上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
鎌池和馬
アスキー・メディアワークス (2013-09-10)
売り上げランキング: 37


あらすじ
全世界を、陰から操る『グレムリン』。その科学と魔術の融合組織が起こした様々な『脅威』―ハワイでのテロ行為、バゲージシティでの『実験』、学園都市に眠る『不死の存在』の奪取―には、全て理由があった。『グングニル』。魔神オティヌスの最終目的であるその神槍製造を止めるため、『魔神になり損ねた男』オッレルスは、姿形を雷神トールと偽り、『グレムリン』の本拠地・サルガッソーへ侵入、調査を開始する。世界崩壊のカウントダウンは、間近に迫っていた。ところで学園都市の落ちこぼれ生徒・上条当麻といえば、彼が朝自宅で目覚めたら、レイヴィニア(幼い少女)にレッサー(エロい少女)が同じ布団に入っていた。最新刊登場!
「BOOK」データベースより



感想、

前回、本筋とまったく関係ない話が入ったので、なんか久々の本筋って気がする

前ほど刊行ペースが早いわけでもないしな

今回は、おそらく新約のラスボスであろう魔人が世界最強になってしまい、世界が滅びるという流れ、グレムリンは目的を果たし、魔人に成れなかった男とフィアンマは敗れる

上条VSグレムリンは、すげぇ珍しいことに妊婦だった

おいおいヒーローたる上条さんがこんな相手殴れるの?と思ったがやはり無理だったようで、かつてない相手にとうとうインデックスと美琴のダブルヒロインに助けをもとめる流れ

この3人が共闘するのは、ついにキタかとい感慨深い展開だった

なにより上条が口に出して頼るってのが発だったかね、自分から巻き込んだ形だし

2人とも超嬉しそうだったしなw

戦いが世界規模になり過ぎて、さすがに美琴を巻き込むことに対するモラル的に悪いという流れにはならないレベルになってるしな

家族とかに危険が及んでいるのでね

問題は美琴の表のコミュニティはどうなるのかということだろうか

次辺りで絡んできてほしいけどな、最低でも黒子くらいは出番がほしいところ、さすがに世界滅んでるなら何かしら美琴とやり取りないとな

ヒロインは、まあ、インデックスと美琴の2人で決まりだろうけど、最近、ポピュラーなヒロインの食蜂は依然として気になる存在ではあるよね

五和の時のように一過性のものか、とか思っていたが、上条さんが記憶を失う前の知り合い、もしくはヒロインって事で期待度は高い

超電磁砲で可愛いさ発揮し始めたし…

久々にイギリス協会メンバーが出てきたけど、出番少ない上にシリアス過ぎて特になし

バードウェイはともかくレッサーが絡んでくれたのは良かったかな

というか、そもそも鎌池さん日常書くの飽きてるんかね?w
すでにやりつくした感じなのだろうか、キャラすら飽きが入って、はいはい分かってるよ、がネタになってるんだがww

まあ、とりあえず次だな…




テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。