上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題児たちが異世界から来るそうですよ?    ウロボロスの連盟旗 (角川スニーカー文庫)
竜ノ湖 太郎
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-11-30)
売り上げランキング: 114


感想、

同盟を組むために新天地へ…って話

今回は読みながら正直また前後編かよって思いながら読んでたんだけど、案外一段落ついた終わり方で驚いた、がいつもの感じだったな

なんか強敵お披露目で一時撤退ってパターンこの作品多くね?ww

あとは、飛鳥の新兵器+開眼の回かと思っていたら、結局はいつもの

十六夜さんすげぇーー!

あれ、油断して悪い方に転がしたぞ?

十六夜さんすげぇーー!

って話だった、まあ、それが面白いわけだがww

とはいえ、ここにきて初めて黒ウサギの強さ具合が分かったし、ペストが自分の思惑とか心情とかも鑑みてホントの意味で仲間になったし、ジンがいつも間にかすげぇ成長してるし、と見所は結構あった

キャラもかつて戦った敵とかと同盟組むことになったりとか、キャラ立ちとしてるキャラが増えてきて面白くなってきた

これで十六夜さんの無敵っぷりもいいが、他のキャラの戦いとかもちゃんと見れると尚面白いかも、とりあえず飛鳥の成長は見たいな

あと、設定スキーの私でも、んん?って思うようなうんちく系の設定が組まれてるの良い感じ

結構好きな作品なんで楽しみに続きを待ちたい、バトルもいいけど、ゲームの方も見たい。

アニメ化して消費されないことを祈りますね

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。