上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔導学園35試験小隊    4.愚者達の学園祭 (富士見ファンタジア文庫)
柳実 冬貴
富士見書房 (2013-05-18)
売り上げランキング: 251


あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。昇級ポイントを賭けた学園祭『魔女狩り祭』の準備を進めるタケルたちの前に、西園寺うさぎの婚約者・天明路礼真が現れる。西園寺家存続のため、うさぎは退学し、すぐに礼真と結婚しなければならないという事実が判明し―。そんな中、桜花は学園内に侵入した魔女の捜査を生徒会から依頼される。その魔女は“悪魔”と呼ばれ『他人の身体を奪う』という能力を持っていて―。迷える少女の呪鎖を断ち切る学園アクションファンタジー。

感想、

面白い、今回の話で一定レベルの面白さは越えた

面白い作品、継続して読み続ける作品にクラスチェンジした


今回はうさぎの話

うさぎの婚約者登場して、予想通りゲスな奴な上に、敵と繋がってるわけだから敵を倒せば全て解決、一石二鳥という流れ

最後のヒロインで、とりあえずやっとヒロインの話を一回りした感じ

一番弱いけど、とても頑張る良い娘だったな

構成としては大体他のヒロインと同じ

未解決の事柄は未だ残るが、とっかかりの部分を受け入れる決意ができた、方向性が決まったというところだろうか

家との確執は未だ残るものの、小隊という帰る場所を守るために戦うというのは決まったろうね

今回良かったのは、各キャラが小隊を大事にしているのが見て取れた所

学園祭という分かりやすいイベントだったが、それを行うに辺りうさぎが学園を退学にならないように学園祭を頑張るところが良かった、

そして祭よりもその準備が楽しいみたいなところも見れたし、落ちこぼれ小隊ながら絆だけは強固になってるのは、地味に感動するよな~

最近のラノベでここまでちゃんと絆を大事にするところをしっかり描く小隊ものはあまりないような気がうする

生徒会長という新たなキャラも出たが、ヒロイン一回りしたけど、そろそろ草薙の過去編辺りがくるかなー?

まあ、正直、草薙妹は敵なんだろうなーって気しかしない

草薙流VS草薙流になるのかなー?あまり安っぽい展開にして萎えさせないことを祈る

ともあれ、楽しみなシリーズになったので続きも期待したい

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。