Hyper→Highspeed→Genius 通常版
ういんどみる (2011-07-15)


感想、

これは面白い!w

ブランドの過去作と比べても一番面白いわ!

冒頭から他の作品との違いは感じた

テキストが読みやすい、スルスル入ってくる

そして、妹が可愛い、いきなり惹かれる

というか、妹というよりギアスのCCww

そして、なにより、

「だったら俺は、反逆者になろう」

マジルルーシュっぽくて面白くなってきた瞬間であった!w

つか、主人公の能力がwww

そして、ポージングがwww

「いいだろう、契約するぞ」

いいぞ、もっとやれw、状態だったww

もう明らかに狙ってるだろこれww

ってな感じで、この時点で最初の引き込みとして、かなり良かったw

いや、だって引き込まれたからな!w

かなり良いフックな冒頭だったわw

堂々と過去に戻るとか選択できるのが凄い

しかも、雰囲気に似合わず、一応なバッドな展開も用意された上でだからな~


不満点を織り交ぜて書くと、、、

今までのこのブランドらしく、内輪だけで話が完結してしまうのが非常に残念

敵とか倒すべきものとか無く、なんだかんだで内輪モメだったって話、これははぴねす辺りから全部そうだよな~

確かに、各要素とか設定が恥ずかしいくらいのほんわかネーミングが意図してる通り、重くならない作風で作りたいんだろうけど、どうも内輪だけだと発展性がないな…

というか、ラストの盛り上がりがない…、その上、キャラが可愛いのにイチャイチャが少ないとか、エピローグがぶつ切りのように突然収束するってもの理由かもしれないけどな…

つか、個別より共通のが先が気になって引き込まれた分面白かった気がするんですよね…

光理以外のヒロインだと、ルート入った瞬間に収束するもんだからなんとも…、サービス以外の必要性を感じないんですよね…

まあ、魅力的なサブが多い作品なので、エンドがあったのはサービス満点で良かったんだけどね

主人公が良かった、がかなりギリギリなラインだよな…、参謀なのにまったく参謀として活躍しないという…

まあ、エロゲで参謀型主人公ってほとんど活躍しない、立場だけのなんちゃってってのが9割ってのが相場なんだよね

主人公の頭が切れすぎると話が三時間くらいで終わってしまうからなんだろうけど、設定上は切れ者なので意図的に鈍らされてるのが透けて見えると萎えるんですよね

しかし、この作品でこの役に立たない参謀主人公が許容できたのは一重に、ギアスのルルーシュの盛大なパクリキャラっぽく見えたからですよね

なぜなら、ルルーシュはヘタレでこそルルーシュだからである!、なのでそのパクリっぽい主人公をなんだかんで許容できたんですよねwwww

にしても、やはりエロゲは平行世界とタイムスリップが多いね…、まあ、適してるんだろうけど


一番思ったことは、福圓美里さんをこれからも応援していきたいと思った!ww

上手さはなかったが、エロゲで色々な魅力が見れるから全然良いよ!ww

光理も可愛かったし文句ねぇぜ!ww

頑張ってほしいわ~w


「ビームサーベルキック!!」「キックじゃない!」

マジでこれゾンwww




評価、☆☆☆☆+

これは、面白かったw

エンターテイメント度が高い作品かとw

物語が深いとかそういうことではなく、単に楽しい作品だと思う

特に、冒頭への物語の引き込みと、最初に、記憶継続のリスタート設定を明かしていたのでその部分で先が気になってプレイできた

もう数クリック目からテキストが苦もなく入ってくるくらいテキストが読みやすかったってのはあるな

なので、共通ルートと、個別に入るまでのルートはかなり楽しめた

そこまでの評価なら、今年一くらいの評価だったんだけど…

どうも、個別に入ると失速というか、突然物語の収束になってしまうんですよね(光理以外)

実にもったいない…、真ルートの光理ルートも、クライマックスの盛り上がりにあと一つくらいインパクトがほしかった、盛り上がりが足りなかったかと

そして、せっかくヒットなヒロインである光理なのに恋愛イベントが少なすぎる…

あと、全ルートに言えることだが、エピローグがおざなり過ぎる…、もっとボリューム使わないと…

まあ、十分面白かったんだけどね、だからこそもっと欲しかったと惜しく思ってしまうわけですよねww

楽しめましたw



過去関連、




ういんどみるOasis
はぴねす!りらっくす ☆☆☆★
祝福のカンパネラ -la campanella della benedizione- ☆☆☆★

ういんどみる
ツナガル★バングル ☆☆★
はぴねす! ☆☆☆☆
色に出でにけり わが恋は ☆☆☆

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 Area 510, All rights reserved.