上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない7 (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー (2011-09-21)
売り上げランキング: 361


感想、

読んだ理由アニメ最終話の夜空が可愛かったから…

いや、まさかこの原作を読むことになるとは思わなかった…

アニメ始まってからずっと、は?なんでこんなのが人気あるんだ?とずっと思っていました、原作読むことなんてないだろうと…

しかし、だね、あの夜空は良かったよ、可愛かったよ

中の人とか好きじゃないのに可愛かったよ、髪切ってからが本気なんですね!w

まあ、話的には最近良くあるラノベの感じ、だけど、主人公の鈍感さに意味があるのは結構良かったかな?

7巻の最後で、はぁ?、と聞こえない演出で終わったのとか嫌いじゃない

最近の主人公、というか、ラノベの主人公って、人間的にに壊れてるんじゃね?ってレベルで鈍感な奴が多いから、まだ、関係を壊したり踏み出すのが怖いって合理的理由があるだけ納得できる、無いよりは、って感じだけど

理科とか、聡明な視点をチラチラ見せるのとかは結構良かったかな、あと冷たく袖にされる度にのブチキレツッコミが笑えるよな、福圓ボイスでぜひ聞きたいわw

星奈はとりあえずビジュアルがエロすww
キャラ的にはどうだろ…?

小鳩はアニメのが鬼可愛いからな~

幸村は可愛すぎてもっと出番を与えればメインでもいいレベルw

まあ、テキストとかスッカスカだし、内容も超超今時の有象無象のラノベっぽいけど、キャラ悪くないし、他と線引きするところが無いわけじゃないので、結構楽しめたかな~

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。