上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)
大森藤ノ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 3,567


あらすじ

「「「「Lv.2~~~~~~!?」」」」
先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎(レコードホルダー)となったベル。
一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。
廻り巡る環境。そんな折――
「俺と契約しないか、ベル・クラネル?」
偶然にも自身の装備《兎鎧》を創った鍛冶師のヴェルフと出会い、仲間を組むことに。
しかも、彼は圧倒的な力を誇る《魔剣》唯一の創り手らしいのだが……?
犬人ナァーザ、そして女神ヘスティア、ベルが交わした2つのアナザーエピソードも収録!
これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
(amazon)


感想、

タイトルで損してるシリーズ

なんで流行りの長ったらしいタイトルにしてしまったのか

あらすじとしては、

ヘタレで力も無い主人公が、ダンジョンで超強いヒロインに恋をして、実は主人公の特性は恋によって成長力がブーストされるというちょっと変わった成長物語

しかも、ヘタレから始まり、英雄になりたい!、に向かって駆け足で成長していくので、主人公の強さも弱さも楽しめる話なので、結構楽しめる

恋してる相手が一人だけなの?って疑問はあるが、英雄へ向かって走り始めたこの流れに期待度は高まる

結構真面目なファンタジー作品だし、へタレな主人公の成長も、最速で成長してく主人公つえーも味わえるという作品

続きが早く読みたいと思えるところで終わっているので、とりあえず次だなー


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。