相変わらず、かながイイ子すぎて泣けるわけで

心では寂しさを感じながらも、みんな親切、みんな優しいって思えるんだからね


馬鹿騒ぎしてるだけに見えても新聞屋のメンバーは変な気を使わずに

ストレートに接してくる奴ばっかりだから、かなにとって楽しく過ごせる場所なんだろうな~

kanamemo06-01.jpg

はるかは回を増すごとに自重しなくなってきてるぜ

まぁ最初からだったかもしれないけど、着実に距離は詰めてきてるよなw


みんな代理がいるから安心して騒いでる余裕があるんだろうね

しっかりしてるし、いい母親的存在だな~

大きな子どもばかりで、そうならざるを得ないのかもしれんがw

kanamemo06-02.jpg

はるかはもちろん抱きつかれる為に怖がらせてるんだろ?w


心晴れて 夜も明けて

あ、違ったwつか古いかww

kanamemo06-04.jpg

みんなが優しくなれるのは、かなが優しいからだろうさ


誰よりも人に対して優しい心で接しているから、周りの人だってそれに自然と応えられるのだろうし

優しさも連鎖し、そこから笑顔も連鎖し、幸せも連鎖していく

かな自身が不安になっても、その連鎖が戻ってくるってとこかね


傘が飛ばされて最後に戻ってくる演出は、かなの気持ちとリンクしてて良かったな

というか、傘を取り戻した時の笑顔が良かったというべきかw


▲5話

▼7話




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2024 Area 510, All rights reserved.