上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライク・ザ・ブラッド (10) 冥き神王の花嫁 (電撃文庫)
三雲岳斗
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-03-08)
売り上げランキング: 309


あらすじ
第三真祖が統治する中米の帝国“混沌界域”で、突如内戦が勃発した。反政府勢力の背後にいる黒幕の存在を予感して、不安を覚える古城たち。そんな古城の自宅に届いたのは、“混沌界域”から送られてきた謎の荷物。差出人はディミトリエ・ヴァトラー。荷物の中身は、眠り続ける異邦の少女、セレスタだった。ヴァトラーを命の恩人と慕うセレスタの毒舌に辟易しつつも、古城と雪菜は彼女の面倒を見ることに。しかしザザラマギウの“花嫁”と呼ばれるセレスタには、本人も知らない恐るべき秘密が―!世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十弾!


感想、

日常で雪菜と二人きりでドギマギしたり、初めての花音からの吸血ってのは新鮮で良かったかな

特に、この作品、ツンデレばっかだから花音の性格は得がたいな

今回は、前の巻ほどテンプレ感を感じなかったけど、これほんとにストーリーあるのかよ、進んでるのかよ、って感じなんだが…

なんかもはやキャラが可愛いから読んでるような感じだわ、もちろんイメージはアニメのキャラデザに汚染されてしまっているから尚良しなわけだけどw

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。