上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠の海 -midori no umi-
翠の海 -midori no umi-
posted with amazlet at 11.11.09
Cabbit (2011-10-28)



感想

評価、☆☆☆★

結構面白かった

序盤はサスペンスで、先が気になる展開

舞台と設定と雰囲気はそう悪くないかな

なので物語への引き込みは結構ある、序盤はかなり先が気になった

なのに中盤で謎が分かってしまうというww

焦らしが無い分、ストレスは溜まらないけど、後半部分が前半で引っ張り込まれた分だけの楽しみは無かったな

後半での隠しだまなりお楽しみなファクターがなかったのはもったいなかったな~、あらゆる方面でのパンチが足りないな

過去回想であったり、そこからの反骨と乗り越える心情模写であったり、悪意とか希望への決意とか、もっとガツンと心に響くような展開にはできたと思うんだけど、サラっと話が流れてしまったので、最後は平穏に終わってしまった

理不尽なENDが続いた分、それを吹き飛ばすような爽快感もちょっとはほしかったかな~、つっても敵がいないからしょうがないと言えばしょうがないんだけどな

あと、キャラ模写が不足してたんだろうな~、子供達とか良い素材なんだからもっと色々できたんじゃないかな~って思ってしまう

ただ双子の話はなかなか面白かったな、双子は作中で一番の良キャラかと、話的にも悪くなかったかと
見た目的には知紗が良かったんだけどなw

つか、主人公とか、父親は病んでる妻を取って主人公は見捨てたってことなのか?救世主とか呼ばれてるけど、普通に金持ち人種だったのがちょっと驚き

一瞬だけ、車輪みたいにみんな成長して目の前に立ちはだかる壁と戦うのかとも思ったんだけどな、自分との戦い的な話だったね

処女作だから、と考えれば悪くはないのかもしれん…

ただ処女作がもっと素晴らしいブランドでも後が続かなかったブランドは山のようにあるので、なんとも言えないのがこの業界かね…


テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。