上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



intoroは今回のプレーに辺り、再プレーしたため、感想はそちら参照

ただ、イントロを攻略終わった後に再プレイすると追加シーンがあるでかなり楽しめる

千晶の台詞あったり、かずさ視点の決定的なシーンが見れたりする

なにより、イントロは先がわからない段階よりも、最後の結果が分かってからやった方が安心して楽しめる気がする

感想、(プレイしながらの書き殴り感想、校正なし)


そもそも三角関係は丸戸さんには合っている

丸戸さんといえば、表にメインヒロインがいて、過去に関係があった真ヒロインがいる場合が多い

ラブコメ作品では選ばれなかった方はあっさり身を引くが、hermitでは修羅場を楽しんだ記憶がある

メイン○学生のトコと離婚した元妻の修羅場なんて歴史に残る名シーンだもんな、ラブコメでまったく心抉らずにエンタメであれやるんだから凄いよね

ラブコメで片方があっさり身を引いてしまう展開より、修羅場スキーな私としては、やり合った方が面白いなとは思っていた

Closing chapter

introを発売当時にプレイした時は絵が微妙とか思ってたけど、CCプレイし始めたら普通に良い絵じゃんと思った
というか、むしろ萌えとかじゃなかったし良かったよ

いきなり立ち絵ありの矢田ちゃんを冷静にフったから、お、成長したのか?と思った

が、まさか、それも泥沼の始まりとは思わなかったw

雪菜と主人公のすれ違いはすげぇわw

どこか丸戸さんらしい鮮やかさと心情が含まれていて引き込まれるわ

主人公もウジウジのクズだけど、合理的に説明してるから、ならしょうがないのかな?くらいには思える流れになっている、そのバランス感覚は絶妙

まあ、それでも、悲劇のヒロインぶってる主人公が許容できない人は駄目だけどw

でも、雪菜が可愛いだけに、というか良い子だけにそれを苦しめているのが許せないわな

男ならつまらない拘りなんてとか思ってしまうけど、そこに拘るのが男だしな~w


冬馬との過去の関係がサブヒロインにバレる展開は良いね~w

ここはグっときたわw

編集社のメンバーが丸戸さんっぽくていいわw

この会話のテンポとキャラが丸戸さんっぽいわ

この雪菜とのかみ合わなさは絶妙だよな、かなり心が抉られるww

それでも面白いわけだけど、丸戸さんは今までそれをラブコメでやってたけど、シリアスでやると凄いなw



小春
正直、雪菜とかずさ以外とのエンドなんてどうせ良くある微妙に釈然としない終わりなんだろ?って思ってたんだけど、これがどうして、小春が可愛いし良い娘なんだなこれが

小春に惚れるのはしょうがないわ、どん底な状況でこれだけ可愛く優しくされればそりゃ惚れるってw

しかも、相手は可愛い設定とはいえ自分と同じ立場の背伸びせずに付き合える相手だしな

とはいえ、なんのケリも付ける前に別の方との仲を進めてしまうのが最低すぎるよ…

面白い…、面白いのにヘコむよー、個別ルートはヘコむよー、だけど面白いよー

小春との仲がどんどん進むのに、小春の状況も悪化して、雪菜を切り捨てるのも簡単じゃなくて…、状況が難しいのはそうだけど、せめてどっちかは男らしさでちゃんとしろよって思ってしまうよなー、面白いんだけど

嘘で塗り固められていく個別終盤の主人公はクズになっていくんだが、それでもなぜか嫌悪感をあまり感じないんだよな~、

さすがのバランス感覚ってことなのだろうか?

雪菜が小春に会いに来るのは驚きだった、マジ良い娘やで

同窓会が良い思い出になってるのとカラオケ歌えてるのが悲しいよな、これで雪菜も普通にどこかで幸せになるんだなーって感じだった、過去を乗り越えられることを知ったからだろう

この同窓会がクリスマス前だったら主人公と雪菜のエンド以外はありえなかったんだろうけどな

っていうか、どんなに小春が可愛くても、ここまで凄い雪菜を見てしまうと、正直、雪菜以外はありえないだろうと思ってしまうな、結局そう思ってしまうわ

春希だけには雪菜の傷は専門外ってのが悲しすぎるわw



麻理

なんか丸戸さんらしいキャラだよなw

仕事はできるキャリアウーマンなのに私生活へっぽことか、なんかすげぇありそうな感じだわwwもちろん良い意味で

淺川さんさすがやでww

にしても、このルートの主人公はヘタレが過ぎるな~、小春ルート先やったからその違いに驚きだ

年上のお姉さんに縋ってるだけじゃねぇの

いくらなんでも情けなすぎるだろ、

それでも打ち明けようと心に決めたのに、雪菜の逃げること逃げること

このメールのやり取りは素晴らしいな、何度冷や汗をかいたかww

まあ、麻理には電話できるのに雪菜にはできない、それが全てなんだろうが、前作の公衆電話時代からかなりの進歩したけど、このメールのやり取りはいいな

そして、会う決意をした雪菜の爆弾、三年前のクリスマスは家で一人だったの宣言をしだしたのは戦慄だった、しかも確信犯w
その後の麻理とのすれ違いもさすが、主人公のせいではない時とそうでない時のバランスが絶妙だわ

それにしても、雪菜との別れは雪菜エンドへの切望感を加速させるなw

それでも、麻理エンドはかなりハッピーエンドじゃねぇかww

文句なしじゃんw



千晶

どうでもいいが、鬼の話ってうたわれとかじゃないよな?細かくは忘れたが…

一回目ルートは普通に心癒されるサンタさん的な都合のよい可愛さがあったけど、二回目はその都合のよさの理由があって良かったな

序盤放送で伏線張ってたのも良かったな

というか、普通に可愛かったし、かずさとかにも負けないなかったような気がするな、立場的に、才能とか目的とか色々あった上で、演技だったはずなのにってのはやはり面白いよな

流れは王道なのに中身がまったく王道じゃねぇ、なんだこの心情模写は、すげぇよww

そもそも、詐欺師的な性格なのに可愛いとか、丸戸さんはこんな個性的なキャラよく作れるな、脱帽だわw

付属時代の三角関係の裏のからのヒロインの話は良かったな

サブヒロインでこんな力入れてくるとは思わなかった

サブの中ではメインヒロインだわな

主人公の心情と行動が合ってない感じだったけど、好きだからってことなんだろう

妊娠までいってしまうのがめっちゃホワイトアルバムっぽいな!いいな!w

これはかなり丸戸さんっぽくないシナリオだったな、舞台のとこまでの流れはかなりいいわ、千晶の価値観とか感情の揺らぎや明かされ方が教科書通りをなぞらなかったのが大きい気がするわ

このルートは凄かったな、千晶と春希のやり取りは凄かった、着地点とか決着の付け方が凄かったわ~、千晶の方も雪菜の方も

CGもイントロやった時はイマイチって思ってたけど、千晶のCGは表情とかすげぇよかった、エンド後の余韻をすげぇ感じた



Cada

新年の雪菜への告白は感動した

雪菜の涙にはこっちも貰い泣きしてしまうレベルだった、良かったね~と微笑ましかった

おそらく幸せな感動イベント名シーンとしてはここがNo.1じゃないかな?

そこからその冬の終わりは、雪菜が幸せになって良かったね~って話、だったのに…

なさか、ここからまた二年後の冬に続くとは…

この章が始まった瞬間にこの作品が名作であることは確信した

ここまで丁寧に三つの章を描ききった作品を私は知らない

確かに力の入れようはハンパないわ

この期に及んであっさり嘘をつくクズ主人公っぷりがヤバいな、まあ、かずさを気にしている証拠だけどな

選択肢を選ぶのがいちいち怖い、ある意味ホラーだよな、この期に及んで泥沼に突っ込む選択肢を選ばなければならないなんて
それでも、徐々に昔を取り戻していくかずさは可愛いな~、さすが生天目さんだわw

そして、雪菜はルーツ歌うかよww

いや、雪菜アフターが見れてるのはいいが、さすがにここからかずさエンドは酷すぎるわw

攻略済みだとシーン追加ありますね

かずさ視点の話があるんで見ておくべきでしょうね、少なくとも空港で春希を見かけたかずさが追いかけるところは見るべきかと、かずさが日本に来てからは雪菜視点での追加がありますねw



かずさ

BAD

かずさのあまえっぷりは可愛いけどこれは…、という感じでかなり胸が痛い上に主人公のクズっぷりがやばい、全ルート通してもダントツだな、さすがラスボス…

雪菜はよくこんな男を信用できるなwww

仕事の予定までかずさの為に狂わせるのはディスプレイ殴りそうになるほどイラっとしたけどなw

こいつマジクズやで~、この逃避行の背徳感と破滅感とクソっぷりは前作にも負けてないよ、さすがだな丸戸さん、ここまで再現してきたか

話は千晶編と類似するものがあったけど、そこからさらに落ちてきたな

雪菜の五年間酷すぎるだろってめちゃめちゃ可哀想なレベルだわ

その上さらに雪菜に看病させるかずさバッドエンドはクズ中のクズもいいとこだけど、それでも寄り添ってくれる雪菜は天使で、バッドでも雪菜エンドで良かったと思ってしまう


True

かずさの母親の白血病が後押しかよ、丸戸さんはやはり主人公のクズ具合をバランスコントロールしてる気がするわ、あまりクズになり過ぎないようにしてる気がする、バットエンドは除いて

やっぱりかずさが好きだった、て流れか、この期に及んでも

他に変な理由を付けないのはいいけど、さすがにこれで雪菜を選ばべないってのは厳しいよな~、正直、ディスプレイ殴った、くらい主人公にイラっとしたww

春希が雪菜を理解してないってことなんだろうね、というか雪菜が春希の前では天使過ぎるからかずさは自分がいないと駄目だけど雪菜は自分がいなくても大丈夫だと思っているんだろう

プロポーズして二週間後で別れを切り出した時の雪菜の「やめてぇぇぇー」の叫びはトラウマものだわ

このルートのメインはかずさとの恋愛じゃないな

かずさを選ぶことによって今まで持っていたものを全て捨てる話だわ

親友との決別はかなり感動した

春希が人間関係精算していくのがかなり面白い、ここまで描ききる作品なんてそう見たことはないわ

かずさとの恋愛よりも、精算しだしてからが本番だった



雪菜

やはり雪菜こそがメインであり、女神であるのは疑いようがない

この五年で培ったもので二人が奔走するのは今までの鬱憤を晴らすかのような爽快感があった

そして、周りとの縁を切らないこのルートこそ、丸戸さんの真骨頂だと思った

やはりキャラを動かして絡ませてこそだよな~、編集部の絡みとか最高だしなw

ホテルでの届かない恋、の演奏は最高だったな~

演出面もかなり頑張ってたな

春希とホテルの二点箇所で歌とギターをそれぞれ演奏するのは良かったな、片方が電話から流れてくる音になってる拘りも凄いね

大人になってから学生だった時と同じことするのはいいよな~、まさしく青春だよな~

周りの人間もハッピーだし、この話のヒロインが雪菜で本当に良かった

何回も感動したな

プロポーズした後とか見たかったんだけどなー、ここまで不遇ばかりだったから幸せな姿をもうちょっと見せてほしかったな~、例えば、実際に春希の母親に挨拶に行くとことか見たかったなー

もっと見たいとこあったけど、まあ、しょうがないかね






評価、☆☆☆☆☆☆

ブラボー、丸戸 史明!

間違いなく名作でした

三部作で五年の三角関係を余すことなく描ききった

プレイ時間の全てに引き込まれました、さすがのテキストとさすがのシナリオでした

ホワイトアルバムの性質上、主人公がクズになるのは仕方ないんだけど、それでも面白いと思える話にもっていけるのは素晴らしかった

終章ではラスボスかずさが相手だから仕方ないが、二章ではあまりクズになりすぎないように妥当性と理由付けを持って主人公の印象のバランスコントロールしていたのは凄かったな、心情を細かく書いてあるのが決め手だろうか

各サブヒロインに魅力があるのはさすが丸戸さんって感じがした

この手の設定って、雪菜とかずさ以外とのエンドなんてどうせ良くある微妙に釈然としない終わりなんだろ?って思ってたんだけど、サブヒロイン達の余りあるその可愛いさとその時の状況が、雪菜を裏切るという最低なエンドをぎりぎり許容できるレベルにしてくれるし、サブヒロイン達の話は普通に水準以上に面白いってのが凄い、しかも、それが全て三角関係で力を抜かない全力の三角関係だったのが驚き

まあ性質上釈然としないものは残るんだけどね、最後に雪菜との別れが確実にあるから、そこでの素晴らしい雪菜の体面を見てしまうと、そこでやっぱり雪菜以外のエンドは微妙なんじゃないかって思ってしまうわけなんだよな~、

そして、サブヒロインで全力の三角関係を演じたと思ったら、終章でラスボスかずさが登場してサブヒロイン以上のドロドロをするんだから驚き

まあ、かずさは性質上バッドエンドにしか見えなかったけど

しかし、そのドロドロたるや、前作に引けを取らない衝撃、心へのインパクトがハンパなかった

演出面もかなり力入っていたし、Leafの本気を見たって感じだった

なにより、三部作で場面が飛ぶのに、全ての章に余すことなく力が入っていたのは、シナリオもそうだが、演出面でかなり労力が必要だったろうなと思う

前作に及ばなかったところがあるとすれば、アイドルという作品としての看板が無かったことと、音楽にカリスマせいが無かったことか?

当時のホワイトアルバムといえば何曲かの歴史に残る名曲と二人のアイドルがパッと浮かぶレベルの作品だからな~

届かない恋も良い曲だけどこんな歴史に語り継がれる神曲の立場にはならないだろうな~、あと雪菜はアイドルじゃなくて良かったけど、印象面でちょっとまけるよね

しかし、それ以外だと全ての面でおいて前作を上回っていた気がした

これだけキャラの感情を描いて、それをぶつけ合って、葛藤する作品はそうそうないと思う
シナリオもテキストもさすが丸戸さんって感じで素晴らしかった

これだけのボリュームをしっかり演出してきたのは凄い

ヒロインがアイドルじゃなかったのは正解だと思った

雪菜は歌の道に進まない、その選択だけでどれだけの意味を持たせたのか、凄かったな

というか、主人公と同じ立ち位置の方が恋愛は全力でガンガンぶつかれてた気がしたな

エロシーンが多かったのも良かったな、恋愛話には必要だよな、キャラの魅力を引き出すのにも必要だよな

距離の開き方が安易じゃなかったしな

ただ言わせてもらえれば、編集者メンバーみたいな明るいノリで会話するのがこのライターさんの真骨頂だと思うんで、というか、やっぱりそれが楽しかったし、そういうノリのテキストを書いてほしいな~とは思います




こんな素晴らしい作品をありがとうございます!




過去関連、



Leaf
WHITE ALBUM2 -introductory chapter-☆☆☆★
ToHeart2 AnotherDays ☆☆
ToHeart2 XRATED ☆☆☆★
鎖 -クサリ- ☆☆☆☆
アルルゥとあそぼ!! ☆☆☆★
天使のいない12月 ☆☆☆★
Routes -ルーツ- ☆☆☆☆☆★
うたわれるもの ☆☆☆☆☆★
誰彼 -たそがれ- ☆☆☆☆
まじかる☆アンティーク ☆☆☆★
猪名川でいこう!! ☆☆☆
こみっくパーティー ☆☆☆☆
WHITE ALBUM ☆☆☆★
ToHeart ☆☆☆☆


戯画
bitter smile☆☆☆★
BALDR SKY Dive2 "RECORDARE"☆☆☆☆☆★
BALDR SKY Dive1 Lost Memory ☆☆☆☆☆★
さかあがりハリケーン ☆☆☆★
姫さまっ、お手やわらかに! ☆☆☆
BALDR BULLET ”REVELLION” ☆☆★
angel breath ☆☆☆
DUEL SAVIOR JUSTICE ☆☆☆☆☆★
やきたてクロワッサン ~Autumn Leafの3姉妹~ ☆☆★
らずべりー ~Welcome to ”Cafe Moon Rabbits”!~ ☆☆★



丸戸史明

Ripple ~ブルーシールへようこそっ~ ☆☆☆★
FOLKLORE JAM ☆☆☆☆
ショコラ ~maid cafe ”curio”~ ☆☆☆☆★
ままらぶ ☆☆☆☆☆★
ショコラ ~maid cafe ”curio”~ Re-order ☆☆☆☆★
パルフェ ~ショコラ second brew~ ☆☆☆☆☆
パルフェ ~chocolat second brew Re-order~ ☆☆☆☆☆
この青空に約束を― ☆☆☆☆☆★
フォセット -Cafe au Le Ciel Bleu- ☆☆☆☆
世界でいちばんNG(だめ)な恋 ☆☆☆☆☆★



長いゲームだしコメントまとまらそうだったから軽めに、詳しくは直接会った時に語るべ~
あと前に声優がどうとか言ってたから非公開の記事でメモ取っといたから見てくれ、わかるキャラあったら埋めといてw


以下、途中まで書いたコメントw

GTSSが旅に行ってる間にプレイしたよ、面白かったけど俺の好きなLeafではないな~って感じだったわ
やっぱLeafはRoutesまでで一旦落ち着いたかね、そこから俺ほとんど知らんがw

巷で絶賛されてるから気になってプレイしたんだけど、どうやら最近では「丸戸信者」ってのが結構な勢力らしいねw
まぁ信者の絶賛抜きにしても面白かったけど、流石に神ゲーって程ではないかと…間違いなく名作とは言えるだろうけど

GTSSの感想にも丸戸って単語がやたら多くて俺には?な部分が結構あったわ、感想もプレイしながらの文章だから語りたい部分とはズレててアレだったし
総評に関してはGTSSと俺の評価基準がかなり違うから何とも言えないとこだな~
つか前作と比べるのはナンセンスじゃね?w
2だけどジャンル的に何か違うような気がする、あと前作は緒方英二の存在がデカかったしなぁ

まぁいいや、とりあえずGTSSが帰還したら直接合って話した方が早そうだな
Rewiteの時は期間が開いて失敗したから今回は早めに話せればいいのだがw
ストパンの映画見に行く予定あるし、その辺に話せればいいかねぇ?
【2012/03/25 01:23】 URL | TA-CHI #-[ 編集]
ただいまw

丸戸信者っていうか、俺らにとってのKEYが、世代の人にとっての丸戸さんって感じかな、WA2出すまでは筆が早くて一年に一本ペースで良作出してくるような人だったんだけど、かなり時間かかってのWA2だっただけあって、ヘビーな作品になってたな

丸戸さんの持ち味はコミカルなテキストとか、まあ、ラブコメなんだけどね
今回は真面目なシリアス系の作品だったよね、TA-CHIのイメージ的にはジャックがシリアスを書いた、みたいな感じか?
というか製作期間も含めて狙って名作作りにいって、狙い通りそうなった感じですかね

前作の延長で見る必要はないっしょ、舞台が同じだけで、別の作品として許容すれば問題ないかと

おお、っていうか、キャストってある程度特定されていたのねw
千晶とか話が結構好きだったから声気になっていたんだよね~w
【2012/03/25 13:04】 URL | GTSS #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。