カヤは時間移動や歴史改変はよくないと思ってると。

でも、1話でケーキ1つの為に飛びまくってたよね
あそこに至るまでに何かキッカケがあるのかね、この能力に対する意識的な変化が


最初から女だろうとはわかってたんだけどね…

先週から妙に潤が可愛く見えてしまうw


アレですよ、ただの幼馴染だった女の子を異性として意識してしまった反応的な?ww

ナイ乳を必死におさえる姿 (゚∀゚)b

arasi06-01.jpg


まぁ、あらしさんの可愛さには遠く及ばないんだけどね。


や、やめろ!それ以上、俺の心をくすぐらないでくれ!!

もうライフは0だ!これ以上は萌え死んでしまう!

arasi06-02.jpg

という事で、今週もあらしさんの可愛さを堪能したのであった。


しおらしいカヤも悪くないな~

過去を変えるのは「絶対にしてはいけないこと」と自分に言いきかせつつも

arasi06-03.jpg

恋の未練と、大切な人の運命を天秤にかけるのは難しいとこだな~


カヤは自分の歴史が狂ってしまったことに悩んでいるんだろうな。
そして、歴史を変えてしまったら大切な人も自分と同じ苦しみを与えてしまうという事かねぇ?

店長に秘密を打ち明けたら、一緒に解決しようと言い出すだろうしな

arasi06-04.jpg

やっぱ空襲のシーンは暗いわ~

一もそうだったけど潤も頭が混乱しちゃうのね、というか誰だってそうだよな。

平和な時代に暮らしてる人にとったら想像もつかない光景だろうし
実際にあった出来事で、その中で生きていた人を知る事って重要なことなんだろうな~


この作品がそういうメッセージもこめているのかはわからないけど、今の時代の人は知らなすぎるからね。


これって店長は助かったって事なのか?

arasi06-05.jpg

切ない話だった。

最後は綺麗に締めたけど、やっぱり切なさが残る回だったな~しんみりしてしまったよ。


カヤは真面目すぎて不器用すぎるんだな。

自分の想いと大切な人の運命を最初から天秤にかけるまでもなかったが

想いだけは行き場をなくしてしたんだろうね、そこで潤の一押しは何かしらの救いにはなったはずだね。



女ってのは身勝手な生き物だと思う。

正しいとか間違ってるとか関係なくて…



冒頭で潤が言っている台詞は、自分にも投げかけている言葉なのね

それが何で嫌なのか、男装の理由とかはまだわからないけど
過去に飛ぶことで潤の今を変えるキッカケが生まれるのだろうかね~



まいっちんぐwwwww

これは絵でわかったなw


▲5話

▼7話



















管理者にだけ表示を許可する



◎夏のあらし!第6話「恋におちて」
夏のあらしのwiki見てて、サブタイトルが全部、昔のCDのシングル曲のタイトルと同じことに今更ながら気づいた。あと、エンディング曲が、「ひと夏の経験/山口百恵」のカバーだなと気がついた。最初、淳君の悩みからはじまって。あらしさんがまた過去へジャンプ。カヤは... ぺろぺろキャンディー【2009/05/25 23:50】(http://plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200905120006/)
☆夏のあらし! 第6話 「恋におちて」
テーブルにほってあった、「の」ってどういう意味があるんだろうか? あと、塩くださいって言ってる客はいつになったら塩をもらえるんだろうか? F-Shock DL Blog【2011/02/25 00:36】(http://b.dlsite.net/RG01871/archives/1435893.html)

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2024 Area 510, All rights reserved.