上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 (MF文庫J)
川口士
メディアファクトリー (2013-07-24)
売り上げランキング: 727


感想、

内容としては、アスヴァールの反抗を半分くらいで完結させて、ルドラーが何気ライバルポジ押しが凄くて、化け物がどっかから出てきて、ティグル死亡、化け物がサーシャの領地に攻め入るってとこか

とりあえず、ソフィーがメインヒロインだった…

次の巻でティグルがカッコよく登場して、さらにヒロイン度を加速させてほしいところ

この手のキャラがデレデレになるところが見たいわw

エレンとか割かし冷静すぎるしなw

あまりに冷静過ぎてミラのが可愛く見えてくるレベルだしw

オルガはティッタ枠だけど、ティグルに対して尊敬の念まで抱いているのが好感

ここからの成長に期待したい

エレンとかはもうちょっと悲しんでてくれないとティグル生存に色々な感情が集約されないが、サーシャをどう生かしてどう助けてどうフラグを立てるのかというところだよなー、下手したら次の巻のラストにちょこっとティグルが出るっていうくらいかもしれんな

アスヴァールの反乱は今までの感じからするとかなりあっさり終わった印象

そして、次にどう繋がるのかあまり見えてこない

ルドラーがライバル的ポジションにしようとする雰囲気はあるけど、今のとこ普通の戦力しかないしね、まあ、何でもやるって奴だから何かしらの力は得るのかもしれないけど、どうかね

ここから年末までとか大分空くなー、楽しみにしている作品だけにちょっとつらいね~

とは言え面白い作品だわw

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。