上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋上の百合霊さん
屋上の百合霊さん
posted with amazlet at 12.04.23
Liar-Soft (2012-03-30)


人生初の百合ゲープレイ

マリみてのヒットから少しづつアニメも増えて百合じゃなくても女子だけのキャッキャウフフ日常アニメなんかも多いんで
アニメで触れている程度の初心者なのだが、それでもライトだな~と思える内容だった
一番、真面目に百合アニメしてたのは「青い花」かな?

そのくらいのレベルの視点のプレイ感想なのであしからず

 
 
プレイ時間は20時間程度
キャラが多いだけにクリア後のアナザーで6時間もかかったが、アナザーまでプレイして完結の作品なんで長いとは感じなかった。むしろ足りないくらいで、勿体なさと可能性を随所に感じた…

阿野シナリオがないとか、バグじゃないの?パッチまだ?(笑)




7組の百合カップルをオムニバス形式で描く爽やかな青春群像劇

並行して進むしキャラが多いからどうしても個別の内容は薄くなりがちで序盤の点をばら撒いていく時点では
正直、割と退屈だったのだが夏合宿で点と点を主人公が少しづつ線に繋いでいく辺りから面白くなってきた

それでも何か物足りなさを感じる普通な終わり方だった…


が!個人的にはクリア後のアナザーからが本番だったかな~と

点が線に、線が円になって「ユリトピア」が完成していくとこが良かった!

ユリトピアといっても、一言に百合ってだけじゃなく友情だったり愛情だったり、
結奈を中心にした人と人の「つながり」の大切さと成長物語としての集大成の形に感動したからかな
それ抜きにしてもアナザーで告白される側の心情を見ないと薄く感じる部分が多いんで補完していく感じかね

群像劇は個々の話の積み重ねによって全体の評価が上がっていくから、この作品の可能性はまだあるよな~
それでも足りないと感じてしまうけど…というか学校外のイベントとか、見たい部分がことごとくないのが残念


各カップルのシナリオはそこまで百合を生かしてるわけでもなく、やってることは普通の純愛ギャルゲと同じようなイベントばっかりで百合ならではの秘め事のドキドキ感や背徳感だったりがなかったのがイマイチだったか

百合モノとしてはガチってわけじゃなく一応「女の子同士なのに」という迷いが各キャラにあるものの
それを否定するキャラが絡んでくるわけでもなし、女子高舞台だしでキャラクターにとって優しい環境の話なんで
好きなものは好きなんだからしょうがない的な結論に落ち着く、ゆるい百合なキャラゲーだったかなと

その割に「女同士って変なのかな?」と悩みすぎるキャラクターには何か違和感があったのだが…
特に主人公の悩みっぷりは、友人でもあるその他の百合カップルを否定しかねない感じなのは若干イライラした
同姓愛を否定しないけど、他人と自分じゃ別問題ってのはわかるのだが、その辺の妙にリアリティを出そうとしてる部分が逆に浮いてた印象


ゲーム全体としての世界観とキャラが良いから、各シナリオに関してはそこまで感想ないのだけど…一応

以下、軽めに各CP感想



結奈/比奈
幼馴染で母子のようで姉妹のようで、恋人で…
どういう形をとってもこの二人の関係は変わらないのが良い

アナザーを読むまで比奈がよくわからなかったけど、似た者同士だったってことだわな
お互いにお互いの事を考えるが故に、相手を第一に考えるからこそ動けなくなるもどかしさ
でも意図せず自然に支えあってるバランスが良かった。正直、肉体関係はいらなかった気もするが、
いつもとは逆の立場で結奈が比奈に甘えられる場というのも悪くなかったかな?



聖苗/美紀
美紀さんが聖女どころか女神すぎる、そして聖苗の男っぷりにはちょっとビビッたw

嫌われたくないから強くなれる先輩と、好きだから強くなれる後輩
でも本当は二人とも弱くて、互いに互いを守ろうとして少しづつ成長していく二人は見てて応援したくなったな~
各カップルともベストな組み合わせで甲乙付け難いんだけど、一番出会って良かったと思えるのはこの二人だった
エッチシーンもオマケ程度だからあってもなくてもいいって思ってたけど、この二人は良かったわ
恋愛における心と体の繋がりの必要性と流れが綺麗だった、一番ギャルゲー的なシナリオだったと言ってもいいw



沙紗/羽美(&音七)
百合というよりは3人の友情ストーリー
可もなく不可もなくそれなりにイイ話、序盤で完結しちゃった感があるけど、
音七の目があることで付き合いたての初々しさを一番感じれてニヤニヤできたカップルだった

音七に共感しまくってヤレヤレ、でもニヤニヤしたw
学校での制限があるイチャコラっぷりとの差を出す為に夏休みのデートはアナザーで欲しかったよな
その辺は他カップルにも言えることだが、追加シナリオをFDとかで補完してほしい…そう思ってる人絶対多いはず



桐/月代
個人的には桐が一番好きなキャラだったりする、変態的なところがwww

なのに付き合ってから変態っぷりにブレーキがかかってしまうところが勿体なかったかな~
月代ちゃんに変態プレイを要求しちゃうくらいを期待していたのに…まぁその辺りの線引きがテーマだったわけだが
良き先生と生徒、良き恋人としての関係を同時に作れた雰囲気は好きだしイイ話だった



陽香/愛来
愛すべきロックバカ「俺の歌を聴けぇーーッ!!」

さすが愛来サマ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
                      そこにシビれる!あこがれるゥ!
この二行で感想終わってもいいくらいなんだがw
変に同姓愛を意識しない辺りこのカップルが一番見てて気持ち良かった、もっと周りの反応が見たかったかな?
その中を突き進む陽香の魅力を見せきれなかったのが残念、秘めた気持ちを抱える少女達の背中を押すロックな革命を起こしたものの、この世界観にさして影響を与えなかったのが勿体なかったんじゃないかと



茉莉/美夕
将来的なことを考えているのはいいしテーマとしては一番真面目に百合してたんだけど、
この二人のEDのせいで他キャラの考えのなさが露呈されまくっててヤバイw

まぁカミングアウトもしてるから結奈にとっては道標になったし、他カップルもこの先通る道なんだろうな~と思うと
百合カップルの未来の希望を見せるいい役割でもあった、さすがは先輩百合カップルといったところ



恵/サチ
過去話が重くなると思ったら、そんなことはなかったぜ!
死んでしまった事情はあれど、好きになったのがたまたま女の子で、たまたま幽霊だっただけという純愛物語

この二人の未練って「初体験」をすることじゃなくて、自分達が果たせなかった思いを各百合カップル達を通して一つ一つ成就することなんだよね。無邪気に応援しているようで、各カップルの動きに自分達の事のように
一喜一憂する姿は心温まりつつもちょっぴり切なくもあり…
幽霊と人間の恋物語はよくあるものの、幽霊と幽霊の恋物語ってのは話の落としどころが難しいからあまり見ないのだが、この作品の世界を締める役割として上手く機能してたのが良かった

ずっと一緒にいたい、死ぬまででも、死んででも、それから先もずっと―
それを互いに信じれるっていうのは、百合を超越した最高の純愛だったんじゃないかな?




まとめ
真剣に同姓愛の問題について考えたり、秘め事感が強い作品を期待してたから最初は拍子抜けしたけど
キャラがみんな魅力的だったんで楽しめた、それぞれ可愛いし一生懸命だったから応援したくなったしね

単純に好きになったのがたまたま女の子だったってだけの話

人生に答えなんかないし同姓愛が「おかしなこと」として扱われない理想があったっていいんじゃない?
そうあるべきだよなと、この爽やかで心温まる物語で見せたってのが良かったな
百合作品にも色々あるけど軽めのノリの「百合とはそういうものだから」という前提のキャラモノとしても面白かった
全体的に見れば綺麗に纏まっていたし「ユリトピア」という世界の魅力は伝わってきたよ


最近アニメでもソフトな百合作品が増えてきて、個人的に何か新しいモノに触れてみようと思ってプレイしたのだが
百合の深さを知る作品にはならなかったので、今度はガチな百合ゲーもプレイしてみようかな~とは思った
コレはコレで爽やかだし良いテーマの作品だったけどね

とはいえ、詳しくないので百合ゲーマーの方がいたらオススメを教えていただきたいとこですw


※追記
感想にも書いた、見たいと思ってた校外のデートシーン等は特典ドラマCDで補完だったのね…
おいしい部分なだけに特典にするのもわかるが本編に入れとくべき内容だよな~残念すぎ、8店舗とか鬼だろw


aaaa-.jpg

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム



ほう、ライアーに手を出したか

俺としては、ニトロっぽいニッチなカテゴリを突いてくるブランドって印象、最近はライトな路線もあるっぽいけど、それでもちょっとニッチな気がする
俺はなんか攻略するのに気合が入りそうで未だに一本もプレイしてなかったりするんだよね~

TA-CHIが好きそうなブランドではあるよね
というか、KU=GAが好きそうなブランドだよね
【2012/04/23 17:25】 URL | GTSS #-[ 編集]
どうせ最近のメーカーとか知らないから全く気にしてなかったけど結構古いとこだったのね
過去作見たら何本か知ってるのあったわ、行殺新選組とか腐り姫とか懐かしすぎるw
行殺はkoikeが好きだったような?

チラッと絵を見ただけでも確かにニトロっぽい雰囲気のがあって惹かれるけど、だったらニトロでって思ってしまうな
最近、売れた作品ばっかりプレイしてたからクオリティの差をスゲー感じたわ、演出とか絵は気にしない方なんだけどシナリオとかテキストはかなり安っぽいと思った…

今回のはほのぼの百合ゲーだからまた他とは違うんだと思うけど、それでもって感じ
定期的に凡ゲーもプレイしないと贅沢になってしまうんだなw

感想書くの疲れるからやめようと思ってたんだけど、今回はGTSSが100%やらないゲームだろうから何となく感想残してみたわw
【2012/04/23 19:39】 URL | TA-CHI #-[ 編集]
このブランドは大衆ウケって感じじゃないけど、それなりに評価されてる作品もあるよ
人によってはすげぇ好きな人もいるんじゃないかな?そんなピンポイントを突くような空気を持った作品があるみたいだよね、俺の印象だけどw

確かに、ある程度、それなりのもやっとかないと、良い作品がどれだけ良いか、どれだけ得がたいのかってのには気づけないよね
でも、社会人である我々が、わざわざ好んで地雷を踏みに行く必要もないと思うけどね、有限の時間を効率良く使うために評判の高い作品を好んでプレイするのも間違った選択ではないと思うけどね(この作品が地雷とは決して言ってるわけではなく

まあ、最近は時間あるみたいだし、お好きにプレイするのが一番だけどね~、その時の自分のバイオリズムに合った作品を選んでしまうよねw
なもんだから、俺はまほよるがなかなか手を出せないわけだがw
大作系は体力使うの分かってるからなかなか手が出せないわw
【2012/04/23 19:51】 URL | GTSS #-[ 編集]
まぁ俺は他作品と比較してどうこうの評価基準じゃないから割とどうでもいいっちゃいいんだけどね
全体クオリティより一箇所尖ってる作品のが好きなの多いし、アニメもB級好きだしw

まほよは俺もKU=GAの評価待ちかねぇw
続編出るみたいだしボイスもなしだから完全版出てからでもいいかなと、そして出る頃にはアニメ化してアニメで済ませるパターンになりそうな?w
【2012/04/23 21:31】 URL | TA-CHI #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。