
(ダルはハッキング技術だけみればチートなんですが見た目が思いっきりアレなのでそこでプラマイゼロに緩和されてるのもよく考えられてると思います)
そもそもマニアックスの製作者インタビュー見る限りこのお話は岡部倫太郎の頑張り成長物語らしいので最初に考えなしなところを見せてどんどん成長していったあたり制作側は分かっててああいう性格にしたんだと思います。その点はこの作品を語る上では短所どころかむしろ長所だと思いますけどね。自分は。

そもそも最初から何でもかんでも最強無敵なアカギタイプのスーパー主人公だったらここまでの人気はありえなかったんじゃないかなと。厨二病という鎧で自身を覆い隠さないと素では勝負出来ないHETAREなカイジタイプの成長型主人公だったからこそここまでの人気を得たんだと思います。
前者じゃないから駄作ってのは単に価値観の違いなだけじゃないかと。後者は後者で面白いと思います。

【2011/04/09 19:53】 URL | ジンガ #.IoDzD1M[ 編集]
すいません。もう一つ。

>そして、なによりこの作品でガッカリしたのは、結局、一番ありきたりな平行世界ものの解答と過程を用意してきたところ

そうですかね?自分はここまで整合性を取りながらカタルシス溢れるハッピーエンドに持っていった作品を他に知りませんが。大抵こういう作品ってバッドエンドに逃げるんですが(元ネタの一つであろうバタフライエフェクトもヒロインとの別離という陳腐なバッドエンドに逃げていました)
そこを逃げずにハッピーエンドに持っていったのは評価するに値する点だと思いますよ。王道から逃げてないんですよこれ。今話題のワンピースに通じる王道の魅力がこれでもかと詰まった傑作だと思います。
内容はベタで斬新さはそれほど無いかもしれませんが
無難な鬱ENDに逃げずハッピーに持っていき尚且つシナリオを破綻無く組み上げた点こそ最も評価されるべき点ではないかなと思います。
【2011/04/09 20:10】 URL | ジンガ #.IoDzD1M[ 編集]
う~ん、他のコメでも言われたんですが、別に主人公が嫌いなわけじゃないんですよね…

むしろ好きなんですよw

たぶん、プレーしながら感想書いてるんで、序盤に不満が集まってしまったってだけなんですよね
というか、ツッコミながらも書いてたりするんでその辺りかもしれませんね~

ただ、主人公の中二は好きだけど、それ以上に私はこの作品のシナリオではタイムリープマシンを開発したり、組織について考察してどんどん真相に近づいていく所が一番好きだったんですよ、むしろ終盤より序盤のが好きだったんです

なので、中二は好きだけど、そのモードが考察中に入ることにより考察が阻害されてるような箇所がどうも個人的にいくつも引っかかってしまった不満が序盤の、つまりはこの感想の序盤に集まってしまったわけです

私が不満に思ったのは、むしろ主人公とはまったく関係ないところで、最後が一番ありきたりになってしまったところなんですよね、キャラではなく、シナリオ部分なんですよね

私は、面白ければどんな粗があっってもOKというタイプなので…
単純に全体を通してそんなに面白いと感じられなかったのが一番の原因ですかね

まあ、感想ですからw
【2011/04/09 20:17】 URL | GTSS #I1ptXuSI[ 編集]
あ、追記きてたんですねw

まず、ありきたりだじゃない=欝エンドって考えではないということを言っておきたいです、私はむしろ欝エンドは苦手です、ご都合でもいいのでハッピーが見たい人間です

上の感想を見てもらえればわかると思うのですが、プレイ当時「王道だがそれがいい!燃える」とも書いているもの見てもらえればわかると思うんですが、王道も好きです
そして、私はワンピースはそこまで王道の王道ではないと思うんですよね…、人気があるのは物語に燃えるとか泣ける(特に泣けるだと思いますが)が王道バトル系なのに多いことだと思うんですよね、王道なだけでは人気出ないと思いますし、普段漫画を読まない人にも受け入れられてるのはその辺りが理由かと思います

何が言いたいかというと、王道の程度の問題ですかね
ハッピーにしつつこの作品なりの色を見せてほしかったのが希望ですかね、終盤は特にそのまま予定調和かのように展開してしまったのが不満だったんですよね


まあ、ですが、ゲームをプレーする人間として、この作品のどこに人気があったのが純粋に疑問に思っていたところはあったので、勉強になりましたw

長々とコメントありがとうございましたw
【2011/04/09 21:48】 URL | GTSS #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。