上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンピオーネ! 14 八人目の神殺し (カンピオーネ! シリーズ)
丈月 城
集英社 (2013-05-24)
売り上げランキング: 13


あらすじ

剣の王・ドニが護堂をイタリアに招待する。不審感を覚えつつも、神獣を狩るイベントに参加する護堂たちだったが、当然それだけで終わるはずもなく…。ある穴に吸い込まれた護堂が辿り着いた先には…!?


感想、

うーん、これどうなんだろう?

9ヶ月ぶり?くらいの新刊で楽しみにしていた一冊

なんだけど、なにか話進んだのかな?


話は、ドニがカンピオーネのアイーシャの力を利用して過去へ、護堂一向も巻き込まれて過去へ、昔の時代のカンピオーネと戦闘、という流れ

新たなカンピオーネのアイーシャが出て話は動いたけど、過去のカンピオーネとの対戦とか、まあ、いつも通りだし

今回は目新しいものが皆無なのがどうも気になる…、ヒロインとのやり取りも今まで通りだし…、タイムスリップしたにしてはあまり変化がなかったような…

スーパーカンピオーネ大戦ってことで期待したのにいつも通り過ぎないかね…、まだ中華の姐さんのがド派手だったような…

つか、これってカンピオーネ大戦じゃなくね?カンピオーネVSカンピオーネとか、護堂以外のカンピ同士を戦わせたり、カンピのタッグ戦だったり、カンピと神のコンビとか、ヒロイン一同VS敵のパラディンとか、今までにないバリエーションのことを言うのではないだろうか…

もう少し、政治的な面とか、バトル以外の周りの世界観を描いてくれないと楽しめないよ、タイムスリップしてもカンピオーネしか出てこない上にカンピしか掘り下げないからまったく新鮮味がないよ、タイムスリップするなら当時の時代背景とか情勢とか世界観とかもっと掘り下げないと変化がまったく感じられない

現代に戻ってしまえば、バタフライエフェクトがどうなるかは知らないが、あまり生産性はないような…

というか、最初からどのキャラも友好的過ぎるだろ…、戦わせるなら顔を合わせたら問答無用とか、敵意があったりとか、しないとまったく大戦じゃないし

しかも、まさかこの話が続くとは思わなかった…、設定はし終わったので、次の話はもうちょっと楽しめるのかね…

というか、なんで普通に三対一なんだ?

これ、向こうの嫁も参加してたら普通に負けてたんじゃ…

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。