上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あらすじ
“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!?―いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

感想

一部のエピローグ的な話。

アジ・ダカーハに実力不足なのに勝利してしまって十六夜がスランプに、、、

かつ成長した周りの面々が一巻時点との差が面白い

ルイルイも良いキャラになってたし、フェイスレスが予想外過ぎた。

やはり飛鳥はヒロイン度は高いんだなって事だな。

やはり恋愛面はほしいけど、どうにかならんのかね、黒ウサギが十六夜に着いていくとか結構な成長だと思うんだけどねー。

つか、期間空いたから忘れたけど、カナリアの話って十六夜と黒うさぎしたんだっけ??

とりあえず、二部への繋ぎという面でそれぞれの旅たちと、今後の期待度が高まる終わり方だったな。

主人公交代か?と思ったけど、最後に予告の絵に十六夜が主人公渡さないみたいな事を言ってるんでそこはちょっと安心。
複数主人公はあかんよ、、、、

西郷って焔と読みは一緒だけど字が違うのは、、、まあ、この世界では読み方こそ全てだけどw

十六夜は新しいファクターなんだろうとは思ってたけど、第三永久機関にガチで関わる感じだったのか、そりゃ功績的にはデカいよなー、輝の世界では焔って普通にいたんだよな?どうなるのか、、?

とりあえず、複数主人公は嫌だな、、、


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Area 510, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。