上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線- 初回版
ユニゾンシフト:ブロッサム (2012-07-27)

プレイ時間:9時間
(メイン6エピソード×各1時間前後 + 個別1時間×3ヒロイン)


以下、感想(ネタバレあり)

 
ミステリーテイストの学園ファンタジー、設定や構成諸々ラノベとかでありそうな感じで中々楽しめた
事件と謎の出だしは良いんだけどオチがどうしても魔法だから何でもアリだったり後出し情報ってのが多いが
推理がメインじゃなく遺品に関わったキャラの人間模様やトクサの雰囲気がいいからサクサク読めるしダレなかったと思う


魔力を持った遺品によって引き起こされる事件を解決しつつ学園の秘密に迫ってく流れはよくできてたけど、短いよな~
特に夜の世界の存在意義については明かされたけど、世界そのものについてはあまり触れてないし謎だらけで終わったからな
舞台装置として夜の世界が必要なだけで夜の住人達には必要性を感じなかったしドラマも薄かったのが残念

単に境界線の世界が必要なだけなら生徒いらないし、遺品騒ぎも管理しようと思えばできそうなのに放置してるのが気になるな
実は昼の世界のほうが裏世界なんじゃないかとか色々予想しながらプレイしてたのに何も説明なかったし
睦月の行方をはじめ伏線回収せずに終わったしまだまだ何かを隠してる学園長の手の平の上って感じだったからな~

主人公の病気に関しても何かありそうだし、弟の為にまだ何かしら魔術について調べようとしてるっぽい?
わかった上で学園長は手駒にしてたとかないのかね?家族の死やら何やら弟本人が出てこないと何とも言えない部分もあるし…


気になり出すとキリがないけど、続編で掘り下げていくみたいだから楽しみにしておこう

とりあえず続編では昼と夜の世界が交錯する展開は見たいとこ、眠子ENDとかあまりに曖昧に終わったしねw



というか、個別ルートは必要なかった…

雑にくっ付けてオマケでエロシーン入れました程度のやっつけ具合は下手したら蛇足だよね

眠子はせっかく主人公の支えになれたのに個別入ったら妄想復活して自分が自分が~で終わってしまったしな
小学生レベルの乙女心もウブすぎて逆に萎える、なんだかんだシンデレラ妄想全開のモノローグはウザ可愛くてそれが魅力でもあったけど、いかんせんシナリオが…世界を越えて結ばれる事ができるのか、眠子はもっと明確な答えがないとただのつり橋効果でしかないから続編で真ENDオナシャス!

鍔姫に関しては個別入らないほうが感動の別れと再会が描かれるという構成だし、ほんとエロシーンの為だけの個別w
しかし、スミちゃんは人形に魂が宿ったから感動的なわけで中の人がいたのは何か微妙だった
再会できたのは良かったけどスミちゃんの言葉の意味合いが変わってくるよね、まぁヒメちゃんスミちゃんのキマシで許したけど(ぉぃ

tokeijikakenoLeyLINE01-00.jpg

モー子なんて付き合いもせず遺品の影響でセックルENDってなんじゃそりゃって感じ、いや可愛かったけどw
そして主人公はキモ面白かったwww

せめて他二人もEP6まで終わってから個別に入るべきだったな、途中だとさすがに恋愛描写が少なすぎた…
ほんと昨今のラノベにセックルシーンだけ少し入れたような作品だったと思う、エロ要素いらないよね



評価、☆☆☆+

序章、ラノベを3巻くらいまで読んだような感覚、謎も残ってるし続巻を楽しみに待つって感じかな?

世界や魔法の謎を明かしても大きく化ける事はなさそうだが、遺品による事件とトクサの奔走をこの調子で描いてくれれば普通に楽しめそう。夜の世界、睦月、魔女この辺りの掘り下げに期待しつつだな、あとは新キャラ含め攻略ヒロインは継続なのか否か気になるとこ


テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。