上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京バベル 初回限定版(E-15指定)
propeller (2012-08-31)
売り上げランキング: 116



東出祐一郎の最新作ってことで、今年の期待作

ゲームもラノベも追ってるくらいのレベルのファンではあります


感想、

共通

東出さんもなでしこネタは世代なのか~、なぜなに、を使うのは世代っすな~

戦闘演出は過去最高だろう

ただ、なんとなくSFが過ぎるかなって印象

ライターさんは現実世界路線が好きなのかと思っていたからな

プレイする前、正直、作品に対するイメージは超悪かった

理由は、「今」人気の声優ばっかりキャストしてるとこ、と、エロゲじゃないこと…

まあこの二つの理由はかなり密接なわけで…、エロゲじゃないから人気声優キャストできたわけで…、というかそれしか利点を感じないわけで、まあ、少しでも売ろうとしてるんだろうな~ってのは分かるんだが、人気声優かき集めたキャスティングに嫌悪感と、エロなしにガッカリ感を感じた

一般声優でいくなら中堅声優さんとか使えばいいのに…とか思ってしまったりもした

いや、まあ、東出作品にエロは必要ないといえばないんだが、無いとそれはそれでヒロインの魅力がね…

と、まあ、プレイ前は思っていたわけだが、

ラジエル可愛いよ(ヴィジュアルがw)、なんだこの制服、エロ!ワンピースの制服に、ニーソ絶対領域エロス!とか開始数十分で思っていた、しかも、声は花澤さんだしな~、そりゃ可愛いよな~、声の可愛さなら定評と実績ありまくりだしな~

魅惑的過ぎて劣情抱きまくりでヤバかった…

が、まあ、正直、はなざーさんじゃなくとも、エロゲ声優でも対応できたんじゃないかってのは思うわけだけど、それこそたらればだしな

沢城さんはメインだけど、これはツッコミとかテンション高めのパターンが上手く嵌ってたな~、なんかもうひたすらこの人の作品のような…

伊藤かな恵は演技とかどうのってより、普通にハマり役で、今までやってそうな感じだったりした

なもんだから、案外、プレイ前のイメージよりは全然キャスティン合ってたんで良かった

サブに至るまで人気声優で固めるけど、むしろ味を殺してる役にキャストされてしまってる人もいるんで、この役なら別の人の方が良かったんじゃ…とかはおもった

サブの女役とかは結構キャスティング微妙には感じた、北都南さんと一色ひかるさんはさすがだったけど…

男は総じてOKだけど、今回は超カッコいいってキャラがいなかったんだよな~、たぶん一番は刹那なんだろうけど、これ見た目とか神谷さんの臭いが強すぎだったりしたな

というか、ちょいちょい演出もシャフトっぽくて化物語みたいな演出もあったよな、propellerっぽいというよりは

あと、もう、岡本VS阿部はライバルキャラ確定なんだなww

カマエルカッコ良かったけど、まさかウリエルと因縁結ばれてるとは思わなかったよ


以下個別ルートプレイ感想

ラジエル

設定がぶっ飛び過ぎてるし、最初からそれが当たり前のように話が始まるのでなかなか最初は話に入り込むのが難しかった

しかも、リリスとラジエルのフラグが最初から立ってるのが謎過ぎてってもある、空見は納得するが

つまらないわけでもなく、いや、むしろ、普通に日常パートとかも普通に面白いんだが、バトルとか、ストーリーの進行とか、山も谷も無さ過ぎる

高いレベルだけど平坦に話が進んでいく、特に盛り上がりとかもない中盤くらいまで

一つ一つの展開が軽いな、もっと一気に畳み込むような勢いとか怒涛とかほしかったな~

ひたすら必要なファクターを積み上げてイベントこなしているように感じるところが多かった

ベリアルと特訓して、さあ、ここから覚醒して熱いバトルになるのか!と思ったらウリエル相手にラジエルと共闘だし…、しかも、前フリもなくかなり唐突に覚醒か!と確かに覚醒シーンはカッコ良かったんだけど、それが逃げの手ってのが燃えない…

刹那の過去ももったいぶってた割りに大したことなかったなー、それほど衝撃的ではなかった、免罪符ありすぎだし…

まあ、神の模造品ってのが大事なんだろうけどな

ラジエルと一緒に支配者も倒さず階層スキップしだした時は萎えるどころの騒ぎではなかった、またエントリーレベルのエントリールートなのかと萎えた

東出作品だとちょいちょい真ルート以外の不満を感じた記憶がある、真ルートのための捨てっぽい感じ

それよりも、なんかまったく燃えない、せっかくの覚醒の無限の剣製の固有結界だったけど…、つか、そもそも音楽がイマイチで萎えるんだが…、盛り下げようとしてるのとすら感じた

アダムいつの間にか死んどるやんけ…

っていうか、刹那死んどるやんけ…

つか、ラスボスがメカでは盛り上がらん…、敵に魅力がないと、味方も光らない上に、主人公以外の戦いがしょぼすぎ…だし、あんま戦わないし…



空見

空見可愛すぎて笑ったww

他ルートとここまで違うのは他ヒロインとの差だろうか、デレすぎww

つか、メタトロンの声がwww

エヴォリミットの再来、ラスボスww

ラジエルルートのエンドとは考えられないほど幸せじゃないかww

添い遂げられただけ全然ましだろw

今回は一応敵が人型だったんで見れたっちゃ見れたんだけど、やはり燃えない

たぶん、主人公以外の味方サイドキャラVS敵、みたいなのが少ないからなんだろうな~

あと、主人公が見た目と声はカッコいいんだけど、なんか振る舞いで燃えるとこがなかったな~



リリス

もはや支配者とかまったく関係ないなww

リリスが普通に敵になる展開か、それよりも、カマエルはかなりおいしいキャラだwww

キタエリもラジオで言ってたけど、出番少ない割りにこれはおいしすぎだろw

しかも、ケルベロスも北都南さんの圧倒的さwww

ラジオでも思ったけど、この人の演技レベルがハンパない件…

そして、仲間VS敵があるのはこのルートだけか、にしても戦闘短いし、消化不良だし

戦闘によりキャラの掘り下げがないからあまり燃えない

カマエルとウリエルの戦いは短かったけど、結構カッコよかったw

ダンタリオンも戦ってほしかったな~





評価、☆☆☆★+

さすがの名ライターなんで全体レベルのテキストとか話とか見れば、普通に高いレベルでまとまってはいる、普通にテキスト読んでて面白いとは感じる

演出とかも気合入ってるし、絵もいい、カッコいいし、可愛いし…、けどBGMはあまり好きじゃない…

ただ、話がまったく燃えない…

流れや展開で突きぬけて面白くなるところは特になかったし衝撃を受ける展開はなかった…、特に響くような展開もなく不感でスルスル展開を見ていった感じ

やっぱり鍵になりそうなのは主人公以外のバトルだと思う、ここがないからいくらバッククラウンドを掘り下げてもキャラとして光らないしバトル系でのキャラの掘り下げにはならない、物語も光らない

あやかしびとにはかっこいいキャラがたくさんいた、バレバトは少なからずいた、クロノベルトは九鬼とアルフレッドがハンパなかった、エヴォリミットは不知火くんと校長がカッコよかった、今回は、と言われると…

個人的に不満が残った東出作品はバレバト以来って感じ、エヴォリミットは好きなんで

そもそも入り込みづらい設定を読み手に受け入れさせる割に、ほとんどその設定ぶち壊しなのは萎えた

支配者と結局、何回戦ったよ?って話だし、学校っていう設定必要か?みたいな


今回違うのは真ルートっぽいのが無いって印象

東出さんの作品って毎回、エントリールートはエントリーレベルの話でしかないから、真ルート以外は捨てルート甚だしかったりするんだけど、今回は3つのルートが全部別ものの話になっていて、ラスボスも全部違うし、3つのルートが全て同等の別の話だった

それが良かったのか悪かったのか…

話としては、エヴォリミットは進化を止めた人間(火星人)を用意して、現代の進化を目指す人間と対比させて、前に進むことを命題にしていたけど、

今回は、悪魔と天使という超常な存在を人間の立場まで落とし込んで、人間には当り前にある目の前にある死や恐怖、寿命や不可視の未来などに挑むという人間なら辺り前にぶつかるであろう壁に対面させる話だった、必殺技も自分の存在理由によるものというわけだった

ちなみにエヴォリミットは巷での評価は悪いけど、私は好きなんですよね~

今回はシナリオとかなんか残念な感じだったけど、それでも普通には楽しめたんで、ライターとしては地力は感じた
まあ、そもそも好きなライターさんですし、今後も期待したいってのは変わらない、あやかしびととかクロノベルトみたいなのは期待したいけど、とりあえずケモノガリの新刊が早く読みたい…


propeller
すきま桜とうその都会☆☆☆
エヴォリミット ☆☆☆☆★
きっと、澄みわたる朝色よりも、☆☆☆★
クロノベルト~あやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~ ☆☆☆☆☆
Bullet Butlers ☆☆☆★+
あやかしびと ☆☆☆☆★

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。