上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔導学園35試験小隊  2.魔女争奪戦 (富士見ファンタジア文庫)
柳実 冬貴
富士見書房 (2012-09-20)
売り上げランキング: 309


感想、

一巻は、雑魚小隊にエリート落ちしてきた桜花が雑魚メンバーとのやり取りや草薙に口説かれて過去のトラウマとか諸々を克服して仲間になる話&銃と魔法世界で役に立たない剣しかとりえの無い主人公草薙が剣の稀有な武器を手にするって話だった

二巻は、敵の変態に騙されて大量殺人に関与してしまった美少女が記憶を奪われ雑魚小隊の一員となる話、ってとこか

この二巻は一巻より全然面白いwww

桜花がかなり軟化して、不器用ながら部隊に馴染もうとしてるのが良い感じだ

前巻とは全然違うのが笑える、素直に自分の欲求を認めるのいいね

マリも色々かかえながら少しづつ仲間になっていく過程がよかったな~

まあ、草薙に口説かれたような感じだけどな

雑魚部隊が少しづつ結束を増して、力を増していく姿はやはりいいな!

桜花とマリがライバルながら仲を深め、うさぎや斑鳩が仲良かったりとかなんかほのぼのした

これかも部隊の結束とかの話は力入れてほしいわ

とか良い話が続く中で、世界はかなり殺伐としてたりするんだよな~、人とか死にまくるし、臓器とか飛び散りまくるし…

モブっぽいとはいえ、吉水とか京夜があさり死んでしまったしな…

一巻は正直どうかと思ったけど、二巻は結構面白かったんで、当面読み続けようかなって思うシリーズにはなったかと



テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。