上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぴぱら STORY #01 - Spring Has Come!
minori (2012-05-18)
売り上げランキング: 165

minori公式によるとテーマは“ 躍動感 ”らしい

「“物語”としての世界が、“人と心”を動かす」ではなく「“人と心”が、“物語”と世界を動かしている」作品

 

何というか、設定とか雰囲気がminori版ダ・カーポって感じがするw


シナリオは2キャラ分で、プレイ時間は10時間程度

グラフィックや演出が素晴らしくて動きや口パクまばたきを駆使して立ち絵なのかCGなのか意識させない見せ方は面白かったし
そのお陰で物語の世界に入り込んでいるような感覚を強く感じれる作品ではあると思う

何をもって躍動感とするのかによるけど、キャラは活き活きしててサブキャラ含めみんな魅力的ではあった、母親が一番可愛い件(笑)
全年齢対象ってことでイチャイチャっぷりの物足りなさが非常に残念なくらいキャラはみんな可愛いんだよな~
可愛いだけに勿体なさすぎる…サーカスみたいな曲芸商法でいいからR18版出して欲しいくらいだわw

躍動感のあるエッチシーンが見たいですw


が、キャラだけで物語を進めようと意識しすぎててシナリオに起伏がなく平坦な進行でアッサリ終わってしまった印象
キャラの絡みも単調になりがちで若干ダレた、というかノリが似たキャラが多いのと主人公の淡白さのせいかな?
意外性もなく記憶消失系のネタも使い尽くされてるんで読める展開ばかりだったのでワクワクもドキドキもせず…


「物語」として見た時にはあまり勢いがなく躍動感があるとは言い難いデキ


物語に踊らされないキャラを描いてる割に、結局は狂言回しキャラであるアリスの手の平で踊っているというチグハグさも感じた
まぁ分割前提の作品の1作目、導入編だから仕方ないとは思うんだけどね…まだ伏線やキャラクター等の点をばら撒いた状態だし
物語という鳥篭から抜け出すことに意味があるってとこかね、それが躍動感なんだろう、たぶんw

最終的にはアリスの物語に集束させるだろうから、この手の作品はオーラスで化ける可能性は全然あるだろうし
個別ルートですら、アリス編やオーラスで各ヒロインのエピローグに触れる可能性もあるしな~


なもんで個別シナリオに関してあまり細かい感想がないんだが…


一応、キャラ感想―



アイドルでメイドで親戚のお姉さん、という美味しい属性を持ちまくりなのだが、単純に可愛いし、どの顔をしてもブレない可愛さが良い
常に一生懸命で演技と本音の境界での心の機微とギャップが良かったな、ほとんど本音だけど、その真っ直ぐさが魅力だわな
sppl01-sakura.jpg
結局、アイドルになった一番の理由は最初に浜辺で告げられたことが本音でいいのかな?最初から好感度MAXだったしw
記憶にある幸せを取り戻そうとしてたわけだよね、というか幸せな記憶が消えないように繋ぐ為って感じかね
目的と手段が入れ替わるんじゃなく手段も目的に昇華していった桜お姉さんは間違いなくアイドルと言えるだろう


アンジェ
金髪ツインテールのツンデレという何ともテンプレではあるが単純にツンデレとは形容しがたいキャラだよなw

毒舌ンデレ天使、といったところか(笑)

言動に関してはツンの比率が高く9割ツン、テンションも一定なんで状況を見てツンの中に潜む気持ちを読み説くのが面白かったキャラ
主人公と仲良くなっていく過程の中でそれを上手く見せていたのが良かったかなと、蓋を開ければもの凄くわかり易いキャラだし毒舌が徐々に微笑ましく思えるようになって後半はニヤニヤしまくったw

ツンデレキャラにありがちな一人相撲な話だったけど普通にイイ話ではあったし
アンジェの母親に対する愛が溢れてたからこそ主人公やアリスがシナリオを書けたというか、アンジェの母親を再現できたわけだ



桜編は忘れる、アンジェ編は忘れられるという対比でもありヒロインが魔法を使うか否かの違いも悪くなかったんだが
主人公が前向きな上、物語に関わらない空白の7年分の幸せな記憶に溢れてるから魔法を使うデメリットが少なかったのが微妙…

記憶消失系のシナリオは忘れる恐怖、忘れられる恐怖と幸せのギャップを描いてこそだし、そのせいで主人公の決断が薄く感じてしまったのが勿体なかった気がする特にアンジェ編。記憶は消えても楽しかったことは心に刻まれてるし、自分でない誰かの記憶には残るという落としどころも無難すぎだし、今後も同じようなオチになりそうな不安もある

「すっごい、ぴーす。ぱらだいす。」と題してるからあまりシリアスにせず万人が取っ付きやすい路線なのかね

minoriの挑戦は悪くないが、キャラがいいだけにシナリオに対する文句が多くなってしまうというジレンマだなw



ヒロインの名前が四季をイメージしてるから#01春(桜)夏(ほたる)ときたら#02は秋(紅葉)冬桜(六花)になるんだろうな
ボリューム的に#03 アリス編で完結ってとこが妥当か??

幸せな記憶を代償に受け取るもののアリスの目的はみんなを幸せにすることだから、アリス自身のの幸せはどこにあるのか?
ってとこだな、魔女が悪でない以上アリスがやってる事はアンジェがやってた事と大差ない気がするし、その辺の魔女の掘り下げ次第か

王道だと魔法を使わずに主人公がアリスを幸せにするってのが物語の終着点になりそう
そこで泣かせられるかが勝負だろう…何だかんだ感動は人の心を一番動かすしね
ループ系っぽいけど、これも使い尽くされてるネタだけに難しいとこだな…どう纏めるのやら



評価、☆☆☆+α
現時点では評価に困る、#02以降で加点していくとすれば、まず#01の評価はこんなものかね、出だしとしては上々かと

#01の導入編でキャラや雰囲気を見せたんで#02ではもう少しつっこんだ内容になってくれるといいのだが
キャラ的にも次は「魔女」に干渉できそうな立ち位置の二人なんで期待したい

個人的には楽しめたけど意外に人を選ぶ作りのゲームだと思う、というのもテキストに関しては結構退屈なんだよね…
躍動感を意識しているのかキャラの絡みに重点を置いてて余計な文章を極力カットしてる作りになってるから心情描写が少ない印象

キャラの動きや表情の変化、声優の演技から心情を読み取っていかなきゃならないんで、文章メインでプレイしてる人には合わないと思う、ゲームというより映像作品寄りに仕上がってて、ラノベ原作のアニメを見ているような感覚に近いかな?

にしてもボリューム不足は否めないんでプレイしたほとんどの人が物足りなさを感じていると思う
今年中に続き出してくれないと熱が冷めてしまいそうなんで、その辺もどうなるかだな…



テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム



ちょ、よくわからんけど、ただでさえ微妙にわかるずらい方式なのに、αまで使うと意味わからなくなるwwwww
+じゃ駄目なのか?www

一応、
☆、
1/2☆=★、
1/2★=+
って感じにしてるんだけどw

点数に換算するなら☆=20くらいだとわかり安い気がしないこともないこともないような…

続編で評価できないときは評価なしとかにしてるよ
【2012/05/30 20:43】 URL | GTSS #-[ 編集]
そうなのか、意味としては☆☆☆で続編で点数+するかも?って感じにしたかったんだがw
GTSSの評価を点数計算に直すと

☆=20点
★=10点
+=5点

って事でいいのかな?

あぁ一応だけど、このゲームはGTSSには向いてないと思うわw
完結して相当化けない限りは見送りでいいかと…3作以内で完結するなら俺は追ってみるつもり
【2012/05/30 20:49】 URL | TA-CHI #-[ 編集]
うん、あえて点数化するならそんな感じ

評価し始めた当初は、あまり細かく点数付けるのも無粋かなって思ってたんだが、数多く評価していくと小さな差異を付けないといけなくなって+まできてしまった、これでも随分大雑把だよね…、だけどさすがにこれ以上細かくする気はないが…
【2012/05/30 20:57】 URL | GTSS #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。