上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒き英雄の一撃無双 2.恥辱の魔女 (HJ文庫)
望 公太
ホビージャパン (2014-01-31)
売り上げランキング: 9,631


あらすじ
稀代の魔女が最強の先に見たものとは?
鍛え上げた「魔力」そして手に入れた「権力」。
全ての「強さ」を捨てて人間界にやってきた魔女、ルーシア・フォン・エルデ・ファーン。
彼女が人間界に求め、麻上悠理の中に見出したものとは何か。
捨て去った過去が再び彼女の前に現れたとき、ランキング戦を控えた聖春学園に新たな火種が生まれる。
悠理は「最強」の檻からルーシアを救えるか?

感想、

なんか、あれ、これで終わり?って感じなんだが…

雑魚敵がでてきて普通に終わってしまった…

主人公が強すぎるから敵が弱いのはいいんだけど、重要度がイマイチ過ぎてボス感がなくてあっさり終わりすぎな印象が強すぎるわ

一王くんがなんか並び立つ系のライバルっぽい演出で笑ったw

なぜ唐突にって感じなんだが、やっぱり主人公が強すぎると書きにくいだろうし、書きやすいサブ主人公いた方が書きやすいのかねー

まあ、ルーシアが結構可愛かったからいいんじゃないかね

妹の力を兄が使ってるってのは正直微妙だからなんかあるんだろうな、秘密があるんだろうなー

ってことでおそらく次は妹回かねー


テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。