上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
「大和、どうしたら私だけの人になる?」

口に出して好きとは言わないけど、唇を出してキスしてしまうめいちゃんは大胆だけどやっぱり不器用だよな

「口には出してないけど」って部分が大和にとって今一番気にして引っかかり不安を覚える要素になってるわけで

あさみ、愛子との友情にせよ愛情にせよ、気持ちをぶつけるにしてもやっぱり言葉にしないとわからない部分が多いよなぁ、人間だもの

SUKIteiinayo8-1.jpg

めいの態度にも問題あるし一概に大和が悪いとは言えないのに比率的に傾き気味なのは少女漫画だよな~と思うw


「あぁ、私も大和も恋愛初心者なんだ…」

キスから始まった恋だから上級者と思いきや、行為自体がグレードダウンしつつ気持ちの面では成長していくのはいいね

単にイケメンの大和が毎回キスして万事解決の流れは「大和さんカッケーマジイケメンwww」ってネタ的に見てたけど、

気持ちが乗って重さが出てきたからここ数話でかなり真面目に恋愛モノとして見れる感じになったw

SUKIteiinayo8-2.jpg

どうでもいいけど、前野智昭キャラが橘とかいうとアマガミを思い出してしまうwww

登場タイミングは良かったのに進展する前にめいと大和の問題解決しちゃって噛ませ以下で終わったんだが…

メグタンとタッグで同時に攻めて波乱を起こして欲しかったが、どうなるやら?


しかし、この作品って少女漫画の重要イベントだけを繋ぎ合わせたような構成で何気に進行早いよな

恋愛モノの少女漫画は心の機微を丁寧に描いてなんぼだが、昨今のラノベアニメ並のハイペース進行で心情描写がついてこれるようにキャラ設定してる辺りは上手くできてるなと、ダラダラやりすぎてもダレるし絶妙な按配だわ


▲7話




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。