上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉4 (MF文庫 J か 11-4)
川口士
メディアファクトリー (2012-04-23)
売り上げランキング: 45


感想、

まず始めに反逆者の自分が侵略者に挑むことに綺麗事だと感じだのは良かったな

まあ、ここで何も感じずに駆けつけても、ヒロイックになると言われれば許容してしまうよな

それでも、一応、自身のある策はあったみたいだし、侵略者を迎撃することへの合理性は少しは保たれたかね?

ここで自身の守りを固めるようでは王にはなれんのだろう

「後日、これはもしかしたら惚気なのだろうかとリムは危惧した……」

ってあるけど、エレンと主人公が恋仲になったってことかね~?

前の巻での予想通り、やはり侵略者はディグルの名前を売るための存在で、仲間を集うための存在だったか

しかも、敵を追い返したことにより、他の国で名前を売るという結果にも繋がるわけだ

ティグルは第三勢力になったってことだな

リュドミラも予想通り仲間になった?し、面白くなってきた

というか、リュドミラは恋姫の曹操とかと被るんだけどw

下手したらこのツンデレはメインヒロインを食ってしまうかもしれない可能性を秘めている

そんでもっと王子が可愛すぎるwww

王子なのにこの小動物的可愛さはww

保護欲が掻き立てられるww

というか、ティグルの弓は戦姫が隣にいなくても使えるのか?

ちょっと設定がよくわからないな

なんにせよ、恋姫無双みたいなラノベだよなww

面白いww

戦争ばっかりだけどそれがいいわw

世界観も大好物なんでw


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。