上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終話) 「あの夏に咲く花」3

なんだんだこいつら、次から次へとww

なんだこの大暴露大会は、、、もっと前フリなかったのかww

つか、ポッポの十字架が一番ヘビィーな件…

人が死ぬとこ見るのは嫌だよな…

アナル、毛、増える、、、、

これは狙っていってるよなwww


じんたんを泣かせる話、、

うわ、めっちゃエロゲっぽいwww

涙を流させる為の話とか、今までいくつもあったよな…

泣いたことによってメンマが見えなくなるのね


お別れからの流れは、分かっていたこととはいえ感動した


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終話) 「あの夏に咲く花」2

「もうーいーかーい!」

ここにきて、入野自由の叫ぶ演技連発でカッコ良かったぜ!ww

それとは別に、特に良かったのは、隠れんぼのくだり、これはホントあって良かった

正直、もうーいーかい。とジンタンが叫ぶまで、足りないと思ってたしな

にしても、かなり真っ直ぐな展開だよな

話の全ての集約をラストだけにもってきたのに、まさかなんの捻りもなくまっすぐにもってくるとは思わなかった

それがいい、ともいえるが、正直、もっとパンチがほしかった

これでは、感動はするが、泣けないな~



うん、終わり良かったし、面白かったよ?w

しかし、シュタゲも思ったんだが、ラスト勝負構成なのに、やはり何かで、映画なりゲームなりで、どっかで見たような展開そのまんまなんだよな~

この作品でそれと一線(独自性)があったのは隠れんぼのくだりだとは思うんだがね

この作品の設定的にはどうしてもエロゲと比べてしまうが、やっぱりこの手のジャンルはエロゲの切磋琢磨度が高いってことかね~、情報量も違うしな、アクション系はアニメのがダントツだがね

アニメとゲームでは違うとも思うが、エンタメ度的には比べてしまうよな

まあ、最後のパンチが足りなくてイマイチ泣けはしなかったが、これはこれで楽しめたことは間違いないな、やっぱりこの手の話は良いよな~、見終わった後に感慨深くなる

前にも言ったことだが、もっと泣かせる為にえげつない演出なり展開なりでも良かったとは思うんだが、これはこういう話なんだろうな、
泣かせるポイントがライトなのもこの作品らしいって思える終わり方だったわ

まあ、ゆきあつ先生アニメって印象は拭えないが…



悲しさの涙と感動の涙を1話で同時にやっちゃったのがね~
あと1話あればまた違ったんだろうけど、keyだったらもっと丁寧に積み重ねた上でじわじわ泣かせるからなぁw
やっぱこういう系の話だと比べてしまうね…

まぁ、もはや最近のアニメがどこかで見たような話ばかりだから設定とか見せ方が重要なんだけどさ
主人公しか見えない幽霊ってのはアニメだとわかりやすくて良かったかな

面白かったけど、ここまで話題になったのはやっぱ、ゆきあつのお陰かなとw
【2011/06/28 01:54】 URL | TA-CHI #-[ 編集]
うん、王道とかでもでも独自の使い方をすれば良いってことよね

王道をそのまま出すだけではNGなわけだよね、どれだけ内容が良くあるものだったとしても、別の良くあるものと差別化するか、そこが問題だよね

まあ、そこそこの面白さ、ゆきあつさんの印象って作品かな
【2011/06/28 21:20】 URL | GTSS #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。