先週から続くリューズのターン

今までツンツンしてて前回デレはじめたと思ったらさ~デレデレしすぎだろうが!可愛いな、チクショウ!w
この作品は言葉での深いやり取りが多いけど、こういうシーンに関してはストレートなんだよね、ニヤニヤ。

それが逆にいい味出してるし、絶望の中でも人を想う気持ちってのは変わらないって事なんだろう。
cs01_20090117011145.jpg
ありがとう、ちょっと躓いただけ。
            変なの、あなたに気遣われるなんて……私が勝手についてきてるのに。


ベタだろうが、こういうのはグッとくるw
そしてリューズがキャシャーンに対して「あんた」と呼んだり「あなた」だったり、こういう細かい変化もいいね



人は守るべきものができると、弱くなるのかもしれない

キャシャーンもさりげなく決めるね~この世界を、人々を守りたいしリューズの事も守るってことでしょ?
ここでリューズの「ぁっ……」がまた、いいわ~。やべ、リューズだけで語りすぎたぞwそろそろ本編を!




今回の主役、死神ドゥーン
滅びが進む中でも何かを求めてもがくドゥーンは異様な空気を発してるけど、見入ってしまうね。
生きようとすること、昔のキャシャーンでは理解できなかったけど今は違う。

キャシャーンとドゥーンは似てるとこがあるからな、何かを感じ助けるべきだと思ったんだろう。
ある意味、自分の為なのかもしれないな……
cs02_20090117011151.jpg
リンゴの滅びが進行していってるな、まだ元気に走り回っているけど…
自力で呼吸が困難になってるぽいけどロボットて呼吸するのか?まぁ特別ぽいしな、新造人間?

リンゴは人間とロボットの新しい可能性なのかもしれないな、コイツが死んじゃうと世界が助かっても希望が生まれない気がするから最後にはルナの力やらキャシャーンの力で回復してくれるといいんだけど。



蘇る記憶…
ルナの殺害を見ていた唯一の人物だからね、ルナの説明の為だよな。
cs03_20090117011156.jpg

いやはや、今回も戦闘シーンがハンパないね。


戦いたくなくても戦わなければいけない、今のキャシャーンは理解してるんだろうね。
自分の犯してしまった罪(Sins)を…償いになるかはわからないけど、ここは戦うべきだと
cs04_20090117011202.jpg
もう、あなた達が戦うことなんてないのに…どうして

リューズがめっちゃいいポジションだ、ヒロインすぎるw



最初からルナが生きてるって話をすればよかったのかもしれないけど、戦わなければいけないとこだよね。
ルナに対する強い思いが伝わってきて、心が震えたな~「想い」をこう真っ直ぐに表現されるるとねぇ
cs06_20090117011215.jpg
守るものができると、優しくなれるのよ

確かにキャシャーンは戦いにおいて弱くなったのかもしれないけど、優しくなることで「生きる強さ」は
凄く強くなってるんだよね。優しさは時に強さに変わることだってあるしね。

世界を見てきて成長したキャシャーンは本当の強さを見つけつつあるんだろう。



絶望と死の果てに人が求めるものは、愛するものの姿なのかもしれない……
今回はストレートな表現が多かったけど、良かったわ~



そしてルナ

本物なのかわからないけど、語り口調からして本物の可能性が高いかなぁ…力は失ってるんだろうけど。

でも、あの状態から生きてるって事は再生能力はあるんだろうか?
その辺がわからないんだよな~そしてルナと世界の繋がりも謎だし、このまま最後まで引っ張るんだろなw
cs05_20090117011208.jpg
リンゴとオージ

守るもの、愛するものの姿ってことか。

リンゴは自分が長くないってわかってるんだろうな、そしてこの行動…子供なのにね、泣けるわ。
子供だからなのかもしれないけど、リンゴの純粋さと優しさは本当にいいわ。死なないでくれ~



▲14話

▼16話



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2024 Area 510, All rights reserved.