花物語 (講談社BOX)
花物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 11.05.03
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 70


感想、

いきなり一年後で神原一人ってどういうこと?って思ったが、エピローグ的位置づけでもあるのかな?

おそらくこの先に続く話は高校生の話に戻って、塾が焼けた話と卒業式の話をやるんだろうな~

神原の成長を描きつつなのでこのタイミング的には良いんだけど、

クライマックスやエンエディングよりもエピローグを先にやるのは珍しかったな

まあ、残りがあと三冊ってことを考えると、大学生編がもう一作あってもおかしくないんで、あるのかもしれないけど…

ひたぎの話は卒業式で、しかもヒーローになってしまうような話なのだろうか?

つか、暦のシスコンが加速しいるフラグも回収していけるのだろうか?ww

先に結果見せてから過程を楽しみにする作品ってもの珍しいよな

ともかく、暦と火憐のイベントはこの先も見逃せないww


なんにせよ、好きな作品の続編なので楽しめたのは間違いないのだけれど、いつもの会話が楽しかったりはしない

終始シリアスで進むし、今回の主人公である神原も変態モードではなく、普通にシリアスなんでいつもの面白さとは類の違うものではあった

しかし、にしても妹と暦が軽く出演したくらいで、いつものキャラが全然出番ないから、なんだかな~って感じはする

つか、撫子とかマジで出番少ないよなw

なぜこの道を作者が選んだのかは知らないが、まあ好きな作品の続編は読めるだけでOKってのがあるから問題ない

神原の物語のエピローグにして、時系列的には物語シリーズのエピローグ(補完)も見れる話だったのではないだろうか…(この先に大学の話がないならね)



テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 Area 510, All rights reserved.