上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101番目の百物語6 (MF文庫J)
サイトウケンジ
メディアファクトリー (2012-03-22)
売り上げランキング: 11927


感想、


面白い!、

ただのラブコメものじゃないんだよね、タイトルからはラブコメかと思えるんだけど、実はバトルものだったという…

そして、この独特な設定が面白いわw

基本、主人公が男を見せて説得してハーレムを作る話なんだけど、それが100物語とか、物語の主人公に設定して、101番目の話としてるのが面白い

バトルっぽいのにバトルじゃなかったりするけど、ラブコメっぽいのに平気で人が死んだりするし、なにより設定だろうな、この独特さがいいわw

「どうして背中が消えてないの?」
「もしもし私よ」
「今貴方の後ろにいるの」

と、都市伝説を召還時の台詞にするのとか、かなり洒落てて良いと思う

毎回、ここに繋げてくるのは、最高にクールだし、毎回待ってましたの展開で、大好きだわw

一巻の最初なんて、ちょっと読みすごすと理解できないレベルだったんじゃないだろうか?

会長と主人公のやり取りが「あかね色にそまる坂」にまんまなんだけどw

まんま同じやり取りが出てきた時は笑ったw

キリカもいいけど、みずみずが笑えるww

もう相棒って言ったら毒舌ぐらいがいいのかもなww

これからヒロインの攻略積みヒロインの事情を解決していく話になるんだろうし楽しみだな

特にキリカと、何と言ってもみずみずがすげぇ気になる

妹も可愛いけど、真ヒロインはみずみずだろうな~

ハーレム系なのに、王道じゃない変化球なバトルものとして結構楽しみなシリーズになった

続きも楽しみにしたい


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。